濃厚スープにチャーシューがおいしい、上川町ラーメン日本一の会のお店「ラーメンの鉄人 しばやま」上川町

秋の北海道探訪ツアーもいよいよ最終日です。

宿泊地の北見を後にし、まずは網走能取湖へ。
つい先日お伺いした時は赤み具合がイマイチだったので、再度訪問です。
前回よりは色濃くなっており、見ごたえがあります。
P1180293(1).jpg

その後、再度北見を通って、西に車を走らせ、三国峠へ。
北海道の国道の中で最も高い峠だそうです。
P1180351(1).jpg

こんな素敵な景色を見ることができました。
P1180341(1)_20150926100251ce5.jpg

紅葉が深まればどんなにきれいな景色になるのでしょうか・・・
ということでネットで探すと見つかりました。
この景色を見にまた是非行ってみたいと思います。
この写真はこちらから拝借しました。
三国峠紅葉(1)

「三国峠」
(所在地)
北海道河東郡上士幌町三股番外地


その後、南下し目指したのがこちら。
タウシュベツ川橋梁です。
糠平湖にあるコンクリート製アーチ橋です。
対岸の展望台から見るとはるか遠くです。
45ミリのレンズで取るとこれが限界でした。
P1180301(1)_2015092610133253b.jpg

そこで210ミリの望遠レンズを引っ張り出し、三脚を立てて撮ってみました。
やっとその全貌が見えました。
確かにローマの遺跡のようですね。
P1180309(1)_201509261013344c0.jpg
P1180314(1).jpg

近くで見るにはNPOが主催しているツアーに参加することが必須ようです。
ぜひ参加してこんな写真を撮ってみたいと思います。
タウシュベツ(1)
※この写真はこちらからお借りしました。

展望台への道中には線路後の緑のトンネルがありました。
P1180316(1).jpg

「タウシュベツ川橋梁」
名称に関しては「川」を省略したタウシュベツ橋梁という通称が近年見られるようになったが、鉄道橋としての本来の正式名称ではなく、また上士幌町や保存会も正式名を継承している。
よく晴れた風のない日に、湖面に橋が映ると眼鏡のように見える。
またアーチ橋ということもあり、「めがね橋」の別名を持つ。
古代ローマの遺跡を思わせるその姿は、周辺の景色とも調和しているとされる。
もともとは、旧国鉄士幌線(1987年(昭和62年)廃線)が1939年(昭和14年)に十勝三股駅まで開通した際に、音更川の支流であるタウシュベツ川に架けられたものである。
1955年(昭和30年)に、発電用人造ダム湖である糠平ダムが建設され、橋梁周辺が湖底に沈むことになったため、士幌線は湖を避けるように新線が引かれた。
その際に、橋梁上の線路は撤去されたものの、橋梁自体は湖の中に残されることとなり、現在までその姿をとどめている。
糠平湖は人造湖であり、季節や発電によって水位が劇的に変化するため、橋梁全体が水に覆われてしまう時期もあれば、水位が低くなって橋梁全体が見渡せる時期もある。
その様子から、「幻の橋」とも呼ばれる。
糠平市街に鉄道記念館があり、士幌線の説明資料や他の橋梁についての情報がある。

この情報はこちらから拝借しました。
(所在地)
北海道河東郡上士幌町


糠平湖から北上し、再び三国峠に向かう途中両脇が白樺の木が続くまっすぐな素敵な道を走りました。
P1180322(1)_20150926101337877.jpg

層雲峡を通り、上川町にやってきた頃には昼時になって、ランチを頂くことにしました。
国道39号線沿いにはたいした店がなさそうなので、町の中心地のほうに行ってみると、それなりに店があります。
その中で「ラーメン日本一」なる看板が目につきました。
早速入店してみます。
店内は思いのほか広くて多くのお客さんで賑わっています。
P1290871(1).jpg

当店お勧めのゴマ味噌ラーメンをいただきます。
具は、チャーシュー、長ネギ、メンマ、炒めもやしといたってシンプル!
麺は、加水率はやや低め、中細縮れ麺は、シコシコ感たっぷりです。
そして創業時から継ぎ足して作られるスープは、豚骨ベースで、流行の鮭節と野菜と一緒に煮込んだもので、まろやかでコクのあります。
チャーシューは、豚ロースで醤油ダレがよくしみ込んでいます。
納得の一杯でした。
P1290874(1).jpg

上川町は沙羅ちゃんの出身地だったんですね。
P1290876(1).jpg

(所在地)
北海道上川郡上川町中央町72-2

(電話番号)
01658-2-1726
メニュー
食べログ


お腹が一杯になったフッちゃんと二朗が最後に向かったのが、美瑛町の青い池です。
ところがあと3キロになったところから大渋滞です。
これではいつ到着するかわかりません。
そこでナビを駆使していろいろ調べてみると、裏道がありそうです。
狭いところでUターンしてその裏道をたどってみると白金温泉の上にたどり着けることができ、渋滞の列とはまったく反対側から青い池に到着できました。
その道中で素敵な景色に出会いました。
左から石垣山、美瑛岳です。
P1180360(1).jpg

十勝岳です。
とても雄大ですねえ・・・
P1180361(1)_201509261022277b6.jpg

十勝岳、富良野岳です。
P1180362(1)_20150926102228f12.jpg

青い池です。
前回とは違う姿を見せてくれました。
光の加減で随分変わるんですね。
P1180366(1).jpg
P1180365(1)_20150926102230db8.jpg

この後、富良野、三笠を経由して無事札幌に戻ったフッちゃんと二朗でした。
この3日間の走行距離は1560キロ、よく走りました。
今回の旅でまた改めて北海道のすばらしさを体感することができました!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村

2015/10/04 06:00 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |