池田町と言えばバナナ饅頭、バナナ饅頭と言えばよねくら!「レストランよねくら」池田町

ゆたかで美味なステーキをいただいた二朗は池田駅から特急「おおぞら」に乗り込む前にこちらでお土産を調達します。
つい先日テレビで「バナナ饅頭」の存在を知り、これは是非いただきたいとお伺いしたのがこちらのお店。
レストランが饅頭夕を作っておられるようです。
P1180658(1).jpg

こちらがその「バナナ饅頭」です。
うんちくは以下のとおり。
バナナ饅頭の歴史は古く、明治時代の末期に近い1905年に誕生したとされる。
つまり100年以上の歴史があることになる。当時の十勝の様子を遡ってみると、現在の帯広市が二級町村制を施行しようやく帯広町となったのが1902年。
池田町は凋寒外13カ村戸長役場の時代で、翌年の1906年に凋寒村、つまり現在の池田町が発足する。
前年1904年12月に現在の根室本線が釧路方向から延伸されてきて池田駅が設置、さらに1910年に網走線(池北線)が分岐し、次第に賑わいを見せてくる、そんな町の成長期前にバナナ饅頭は誕生した。
バナナ饅頭は、米倉屋の米倉三郎氏が池田駅開業に伴って考案した商品の一つだった。
1904年以来、特に池田駅で鉄道利用客を相手に駅弁も販売していたのだが、当時は高級で手に入りにくかったバナナをお菓子にして、安く手軽に食べてもらえないかとの思いで考案したという。
そしてこれが物珍しさも手伝って良く売れたといい、次第に池田町の名物として知られるようになっていく。
当時は高価すぎてバナナは使えない。
そこで、バナナの香りを出し、バナナの味わいを感じられるように工夫して開発した。
材料はいたってシンプルで、小麦粉と鶏卵でカステラ生地を作り、中には白あん。
形はバナナの形を模しており、風味はもちろんバナナそのもの。
あんが入っているとはいえ量は多くなく、そこまで甘すぎるわけではないので、幾つもぱくぱくいけてしまう。
この作り方は当時とほぼ変わっておらず、今でも100年前に親しまれていた、バナナの香かおる池田銘菓を堪能できる。
駅開業時代から営業していた米倉商店(レストランよねくら)の店舗・工場は池田駅の真ん前、まさに一等地に位置している。
池田駅では札幌~釧路間を走る特急スーパーおおぞらに積み込まれ、車内販売もされる。

※この情報はこちらから拝借しました。
P1310293(1).jpg
P1310296(1).jpg

しっかりバナナの風味がしてとっても美味でした。
皆さん、是非一度お試しあれ!


(所在地)
北海道中川郡池田町字大通1-27

(電話番号)
015-572-2032
メニュー
食べログ
HP)


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村

2016/01/13 06:00 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |