「南大門」ソウル市

格安航空券活用ソウルツアー報告第十三弾です。
「水原カルビ」をお腹いっぱい頂いた二朗一行は、また水原駅から電車に乗りソウルに戻ります。
P1150126(1).jpg
P1150121(1).jpg

ソウル駅からほど近いところにある「南大門市場」散策に出かけました。
この日はウィークデーにもかかわらず、多くのお客さんで賑わっています。
南大門(ナムデムン)市場は、韓国最高を誇る代表的な在来市場で南大門(ソウル都城を取り囲んでいた城郭の正門で本来の名称は崇礼門(スンネムン)であり、南側にあるため南大門とも呼びました)周辺に大小1万以上の商店が立ち並んでいます。
土産物、日用品、食料品、医療品などを全国の小売業者と消費者に供給する最大流通構造を誇ります。
南大門市場は朝鮮時代(1392年~1910年)太宗(テジョン:1367年~1422年、朝鮮王朝第3代国王)の頃、ソウルの南大門近辺に店を作り商人らに貸したことが始まりだそうです。
朝鮮時代中期に入り市場としての地位を得た南大門市場は、日本統治時代には日本人が独占運営したという歴史も持っています。
1964年10月になり建物主・地主・商人らが共同出資し株式会社形態に変わり今日に至ることになりました。
P1150133(1).jpg
P1150134(1).jpg
P1150135(1).jpg
P1150136(1).jpg
P1150137(1).jpg
P1150138(1).jpg

地下鉄の入口も所狭しと商品が並べられています。
P1150131(1).jpg

南大門市場の西側にあり、市場のシンボルとなってきたのが「崇礼門(スンネムン)」です。
ソウル市内では最も古い木造建築で、韓国の国宝第一号で、1393年に都の正門として建立され、ソウルの南方にあることから南大門(ナンデムン)という名で親しまれてきました。
皆さんご存知の通り2008年2月10日に放火により全焼してしまいました、
現在復元工事中です。
P1150140(1).jpg

韓国パワーを感じるこちらの一角をのんびりと買い物をしながら、ほろ酔い気分で気持ちよく散策した二朗一行だったのでありました。

※今日の情報はこちらから拝借しました。

「南大門市場」
(所在地)
ソウル市中区南倉洞49番地

大きな地図で見る
(電話番号)
02-753-2805
HP

ソウルタワーも垣間見えました。
P1150139(1)_20120812215731.jpg


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村

2012/08/12 22:02 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |