FC2ブログ

最果ての島にある普通の食堂は観光客とともに地元民に愛されていて大賑わい!「双葉食堂」礼文町

礼文島訪問の翌日は、島内観光に出かけます。
島内の移動は、輪行袋に入れて持ってきたロードバイクで!
品数たっぷりの朝食をいただいてから出発です。
10分ほどで見内神社へ。
利尻富士をバックにパチリ。
P1100089(1).jpg

さらに20分ほど走って、内路の礼文岳登山口へ。
P1100093(1).jpg

自転車を置いて、頂上を目指します。
標高490メートル片道約4キロですので、70分ほどで頂上に到着です。
あいにくの曇天ですが、360度のパノラマを楽しむことができました。
P1100107(1)_20190810140022b96.jpg
P1100106(1).jpg
P1100104(1).jpg

下山後は、島の北端スコトン岬へ。
トド島がすぐそこに見えます。
P1100153(1).jpg
P1100161(1).jpg

そろそろお昼時になってきました。
どこでいただこうかググッてみましたが、選択肢はほとんどなさそう・・・
ということでチョイスしたのはこちらの食堂。
渋さたっぷり・・・
店内は場末の食堂そのもの!
店内は予想外に結構広くてびっくり。
テーブル席のほかに、たくさんの小上がりがあって、さらにカウンター席も。
店内は地元民と観光客で大賑わいです。
お客さんの姿を見ると、手持ち無沙汰そうな人たちがたくさんおられます。
一瞬にして、料理が出てくるまで結構な時間がかかりそうと予想します。
確かに客の割には店員は少ないです。
本棚にあった「黄昏流星群」の文庫本を数冊持って長期戦に備えました。
P1540255(1).jpg
P1540257(1).jpg

待つこと40分、「親子丼」が提供されました。
P1540258(1).jpg

早速いただきます。
見た目ほど味は濃くなく、肉も大きめ、関西生まれの二朗好みの味付けでした。
P1540262(1).jpg

素朴な丼もたまにはいいものです。


(所在地)
北海道礼文郡礼文町大字船泊村大備

(電話番号)
0163-87-2075
メニュー
食べログ

食後は一路南下し、元地の地獄岩へ。
地獄岩は、屹立する尖塔状の岩体で,地層の差別侵食によって形成されたそうです。
P1100165(1).jpg

その後は、桃岩展望台入口から展望台まで歩きます。
展望台からは目前に桃岩が現れました。
確かに桃の形をしています。
P1100178(1).jpg

遠くには午前中登った礼文岳を見ることができました。
P1100179(1).jpg

自転車での走行距離は63キロ。
アップダウンも適度にあって、いい運動になりました。
あわただしく見て廻った礼文島訪問でした。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村

2019/08/19 07:00 | COMMENT(2)TRACKBACK(0)

コメント

ひろみさんへ

こういう昔ながらの食堂では必ず親子丼をいただくことにしています。
花はわずかに咲いていましたが、やはり6月にお伺いすべきでした・・・

No:2005 2019/08/24 18:56 | 二朗 #- URL [ 編集 ]

礼文で

親子丼というのもシブくていいですね^^
お花もまだ咲いてましたか??

No:2002 2019/08/19 18:04 | ひろみ #JalddpaA URL [ 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |