富良野名物オムカレーがいただけるお店「味処笑楽亭」富良野市

今回の北海道訪問の最終日は休日なのをいいことにレンタカーを借りてドライブに出かけます。
札幌を出発し、高速で旭川まで走り、国道237号線を南下し、美瑛町へ。
「せるぶの丘」に到着しました。
色鮮やかな庭園が広がっています。
P1240835(1).jpg

展望台の屋上から見えるのは「ケンとメリーの木」です。
二朗の年代にはとっても懐かしいですね。
ケンとメリー~愛と風のように~ スカイライン CM」の歌を思い出しました。
※曲名をクリックすると曲が流れます。
P1240837(1).jpg

「せるぶの丘」
(所在地)
北海道上川郡美瑛町大三

大きな地図で見る
(電話番号)
0166-92-3160
HP)


続いてお伺いしたのが「四季彩の丘」です。
多くのお客さんで賑わっています。
壮大な景色が広がっています。
P1240853(1).jpg
P1240856(1).jpg
P1240862(1).jpg

残念ながらお伺いした8月初旬のこの日は、ラベンダーの花は終わっていました。
P1240864(1).jpg

「四季彩の丘」
(所在地)
北海道上川郡美瑛町新星第三

大きな地図で見る
(電話番号)
0166-95-2758
HP)

その後、ファーム富田にもお伺いしましたが、やはりラベンダーは終わっていて、車窓からの見学にとどめました。

お昼時を過ぎ、空腹を感じてグルメランチをいただくことにしました。
富良野のB級グルメと言えば「オムカレー」です。
ネットで検索してチョイスしたのがこちらのお店。
外観も店内もアットホーム感がたっぷり漂っています。
P1240882(1).jpg
P1240866(1)(1).jpg

もちろん「オムカレー」をいただきます。
P1240868(1).jpg

卵はトロトロ、カレーはデミグラ風味のちょっと辛口でとっても美味。
長いソーセージもうれしくなります。
P1240870(1).jpg

富良野オムカレーには6か条があって
第1条 お米は富良野産を使い、ライスに工夫を凝らす
第2条 卵は原則 富良野産を使い、オムカレーの中央に旗をたてる
第3条 富良野産の「チーズ(バター)」もしくは「ワイン」を使用する
第4条 野菜や肉、福神漬(ピクルス)なども富良野産にこだわる
第5条 富良野産の食材にこだわった一品メニューと「ふらの牛乳」をつける
第6条 料金は税込み1,000円以内で提供する
これに同意しているお店のオムカレーにはこのフラッグが立てられています。
P1240876(1).jpg

もれなくサラダと
P1240872(1).jpg

濃厚な富良野牛乳と
P1240875(1).jpg

こちらも濃厚なアイスがついてきます。
P1240881(1).jpg

とってもやさしい味に心も癒された二朗だったのでありました。
グルメでの町おこしは結構有効だと思うので、もっと多くの自治体でオリジナルグルメを打ち出せばいいと思うのですが・・・

この後、さらに南下し、占冠村を経由して、高速に使って新千歳空港に到着し、今回の旅を終えました。


(所在地)
北海道富良野市幸町7-21

大きな地図で見る
(電話番号)
0167-22-1978
食べログ


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村

2014/08/29 06:00 | COMMENT(0)TRACKBACK(2)

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

2014/08/30 | ケノーベル エージェント |

ケノーベルからリンクのご案内(2014/08/30 08:46)

上川郡美瑛町エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。

2014/08/30 | ケノーベル エージェント |

ケノーベルからリンクのご案内(2014/08/30 08:45)

富良野市エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。

 | BLOG TOP |