「熊野古道散策(牛馬童子→小室王子跡)その2」田辺市

熊野古道散策(牛馬童子→小室王子跡)の続きです。
「比曽原王子」に到着です。
P1070623(1).jpg
P1070626(1).jpg

藤の花が咲いています。
P1070627(1).jpg
P1070628(1).jpg

「野中伝馬所跡」を通り、
P1070629(1).jpg

「継桜王子」に到着です。
P1070631(1).jpg
P1070639(1).jpg

王子の上には「継桜王子社」があります。
こぢんまりしたお社です。
P1070634(1).jpg

「継桜王子社」までの石段はこんなに急です。
石段の両脇には杉の樹齢800年の巨木が並んでいます。
南向きだけに枝を伸ばしていることから「野中の一方杉」と呼ばれており、県の天然記念物に指定されているそうです。
10本近くある杉のうち、最大のものは幹の周りがおよそ8mもあります。
みな同じように、南にある熊野那智大社を慕うように枝を伸ばしているので、一方杉と呼ばれているそうです。
この不思議な現象は、生物の生態を知る上でも貴重なものと言われています。
P1070638(1).jpg

老木の空洞はこんな感じ!
P1070635(1).jpg

こちらの茶屋もいい雰囲気を醸し出しています。
P1070640(1).jpg
P1070641(1).jpg

ふと見上げると、もみじの緑 がとてもきれいです。
秋になった見事なんでしょうね!
P1070645(1).jpg
P1070642(1)(1).jpg
P1070644(1)(1).jpg

「秀衡桜」に到着です。
謂れのある木なんですね。
P1070649(1).jpg
P1070650(1).jpg
P1070652(1)(1).jpg


次に現れたのはこんな方々!
P1070658(1).jpg

おしゃれですねえ、サングラスが似合っています。
P1070660(1).jpg

いい表情です。
疲れも癒されます。
P1070661(1).jpg

次はこんな方が!
手をあげておしっこをしています。
写真を撮っているとヤクルトレディが微笑みながら挨拶してくれました。
P1070664(1).jpg

「中川王子」に到着しました。
残念ながら写真は大失敗!
見苦しくてごめんなさい。
P1070668(1).jpg
P1070665(1)_20120523224405.jpg

山を見ると昨年9月の台風12号災害の爪痕らしき姿が見えます。
P1070675(1).jpg

「小広王子」に到着です。
石碑の上半分が欠けています。
P1070682(1).jpg
P1070681(1).jpg

今回はここまで!
約9キロ、3時間のウォオーキングでした。
パワーさんの奥さんとじっくりゆっくりいろんな話をしているとあっという間に到着しました。
一度歩くと病みつきになります。
「次回はこの先を近いうちに歩きましょう!」と約束を交わし、楽しいひと時は終わったのでありました。

本日報告した道中はこちら。
比曽原王子→小広王子
※この地図はこちらのHPからお借りしました。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村

2012/05/23 22:52 | COMMENT(0)TRACKBACK(1)

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

2012/05/24 | まとめwoネタ速neo |

まとめtyaiました【「熊野古道散策(牛馬童子→小室王子跡)その2」田辺市】

熊野古道散策(牛馬童子→小室王子跡)の続きです。「比曽原王子」に到着です。藤の花が咲いています。「野中伝馬所跡」を通り、「継桜王子」に到着です。王子の上には「継桜王子社」があります。こぢんまりしたお社です。「継桜王子社」までの石段はこんなに急です。石段...

 | BLOG TOP |