「小便小僧」浜松町

今月の小便小僧は、東京消防庁の「機関員」でした。
ヘルメットがかっこいいですね!
P1210497(1).jpg

「機関員」ってどんな仕事をするのかなってネットで検索したら、同じ疑問を持っている方がおられて、問いに対して現役の機関員さんがこちらで丁寧に答えておられました。
それによると、
機関員とは各部隊(本署であれば、救急隊・消防隊・はしご隊・指揮隊など)の車両1台につき1人正機関員がつきます。 正機関員は車両の維持管理、運用の責任者であるため、階級は士長が概ね配置されます、だいたいの部隊配置わりでは消防隊5人配置の場合、隊長(司令補)放水長(士長)機関員(士長)隊員(士長or消防士)隊員(士長or消防士)となり正機関員が週休や年次休暇の場合、機関員の資格を持った人間(前述部隊配置の場合は隊員のどちらか)が消防隊の運用を行います。
各消防本部や局独自の資格なので、機関員の資格を得るための条件は異なりますが、私の局の場合は、免許取得3年以上、消防署に拝命し、消防学校卒業後2年以上の経験が必要となり、さらに各所属から選抜され、機関員課程を修了後の後機関員の資格を得ることとなります。
機関員の資格も3種類あって、限定機関員(消防ポンプのついていない消防車両まで)、機関員(消防ポンプのついた消防車両まで)、はしご機関員(はしご車まで)となっていて、それに対して車の大きさや重さによる免許(普通・中型・大型・大特)が必要になります。
ちなみに車両別の機関員の資格と免許ですが、こうなります
指揮車(限定機関員・普通免許)・ポンプ車(機関員・普通免許or大型免許)・水槽車(機関員・大型免許)・救助工作車(機関員・大型免許)・はしご車(梯子機関員・大型免許)・救急車(限定機関員・普通免許)となります。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村

2013/11/10 07:00 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |