「雲峴宮(ウニョングン)」ソウル市

格安航空券活用ソウルツアー報告第三弾です。
李朝で、これでもかってぐらい韓定食をいただいた二朗一行は、店を後にし、観光に出かけました。
ビール・ジンロと昼からたくさん飲んだSAMさんとなごみさんはすごくご機嫌です。
歯痛で飲めなかった二朗は、一人素面でナビゲーターに徹します。
「昌徳宮」を目指して歩き出したのですが、SAMさんが突然こちらに寄ろうと言い出しました。

高宗(コジョン;李朝第26代王、1852~1919、在位期間1863~1907)の父、興宣大院君(フンソンテウォングン;1820~1898)の私邸で、高宗が生まれて王位に就く12歳までを過ごした場所でもある雲峴宮(ウニョングン)です。
伝統文化の通りでもある仁寺洞(インサドン)から徒歩約3分の距離にある雲峴宮は現在、2,148坪の敷地内に建物6棟(本体5棟、廊下1棟、総414坪)が建ち並んでいます。
現在では昔に比べて規模もかなり縮小されてしまいましたが、雲峴宮は興宣大院君の政治活動の本拠地で、韓国近代史において欠くことのできない歴史的な遺跡の一つです。
雲峴宮という名前の由来は、当時雲峴宮の北側に大きな峠があり、その峠の上にはいつも雲が、また峠のふもとの方にも霧がよく出ていたことから雲峴宮と呼ばれるようになったと言われています。
P1140769(1).jpg

老安堂(ノアンタン)です。
ソスル大門をくぐると「老安堂」と書かれた扁額(文字や絵などを刻んで壁や紋の上に掲げる板)のかけられた建物があります。
こちらは正面6間、側面3間の舎廊房で、興宣大院君が息を引き取ったのも、まさにこの老安堂の大きな部屋の後ろ側にある続き部屋だったそうです。
「老安堂」と書かれた扁額は「老人を安らかにする」と言う意味で、息子が王になったおかげでよい家で安楽に老年を過ごせ、自ら十分だという意味で、興宣大院君が秋史・金正喜(チュサ・キムジョンヒ)の筆跡を組み合わせて作ったものだそうです。
老安堂は典型的な韓国式の瓦葺で、軒先に角材を長く伸ばして日よけをかけた手法は今日ここにしか残っていない特徴です。
また前面には自然換気の機能をもつ換気口が設けられています。
P1140762(1).jpg

老楽堂(ノラッタン)です。
縁側の左右に部屋が9室もあるなど、雲峴宮で最も大きく中心となる建物です。
老楽堂の壁から出てきた絵と文字は、現在相当な価値をもつ遺物と認められています。
老楽堂は家族の還暦やお祭りなどの王家の行事が行われた場所で、1866年の高宗と明成皇后との婚礼や、明成皇后のお妃教育もこちらで行われたと言われています。
P1140764(1).jpg

二老堂(イロダン)です。
外部の男の人が簡単に入ってこられないように「口の字」形に建てられており、真ん中に中庭があります。
老楽堂とともに母屋として使われていましたが、女性のみが暮らす徹底した男子禁制の空間であると言えるでしょう。
また二老堂の女主人は実質上、雲峴宮全体の最高責任者とされていました。
庭の一隅には古くなった石造物が置かれています。
これは石蓮池と呼ばれるもので、たいてい直六面体の石を彫り、池が掘ることができない庭に作られたもの。
二老堂の前の石蓮池は建物自体が1段高く作られているため、建物から中が見られるように既存のものよりさらに高く作られており、有事の際には防火水としても使用されたようです。
このように建物の基壇が高いのは、王の父が住んでいるところなので、王がいる昌徳宮(チャンドックン)の2段よりも1段高い3段にしたためだそうです。
P1140766(1).jpg

韓国の伝統的な建物に出会いました。

※今日の情報はこちらから拝借しました。

(所在地)
ソウル市鍾路区雲泥洞114-10

大きな地図で見る
(電話番号)
02-766-9090
(HP)


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村

2012/07/22 17:58 | COMMENT(4)TRACKBACK(0)

コメント

SAMさんへ

SAMさんより長い報告になりそうです。

No:1009 2012/07/27 22:52 | 二朗 #- URL [ 編集 ]

さすがに今回は詳しいレポートですなぁ。

これはひょっとしてむっちゃ長いシリーズになる???

No:1006 2012/07/26 08:23 | SAM #- URL [ 編集 ]

ピッコロさんへ

ご心配いただきありがとうございます。
土曜日に親知らずをやっと抜きました。
まだ左のほっぺが少々腫れています。
でもこれであの痛みから解放されると思うと・・・

松戸勢がんばっていますね。
史上初めての松戸からの甲子園、是非かなえてもらいたいものです。

No:1004 2012/07/24 22:51 | 二朗 #- URL [ 編集 ]

海外視察

ほっぺは大丈夫ですか?親知らずは痛くなって治療するとすごく大変と聞いています。治まるのを待って一度治療された方が良いと思います。
わたくしはこの春に中国に行ったのが「海外」初めてでした。お隣なのにすごく分化の違いを感じました。いずれ行くことがあると思いますので勉強させてもらいます。
高校野球は、千葉は松戸勢、愛媛は新居浜勢、頑張っていますね。智弁和歌山も。

No:1001 2012/07/23 08:26 | ピッコロ #UYqLhazk URL編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |