ニセコ羊蹄コロッケ街道でニセコ羊蹄コロッケ定食を食す!「五陣屋」ニセコ町

グルメランチの報告です。

今日はスキーのメッカであるニセコ町にお伺いしました。
以前スキーを楽しみにお伺いしましたが、夏の訪問は初めてです。
やはり冬とはまったく雰囲気がちがいますね。

地元の方にご案内いただいたのはこちらの和風レストランです。
いわゆる田舎の入りやすいひなびた感漂う食堂っぽいレストランですね。
地元の方らしき皆さんでそれなりに賑わっています。
DSC_1201(1).jpg

「ニセコ羊蹄コロッケ定食」をいただきます。
DSC_1194(1).jpg

コロッケは2種類。
右がベーコンで巻かれたもの。
左がミートボールの入ったカレー味です。
ベーコンにはさまれたじゃがいもはフワフワ感たっぷりです。
カレー味はけっこうピリ辛でご飯が進みます。
DSC_1196(1).jpg

ゴマそばは汁が関東風で味が濃いめですが、ごまの香ばしさと蕎麦の意外な出会いに新たな発見です。
DSC_1199(1).jpg

実はこの「ニセコ羊蹄コロッケ定食」はこの界隈を「ニセコ羊蹄コロッケ街道」と呼び、地域が一体となってB級グルメとして売り出しているようなんです。
そのうんちくを少々・・・
ことの発端は、(株)リクルート北海道じゃらん編集長ヒロ中田氏が誌面において、ニセコ羊蹄地域に地域の特産品を生かしたコロッケ街道をつくるなんてどうだろうと提言したのが始まりでした。
それはちょうど羊蹄山麓広域商工会青年部女性部にて地域興しにどんな事業を行ったらよいのだろうと、多面にわたり模索しているときでした。
中田氏の提言をヒントに、このニセコ羊蹄地域を地域の特産品を使ったコロッケ料理を各町村で提供し、それをルートとして結びつける事でコロッケ街道と銘打ち新たな観光資源として、コロッケを通して地域の特産品、農産品を提供する事で地域をPRしようと始まったのです。
「ニセコ羊蹄コロッケ定食」には次の定義があります。
・名称は「ニセコ羊蹄コロッケ定食」とする
・コロッケの主原料はニセコ羊蹄エリア産とし、手づくりとする
・単品メニューではなく、コロッケをメインとした定食(セット)メニューとする
・コロッケ以外のメニューもなるべくニセコ羊蹄エリア産の素材にこだわる
・ニセコ羊蹄、あるいは地元をモチーフとした演出とする
・米、小麦を使用する場合は、必ず北海道産とする
・料理コンセプト、産地、原料名、調理方法、特色などをメニューに明記する
・料金は税込1,000円以下とする

※この情報はこちらから拝借しました!

いいですねえ、こんな取組!
多くのお客さんに楽しんでもらえるようがんばってもらいたいと思います。


(所在地)
北海道虻田郡ニセコ町字元町74

(電話番号)
0136-44-3504
メニュー
食べログ
HP)

少々時間があったので、近くの「有島記念館」を訪問しました。
P1280438(1).jpg
P1280439(1).jpg
P1280444(1).jpg

はずかしいのか、残念ながら羊蹄山は雲に隠れていました。
P1280440(1).jpg

近くの道の駅にはこんな牛が二匹・・・
P1280437(1).jpg
P1280436(1).jpg

車でお伺いしたのですが、道中には北海道らしき景色が広がっていました。
P1280434(1).jpg
P1280435(1).jpg



人気ブログランキングへ

にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村

2015/07/29 06:00 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |