純豚骨の至高の一杯、幻の弟子屈ラーメン!「いぶき」弟子屈町

和商市場で贅沢な朝食を頂いた後は、釧路湿原に出かけます。
向かったのが釧路湿原展望台です。
最上階では360度見渡せます。
スマホのパノラマで撮ってみました。
天気もよく湿原の果てまで見ることができます。
それにしてもなんて広いんでしょうか・・・
IMGA0001_20150926092609b39.jpg
IMGA0003_20150926092609ffa.jpg
「釧路市湿原展望台」
(所在地)
北海道釧路市北斗6−11


湿原を後にし、北上していると「鶴見台」という看板が目に入り、思わず車を止めると、鶴がいました。
飼われているのかよくわかりません・・・
P1180166(1)_201509260937437c2.jpg

さらに北上すると牧場の端にも鶴が・・・
これは間違いなく野生ですね。
P1180179(1).jpg

さらに北上し、向かったのが「オンネトー」です。
P1180185(1).jpg

左が雌阿寒岳、右が阿寒富士です。
緑色の湖水に山が映えます。
P1180210(1).jpg

「オンネトー」
名前はアイヌ語で「年老いた沼」あるいは「大きな沼」の意味である。
阿寒国立公園内に位置する。
雌阿寒岳の噴火により西麓の螺湾川の流れが止められてできた堰止湖で、湖水は酸性で魚類は棲めないが、エゾサンショウウオとザリガニが棲息する。
湖面は刻々と色を変えることから五色沼の別名もある。
阿寒湖から近い湖沼だが、流出河川の螺湾川は西方の十勝方面へと流れる。

この情報はこちらから拝借しました。
(所在地)
北海道足寄郡足寄町茂足寄


次にお伺いしたのが阿寒湖です。
マリモで有名ですよね。
雄阿寒岳が目前に聳え立っています。
P1180215(1).jpg

阿寒湖を後にし、次に向かったのが美幌峠です。
P1180242(1)_201509260948526f1.jpg

展望台からは雄大な屈斜路湖を一望できました。
とてもきれいな景色です。
P1180238(1).jpg
P1180239(1).jpg

パラグライダーを楽しんでいる人もいました。
15年ほど前に3年間パラグライダーを趣味にしていた二朗にとってはとても懐かしいです。
飛びたくなりました。
P1180241(1)_20150926164011021.jpg

「美幌峠」
(所在地)
北海道川上郡弟子屈町屈斜路


美幌峠を下りてくると道端にキタキツネの姿を見つけ、車を止めると近寄ってきます。
人馴れしているんですね。
P1180249(1).jpg

お昼時になって、ランチをいただけるお店を探します。
チョイスしたのはこちらのラーメン屋さんです。
なんともひなびた感漂う店構えです。
店内も同様に田舎の食堂って感じです。
店はおばちゃんが一人で営んでおられるようです。
P1290829(1).jpg

「元祖いぶきのラーメン」をいただきます。
スープに1cm弱はラードの層が出来ている強烈なビジュアルです。
口に含むとネトーっとします。
魚介系は感じられず豚煮込みましたという感じのスープです。
甘味、旨味が濃厚です。
麺はやや細縮れで白い麺、スープが強烈なので相性はバッチリです。
脂が多かったからか、体がポカポカします。
厳冬の地だからこその一杯でしょうか・・・
P1290834(1).jpg


(所在地)
北海道川上郡弟子屈町湯の島1-2-3

(電話番号)
015-482-3194
メニュー
食べログ


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村

2015/10/01 06:00 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |