これって何?

神戸からの帰路の途中で天王寺駅で乗り換えました。
天王寺駅の線路と線路の間にあるのがこれ!
P1150768(1).jpg


前々から気になっているのですが、これって何でしょうか?
これを使って何ができるのか全く分かりません。
ご存知の方、おられませんか?
気になって気になって夜は爆睡してしまっています・・・


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村

2012/10/04 18:14 | COMMENT(6)TRACKBACK(0)

コメント

うめださんへ

長い間悶々としていた疑問が解けました。
わかりやすい説明ありがとうございます。

No:1073 2012/10/08 10:37 | 二朗 #- URL [ 編集 ]

昼間や夜間、このど真ん中の柵がある延長上を歩いて、保線職員は両側の線路の点検をしていたようです。
列車が来たときに保線職員が列車に接触して事故が起こらないようにど真ん中だよという目印の役目もしているようです。
この柵の近くで作業をしているときに列車が近づいたら、上に乗って避難することもあったみたいですが、そこに乗って列車の修理とかはなかったようです。
こんな説明でわかってもらえたでしょうか。。

No:1072 2012/10/07 19:52 | うめだ #- URL [ 編集 ]

うめださんへ

ここに乗っかって、修理などをするってことでしょうか?

No:1071 2012/10/07 17:31 | 二朗 #- URL [ 編集 ]

レバ刺しチャンさんへ

ちょっとそう思いましたが、全てのドアには対応してませんでした。

No:1070 2012/10/07 17:28 | 二朗 #- URL [ 編集 ]

こんにちは。
これは、JRの保線職員が作業中、反対側の列車が来たときに接触しないように退避する防護柵のようです。
元国鉄マンの父に聞きました。

No:1068 2012/10/07 11:21 | うめだ #- URL [ 編集 ]

はっ!これは!!?間違えて反対ドアを開けてしまった時の落下防止!?笑

No:1067 2012/10/05 12:32 | レバ刺しチャンさん #VPr.CqGU URL [ 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |