創業1839年の老舗中の老舗のそば屋「巴町砂場」神谷町

グルメランチの報告です。
今日はアッサリ系を体が求めてこちらへ。
なんと創業1839年の老舗中の老舗のおそば屋さんです。
店内にはたくさんの老若男女で賑わっています。
P1240238(1).jpg

「ざるそば」をいただきます。
海苔の盛り付けはこだわりなんでしょうね。
おそばはとてもやわらかく、やさしくお腹に入っていきます。
これが老舗の味なんでしょうね。
P1240242(1).jpg

おいしくいただいたのですが、接客はよくなかったですねえ・・・
従業員の平均年齢も高く、また人員不足だからなんでしょうが・・・
席が空いているにもかかわらず、先客の食べた食器が机に残り、なかなかご案内いただけません。
また、二朗が注文した後に二人のお客さんが同じように冷たいおそばをオーダーしたのですが、二朗のざるそばは最後に運ばれてきました。
どうやら忘れられていたようです。
謝るのもいい加減で、会計担当のおばあちゃんは「ごめん、ごめん」とまるで友達に対するような言い方です。
これが200年近く続いた老舗の対応でしょうか・・・
なんとも気分悪く店を後にしました。

(所在地)
港区虎ノ門3-11-13 サヴァックスビル1F

大きな地図で見る
(電話番号)
03-3431-1220
メニュー
食べログ


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村

2014/07/06 06:00 | COMMENT(4)TRACKBACK(0)

コメント

眠り姫さんへ

どんな仕事もどんな立場でも原点回帰が大事だと思います。
「砂場」ですが、蕎麦屋の屋号は暖簾分けがほとんどのはずです、いえ信じたいですね。

No:1629 2014/07/13 16:01 | 二朗 #- URL [ 編集 ]

砂場

神谷町で創業1839年ってすごいですね。関東大震災や東京大空襲にも生き残ったってことですね。ピッコロさんのお言葉のように、「老舗」の上に胡坐をかかず、初心を忘れずに行きたいものです。
ところで、荒川の三ノ輪にも「砂場」ってお蕎麦屋さんがありましたが、暖簾分けしたものか、はたまた知財侵害パターンなのか(^^;

No:1624 2014/07/10 19:02 | 眠り姫 #- URL [ 編集 ]

ピッコロさんへ

悪口は書きたくないのですが、あまりにもひどかったもので。
老舗だからこそ、基本は大切にしてもらいたいものです。
これってすべてに共通しますね!

No:1622 2014/07/09 08:45 | 二朗 #- URL [ 編集 ]

老舗

「砂場」のお店は構えからして古さを感じます。ですか、美味しいお蕎麦も接客次第で美味くもまずくもなるってことですね。
山口にある長州大学も1815年を源流として来年には創基200年を迎える老舗大学です。このお店とほぼ同時期に出発しています。従業員一同、初心を忘れず常に向上心を持って取り組まねばと感じた次第です。

No:1620 2014/07/08 08:29 | ピッコロ #UYqLhazk URL編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |