「袋田の滝」大子町

「泉里」で美味なカレーうどんをいただいた二朗はさらに118号線を北上し、目的地の「袋田の滝」に到着しました。
トンネルをくぐると目の前に滝が現れました。
凍り具合は3分の2って感じでしょうか?
シャッター速度をゆっくりめにして撮ってみましょう!
P1100362(1).jpg

さらにゆっくりにしてアップで!
P1100369(1).jpg

エレベーターに乗って滝全体が見える展望台へ。
P1100378(1).jpg

ちょっと離れたつり橋から撮ってみましょう。
P1100405(1).jpg

アップにすると・・・
P1100438(1)_20140113115013004.jpg

さらにアップにすると、きれいですよね。
P1100439(1).jpg

一角で「かかしグランプリ」で上位にランク付けされたかかしが陣取っていました!
P1100445(1).jpg
P1100447(1)_20140113115018334.jpg

さらに寒い日が続くとすべて凍ることもあるようです。
四季折々で素敵な姿を見せる滝をまた追っかけてみたいと思います。


「袋田の滝」
茨城県久慈郡大子町袋田にある滝。
位置は、久慈川支流の滝川上流にあたり、長さ120m、幅73m。
冬は「氷瀑」と呼ばれる、滝が凍結する現象が発生することがある。
茨城県指定名勝。
茨城県北ジオパークのジオサイトの一つ。
華厳滝、那智滝とともに日本三名瀑のひとつに挙げられる場合もあり、日本の滝百選にも選定されている。
1990年(平成2年)に行われた日本の滝百選の人気投票では1位を取った。
江戸時代は水戸藩の領地内であり、水戸黄門として知られる徳川光圀が訪れたことがあるとされる。
この滝の別名「四度の滝」は、滝川が4段に岩肌を落ちることから名づけられたとされる説と、昔、この地を訪れた西行が「この滝は四季に一度ずつ来てみなければ真の風趣は味わえない」と、この滝を絶賛したと伝えられていることから名づけられたとされる説がある。
このように見事な袋田の滝はどのようにして出来たのだろうか。
大子町を含む久慈川沿いの地域は、西の八溝山地と東の阿武隈山地の間にある比較的低い地域であるが、地質学的には新生代の中新世という時代の中頃(およそ1500万年前頃)に堆積した地層で出来ている。
地層が堆積した環境は、下位では川や沼などの淡水であるが、上位では海に棲む貝の化石が発見されるので、海であったことが判る。
つまり、今から1500万年前には太平洋の方から、海がこのあたりまで侵入していたのである。
地層は主に砂岩、礫岩や泥岩から出来ているが、火山灰などの火山噴出物から出来た地層も少なからず見られる。
そして、その代表格が奥久慈の名峰として名高い男体山(奥久慈男体山)をつくる「男体山火山角礫岩層」である。
これは海底で火山が噴火して、冷却する際に、大きな礫状に破壊されたあと全体が固まったもので、非常に固く浸食に強い地層である。
男体山を中心に南北に30km近くに渡って連なる急峻な尾根は、削り残されたこの地層によって出来ており、袋田の滝近くの月居山や生瀬富士もそれに含まれる。
袋田の滝は久慈川の支流滝川の水が、この固く何百万年もの浸食にも耐えてきた、かつての海底火山の噴出物が作る断崖から落ちることによって作られたのである。
地形としては日光男体山の溶岩によって川がせき止められて出来た日光の華厳の滝に似ているが、この溶岩は約2万年前のもので、地質学的には袋田の滝の場合よりもはるかに新しい。
また、袋田の滝の地形はせき止めによるものではなく、浸食に耐え残った約1500万年前の火山噴出物が作る「崖」である。
※「wikipedia」より

(所在地)
茨城県久慈郡大子町袋田3-19

大きな地図で見る
(電話番号)
0295-72-4036
HP


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村

2014/01/19 06:00 | COMMENT(2)TRACKBACK(1)

コメント

joyさんへ

全部凍るときがあるようですよ。
北海道の滝も凍っているのでは?

No:1502 2014/01/26 19:08 | 二朗 #- URL [ 編集 ]

滝って・・こんなふうに凍るんですねー^^!
知らなかったです><。。

No:1500 2014/01/20 21:05 | joy #- URL [ 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

2014/01/20 | ケノーベル エージェント |

ケノーベルからリンクのご案内(2014/01/20 08:49)

久慈郡大子町エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。

 | BLOG TOP |