FC2ブログ

あっとフォーム感たっぷり、へその歓楽街で静かに杯を重ねる!「炉ばた」富良野市

富良野の夜は続きます。
福寿司で美味な海産物をいただいた一行のうち飲み足りなさを感じた一部のメンバーは二次会に流れます。
こちらはへその歓楽街です。
北の歓楽街らしくっていい感じでしょ!
「へそ」は、富良野市が北海道のど真ん中に位置していることに由来しています。
P1300952(1).jpg

地元民のドンであるエンさんにご案内いただいたのがこちらの居酒屋。
その名も「炉ばた」です。
店構え同様店内はひなびた感たっぷり!
居心地の良さは百点満点です。
店内は地元民で大賑わいでした。
P1300949(1).jpg

店の雰囲気から杯を傾けたくなって日本酒をいただきました。
P1300943(1).jpg

お通しで出てきたのは「鶏肉と大根の煮物」です。
ちょっと濃い目の味付けに酒が進みます!
P1300948(1).jpg

皆さんお寿司でお腹が一杯だったのか、注文したのはこれだけ!
あさっり引き上げました!


(所在地)
北海道富良野市日の出町12-33
(電話番号)
0167-23-4776
メニュー
食べログ


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村

2015/12/15 06:00 | COMMENT(2)TRACKBACK(0)

地元の人なら知らない人はいないジャンボ寿司のお店、内陸ですが新鮮な海産物がいただけます!「福寿司」富良野市

今宵は富良野市にお伺いし、地元の方にご案内いただいたのがこちらのお寿司屋さんです。
しゃりの大きなジャンボ寿司で地元民なら知らない人はいないと明言される有名店のようです。
店内はとっても明るく小奇麗!
多くのお客さんで賑わっています。
P1300925(1).jpg

コース料理をいただきます。
付け出しは「イカの塩辛」です。
P1300927(1).jpg

「お刺身」です。
どれも新鮮で美味ですが、なかでもホタテはオホーツク海産のようでわらかく甘くとろけていきます。
P1300931(1).jpg

「ザンギ」と「串揚げ」です。
ザンギはしっかりした味付けがされていて、食が進みます。
P1300934(1).jpg

「エビチリ」です。
P1300935(1).jpg

「お寿司」です。
これは普通サイズでした。
少食の二朗はもちろんこれで十分です。
タコの弾力感はたっぷりでかつとても柔らかい!
P1300939(1).jpg

どの料理もとっても美味で満足満足!


(所在地)
北海道富良野市朝日町1番24号

(電話番号)
0167-23-2617
メニュー
食べログ


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村

2015/12/14 06:00 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

美瑛・富良野のドライブの途中で立ち寄ったおしゃれなホテルでオムカレーを食する幸せ!「富良野ナチュラルダイニング」富良野市

3連休の初日、東京勤務時代の後輩のセキちゃんを誘ってドライブに出かけました。
この時期のドライブとなるとラベンダー見学しかありませんよね。
札幌北インターから高速に乗り、旭川で降りて、まずお伺いしたのがこちら「せるぶの丘」です。
まだ時間が早いからかとんでもない混みようではありませんが、多くの観光客で賑わっています。
きれいな花が整然と植えられています。
ラベンダーもとっていい色しています。
P1280668(1).jpg
「せるぶの丘」
(所在地)
北海道上川郡美瑛町大三

(電話番号)
0166-92-3160
HP)


次にお伺いしたのが白金温泉の手前にあるこちらの「青い池」です。
なんとも不思議な色ですよね。
晴天だともっと色が映えるんでしょうが・・・
P1280674(1).jpg
P1280676(1).jpg
では解説を!
この池は1988年(昭和63年)12月に噴火した十勝岳の堆積物による火山泥流災害を防ぐため、美瑛川本流に複数建設された堰堤のひとつに水が溜まったものである。
この堰堤はコンクリートブロックによるもので、北海道開発局により1989年(平成元年)6月に着工され同年年末に完成した。美瑛川を横切る形で施工され、本流から離れた両岸の森林内部まで堰堤が造られた結果、美瑛川左岸側のブロック堰堤に水が溜まるようになり、周囲に自生していたカラマツ、白樺等の樹木は、水没し立ち枯れた。したがって、目的を持って造られた溜池や貯水池などとは異なり、青い池は偶発的に人造池となったものである。
この付近の湧水には水酸化アルミニウムなど、主に白色系の微粒子が含まれており、美瑛川本流の水と混ざることによって分散され一種のコロイドが生成される。水中に差し込んだ太陽光がコロイドの粒子と衝突散乱して水の吸収による青色の透過光が加わり、美しい青色に見えると言われている。
水の青さと立ち枯れた木々の幻想的な景観から、その存在がカメラマン等を中心に口コミで広がり、いつの頃から誰からともなく「青い池」と呼ばれるようになった。

※この情報はこちらから拝借しました。
「青い池」
(所在地)
北海道上川郡美瑛町白金

HP)


「青い池」を北上すると白金温泉にきれいな滝が出没しました。
「しろひげの滝」というそうです。
シャッター速度をゆっくりめにして撮ってみました。
P1170477(1).jpg
では解説を!
美瑛川の白金小函にある湧水の滝である。渓谷の断崖の岩の隙間から細く数多く流れ落ちる青みがかった滝水が白い髭にみえることから命名されたとされる。
幅約40メートルある滝は温泉街中心に程近い美瑛川に架かるブルーリバー橋から一望でき、また滝の直ぐ上には白金温泉バス停とホテル群がある。

※この情報はこちらから拝借しました。
「白ひげの滝」
(所在地)
北海道上川郡美瑛町白金

HP)

次は「美瑛の丘」へ。
パッチワークのような景色が売りの場所なんですが、とにかく広すぎて、どう写真を撮っていいかわかりません・・・
P1280683(1).jpg
P1280689(1).jpg

こちらは「四季彩の丘」です。
ロール君が出迎えてくれました。
P1280697(1).jpg

こんな見事な景色が広がっています。
P1280694(1).jpg

「四季彩の丘」
(所在地)
北海道上川郡 美瑛町新星第三

(電話番号)
0166-95-2758
HP)


お昼時になりました。
富良野にお伺いしたら、やはりオムライスをいただかないとということで、チョイスしたのがこちらのレストランです。
富良野駅前にあるおしゃれなホテルの一階にありました。
P1280717(1).jpg
P1280719(1).jpg
P1280715(1).jpg
P1280714(1).jpg

もちろん「オムカレー」をいただきます。
P1280702(1).jpg

富良野産のお米を富良野産にんじんジュースとバターで炊き上げたライスに、さくら卵のとろとろのオムレツがのせられています。
中にはふらのワインチーズもとろ~り入っています。
P1280707(1).jpg

この旗が「富良野オムカレー」の印です。
P1280706(1).jpg

コロッケは地元のアスパラを材料にしたものでした
P1280709(1).jpg

野菜も地元のものがふんだんに使われています。
P1280712(1).jpg

もれなく「富良野ミルク」が付いてきます。
とっても美味です。
P1280700(1).jpg

(所在地)
北海道富良野市朝日町1-35

(電話番号)
0167-22-1777
メニュー
食べログ
HP)


最後は富良野ラベンダーの定番「富田ファーム」へ。
多くのお客さんで大変な賑わいです。
外国人もたくさん!
ラベンダーはちょうど見ごろで、見事な風景が広がっています。
P1280721(1).jpg
P1280739(1).jpg

こちらは「富田ファームイースト」です。
遠くの景色とマッチしていますね。
P1280744(1).jpg

(所在地)
北海道空知郡中富良野町基線北15号

(電話番号)
0167(39)3939
HP)


きれいな景色をたくさん見て、美味しいものもいただいて、とても満足できた休日でした。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村

2015/07/23 06:01 | COMMENT(3)TRACKBACK(0)

富良野名物オムカレーがいただけるお店「味処笑楽亭」富良野市

今回の北海道訪問の最終日は休日なのをいいことにレンタカーを借りてドライブに出かけます。
札幌を出発し、高速で旭川まで走り、国道237号線を南下し、美瑛町へ。
「せるぶの丘」に到着しました。
色鮮やかな庭園が広がっています。
P1240835(1).jpg

展望台の屋上から見えるのは「ケンとメリーの木」です。
二朗の年代にはとっても懐かしいですね。
ケンとメリー~愛と風のように~ スカイライン CM」の歌を思い出しました。
※曲名をクリックすると曲が流れます。
P1240837(1).jpg

「せるぶの丘」
(所在地)
北海道上川郡美瑛町大三

大きな地図で見る
(電話番号)
0166-92-3160
HP)


続いてお伺いしたのが「四季彩の丘」です。
多くのお客さんで賑わっています。
壮大な景色が広がっています。
P1240853(1).jpg
P1240856(1).jpg
P1240862(1).jpg

残念ながらお伺いした8月初旬のこの日は、ラベンダーの花は終わっていました。
P1240864(1).jpg

「四季彩の丘」
(所在地)
北海道上川郡美瑛町新星第三

大きな地図で見る
(電話番号)
0166-95-2758
HP)

その後、ファーム富田にもお伺いしましたが、やはりラベンダーは終わっていて、車窓からの見学にとどめました。

お昼時を過ぎ、空腹を感じてグルメランチをいただくことにしました。
富良野のB級グルメと言えば「オムカレー」です。
ネットで検索してチョイスしたのがこちらのお店。
外観も店内もアットホーム感がたっぷり漂っています。
P1240882(1).jpg
P1240866(1)(1).jpg

もちろん「オムカレー」をいただきます。
P1240868(1).jpg

卵はトロトロ、カレーはデミグラ風味のちょっと辛口でとっても美味。
長いソーセージもうれしくなります。
P1240870(1).jpg

富良野オムカレーには6か条があって
第1条 お米は富良野産を使い、ライスに工夫を凝らす
第2条 卵は原則 富良野産を使い、オムカレーの中央に旗をたてる
第3条 富良野産の「チーズ(バター)」もしくは「ワイン」を使用する
第4条 野菜や肉、福神漬(ピクルス)なども富良野産にこだわる
第5条 富良野産の食材にこだわった一品メニューと「ふらの牛乳」をつける
第6条 料金は税込み1,000円以内で提供する
これに同意しているお店のオムカレーにはこのフラッグが立てられています。
P1240876(1).jpg

もれなくサラダと
P1240872(1).jpg

濃厚な富良野牛乳と
P1240875(1).jpg

こちらも濃厚なアイスがついてきます。
P1240881(1).jpg

とってもやさしい味に心も癒された二朗だったのでありました。
グルメでの町おこしは結構有効だと思うので、もっと多くの自治体でオリジナルグルメを打ち出せばいいと思うのですが・・・

この後、さらに南下し、占冠村を経由して、高速に使って新千歳空港に到着し、今回の旅を終えました。


(所在地)
北海道富良野市幸町7-21

大きな地図で見る
(電話番号)
0167-22-1978
食べログ


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村

2014/08/29 06:00 | COMMENT(0)TRACKBACK(2)

「北の国から」富良野市

ご存知の方も多いと思いますが、富良野はドラマ「北の国から」のロケ地であったところです。
ということで富良野在住にEさんにご案内いただき、まずは「五郎の石の家」を見学します。



中は自由に見て回れます。
こちらが「居間」でしょうか


こちらは「台所」です。


「お風呂」です。


こちらは「最初の家」です。
こんな造りで富良野の厳冬を過ごせたんでしょうか?
Eさんいわく「昔はこんな家ばかりだった!」



(所在地)
北海道富良野市麓郷
(電話番号)
0167-23-3388


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村

2009/08/23 17:24 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

「富田ファーム」富良野市

続いてお伺いしたのは、「富田ファーム」の「ラベンダーイースト」です。
日本最大規模のラベンダー畑です。
曇っていて十勝岳連峰は見ることが出なかったのがちょっと残念でした。
でも雄大な景色にとても満足です。







(所在地)
北海道空知郡上富良野町東6線北16号
(電話番号)
0167-39-3939


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村

2009/08/22 13:09 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

「彩香の里」富良野市

富良野にあるこちらへお伺しました。
ラベンダー畑です。
景色をどうぞお楽しみください。









現在上映中の「60歳のラブレター」のラストシーンはこちらで撮影されています。





(所在地)
北海道空知郡中富良野町字中富良野福原農場
(電話番号)
0167-44-2855


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村

2009/08/21 00:58 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

「富良野アイスミルク工房」富良野市

富良野チーズ工房にお伺しました。
おいしいチーズの試食ができます。



工房の中には、「アイスミルク工房」もありました。


そちらでいただいたアイスミルクがこちら。
左がアスパラ、右がラベンダーだったかな?
はっきり覚えていません。
北海道ならではの変わったアイスがいただけます。



(所在地)
北海道富良野市中五区 富良野チーズ工房

(電話番号)
0167-23-1156
メニュー
食べログ


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村

2009/08/20 00:27 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

「山香食堂」富良野市

グルメランチの報告です。
富良野在住のEさんにご案内いただいたのがこちら。
町の定食屋さんです。
暖簾が逆になっているのもご愛敬です。
とても親しみを持てます。



富良野名物「オムカレー」をいただきます。
旗が刺さっていて、お子様ランチをいただいている気分です。
もれなく富良野産の牛乳がなつかしい瓶でついてきます。


少々ピリ辛のカレーとオムレツが同居しています。


サラダとコロッケもついています。
すごく得した気分です。


牛乳はとても濃厚でおいしかったです。


(所在地)
北海道富良野市緑町9-20

(電話番号)
0167-22-1045
メニュー
食べログ


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村

2009/08/16 07:20 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

「風のガーデン」富良野市

北海道のへそ富良野にお伺し、新富良野プリンスホテルの中にある「風のガーデン」にお伺しました。



昨年10月に放映されていた番組のロケ地のようです。


ホテルの入り口からはワゴン車でパークゴルフ場の中を移動しますと入り口に到着です。


ガーデンの中には365種類の花が楽しめます。
倉本聰さんがすべての花に花言葉を考え出したそうです。
どうぞお楽しみください。



































撮影時のセットも残されています。


毛虫たちも元気でした。





(所在地)
北海道富良野市中御料
(電話番号)
0167-22-1111


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村

2009/08/15 13:06 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

««BACK  | BLOG TOP |