世界自然遺産知床の目の前が海のホテルは自然の中に建つ「B&B」スタイルのカジュアルな宿!「いるかホテル」斜里町

番屋で美味な地元料理をいただいた翌日は、羅臼岳登山に挑戦です。
知床半島は、熊の住処ですので、鈴を鳴らしながら歩きます。

5:21木下小屋を出発。
P1200251(1)_201608271702238c7.jpg

こちらで入山の手続きをします。
P1200252(1).jpg

きれいな緑の中を歩きます。
P1200253(1).jpg

6:10岩峰。
P1200257(1).jpg

6:25弥三吉水。
こちらで水を補給。
P1200259(1).jpg

6:36極楽に到着。
極楽の次は何でしょうか?
P1200264(1).jpg

頂上が見えてきました。
P1200265(1).jpg

6:54仙人坂。
P1200266(1)_20160827170442daa.jpg

7:11銀冷水。
P1200268(1).jpg

7:23大沢入口。
P1200269(1).jpg

こんな谷を登っていきます。
P1200271(1).jpg

雪渓がありました。
万年雪なんですね。
P1200273(1).jpg

知床五湖を眼下に見えました。
P1200274(1)_201608271706563ab.jpg

岩登りが始まりました。
P1200276(1)_20160827170636748.jpg

7:50羅臼平到着。
ここは平らでテントを張ることもできそうです。
P1200277(1)_20160827171011cc9.jpg

目前に頂上が見えます。
P1200280(1)_20160827170954e1a.jpg

8:13岩清水分岐点。
P1200283(1)_20160827170941753.jpg

8:15岩清水。
頂上までもうすぐのところで水が滴り落ちています。
P1200285(1)_2016082717095578d.jpg

最後の岩場はとても厳しく、ゼイゼイ言いながらラストスパートです。
P1200287(1).jpg
P1200288(1)_20160827171138e76.jpg

8:48無事頂上に到着しました。
所要時間3時間28分でした。
P1200289(1).jpg

とてもいい天気で遠くまで見渡すことができます。
知床半島の先の方角です。
奥が硫黄山です。
P1200294(1).jpg

ウトロの街です。
P1200292(1)_20160827171201f6b.jpg

羅臼側には雲海が広がっていて、遠くに国後島の山々が見えます。
P1200295(1).jpg

知床五湖です。
P1200300(1)_20160827171428a72.jpg

こちらは西側。
手前に見えるのは羅臼湖です。
P1200302(1).jpg

下山の途中は高山植物観察を楽しみました。
P1200313(1)_20160827171410ad1.jpg
P1200317(1).jpg
P1200319(1)_20160827171619231.jpg
P1200322(1)_20160827171619ac4.jpg
P1200323(1).jpg
P1200324(1).jpg
P1200325(1).jpg
P1200327(1)_20160827171750f5f.jpg
P1200329(1).jpg
P1200332(1)_20160827171744949.jpg
P1200345(1).jpg
P1200354(1).jpg
P1200355(1).jpg
P1200360(1)_2016082717190384e.jpg

今回泊まったのがこちらのイルカホテル。
海岸沿いにあって、海の音を聞きながら眠りに着きました。
スタッフの皆さんはとても良心的で優しく接していただきました。
P1200362(1).jpg

朝食はテラスでどうぞとお勧めされました。
IMG_1330(1).jpg

愛情たっぷりの和食を心地よい風を受けながらゆっくりといただきました。
IMG_1329(1).jpg


(所在地)
北海道斜里郡斜里町ウトロ西5

(電話番号)
0152-24-2888
食べログ
HP)


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村

2016/09/08 07:00 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |