新年のご挨拶

新年あけましておめでとうございます。
いつも訪問ありがとうございます。
今年も全国各地のB級グルメの情報を皆様方にお伝えしたいと思います。
どうぞアクセス方よろしくお願いします。


未年のうんちくを少々・・・

【未年の十二支としての未について】
  ・十二支の8番目。
  ・未の方位は南南西 (正しくは南南西よりやや北寄り)。
  ・未の刻は、午後2時およびその前後2時間。
  ・未の月は旧暦6月。

 <未の特徴> 
 羊は群れをなして行動するため、家族の安泰や平和をもたらす縁起物とされています。

 <未年生まれの特徴>
 穏やかで温かく、優しい。正義感が強く、真面目だといわれています。

【未という字】
「未」という字は、枝が茂っている木の形で、まだ枝が伸びきっていない部分を描いたものだといわれています。
本来の読みは「み」。未来、未熟、未明、未満などのことばがあります。

【羊という字】
「羊」という字は、ヒツジを正面から見たときの、角と上半身を表した形です。
後ろ足までの全体を表した形が「美」で、成熟したヒツジの美しさを表しています。
羊は古くから家畜として親しまれ、羊の毛は織物、肉や乳は食用にされるなど、大変身近な動物です。
中国では「馬、牛、羊、鶏、犬、豕」の六畜のひとつにあげられています。
そのため、羊がつく漢字も多く、祥、翔、義、美、羨、善などよい意味をもつものに用いられています。
また、羊(よう)という音から、洋、様、養などにも使われています。

【羊についての豆知識】
 ・羊は群れる性質をもち、群れから引き離されると強いストレスを受けます。
  先導するものに従う傾向が強いため、家畜化に向いていました。
  「迷える子羊」もこのへんに由来するようです。
 ・羊は草食動物で、胃袋(反芻胃)が4つあり、食べたものを吐き出しては、何度も何度も噛み直します。
 ・おなじみのウールは羊毛のことで、主にメリノ種という品種の羊が中心です。
  羊は1度に1~2頭の子を産み、生後1~2年経つと毎年春頃に毛刈りが行われ、1頭あたり約4キロの羊毛がとれま   す。
 ・羊の肉は食用としてもおなじみで、「ジンギスカン」といえば、溝が刻まれたジンギスカン鍋で羊肉を焼く料理です。
  一般的に、生後およそ1年未満(永久門歯がない)をラム、それ以上をマトンと区別し、ラムのほうが好まれています。   また、ニュージーランドでは、ラム、ホゲット、マトンと区別。オーストラリアではさらにベイビーラム、スプリングラム、イ   ヤリングラムと区別するなど、様々な格付のしかたがあります。
 ・羊の皮は、ラムスキン、シープスキン。羊の毛皮は、ムートン。

【なぜ眠れないときに羊を数えるのか?】
 眠れないときに羊を数えるのはなぜ?
 眠れないときに羊を数えると眠くなりますか?
 眠れないときに羊を数えるのは、イギリスが発祥だといわれています。
 英語で羊のことを「sheep」といいますが、これが 眠る意の「sleep」と似ているため、暗示をかける作用があるのだそう。 また、「sheep」の発音が寝息に似ているから、「sheep」と言って息をはく行為がリラックスできるから、などの説もあります。
 ……ということは、日本語じゃダメ!?
 そのほかにも、羊のいる情景を思い浮かべると牧歌的でリラックスできるから、羊を数えるという単調な作業で眠くなる  から、といった説もあります。
 ……これなら、「羊が1匹、羊が二匹」でも大丈夫ですね。

【羊にまつわることわざ、慣用句】
 ・羊頭狗肉(ようとうくにく)/羊頭を懸けて狗肉を売る
  狗肉とは犬の肉のことをいい、羊の頭を看板に掲げながら、実際には犬の肉を売ってごまかすことから、見かけと実質  が伴わないことのたとえ。立派なものをおとりに使い、実際は粗悪なものを売ることのたとえ。
 ・羊質虎皮(ようしつこひ)
  実際は羊なのに虎の皮をかぶっているの意味から、外見だけは立派だが、それに実質が伴っていないことのたとえ。
 ・羊に虎の皮を着せたよう
  弱い者が強がったり、愚かな者が利口ぶること。
 ・群羊を駆りて猛虎を攻む(ぐんようをかりてもうこをせむ)
  たとえ力が弱くても、集合すれば強い力を発揮できるということ。
 ・羊の皮をかぶった狼
  外見は非常におとなしいが、本性はその逆であること。
 ・亡羊の嘆(ぼうようのたん)/多岐亡羊(たきようぼう)
  学問の道は多方面に分かれているため、真理に到達するのは難しいということ。
  転じて、方針がいくつもあって選択に迷うということ。
  中国戦国時代、羊が一匹逃げた際、大勢の人が追いかけたが、道がいくつも分かれていたため取り逃がしてしまった。
  それに対して思想家の楊朱が「学問の道も同様で、いくつもの道に分かれているので、真の道がわからなくなる」と嘆   いたという故事に由来しています。

※この情報はこちらから拝借しています。

P1150978(1).jpg


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村

2015/01/01 06:00 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |