赤い大きな提灯が目印、究極の渋さが売り物の居酒屋!「がりょう」札幌市北24条

花金の今宵は、特に予定なし、よって一人のみに出かけます。
目指すは札幌北の繁華街、北24条です。
今回チョイスしたのは、前々から気になっていたこちらの居酒屋。
50年は経過しているであろう古びた雑居ビルの階段の前に濃い目の色の赤提灯。
急な階段を手すりを遣って上がっていきます。
P1380003(1).jpg

入口も味があります。
重い扉に一瞬入店を躊躇しましたが、思い切って扉を押します。
入ると、L字カウンターのみで12席ほどと小ぢんまりしている店内は薄暗く、板張りの壁が渋さを誇張しています。
店は同年代と思われる男性が一人で営んでおられます。
居酒屋兆治を思わせる風貌で見た目はとっつきづらさを感じますが、話すと気さくな親父です。
P1380005(1).jpg

お通しはないようです。
まずは「おでん」をいただきます。
大根、こんにゃく、油揚げをチョイスしました。
出汁は薄味で関西風といっていいのではと思われる感じ。
大根にはよく味がしみ込んでいます。
厚揚げでなくて、油揚げというのも店主のこだわりでしょうか・・・
P1380011(1).jpg

「タコザンギ」は、弾力感たっぷりのタコが奥深い味がベースになっている衣に包まれています。
P1380019(1).jpg

これは「めふん」です。
聞いたことがなかったのでいただいてみました。
店主によると、めふんとはオスの鮭の中骨に沿って付いている血腸(腎臓)を使って作る塩辛とのこと。
後で調べると漢字では「女奮」と書き、鮭一尾から盃一~二杯しかとれない珍味中の珍味だそうです。
とろりとした濃厚なうま味で、魚臭さがたっぷり!
日本酒に合うでしょうね!
P1380022(1).jpg

店が入っているビルが渋く、店内も渋く、店主も渋く、メニューも渋い、渋さの4乗の居酒屋さんでした。


(所在地)
札幌市北区北24条西4丁目3-5 福住会館2F

(電話番号)
011-747-0070
メニュー
食べログ
ぐるなび


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村

2017/04/12 07:00 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |