「与作」益田市

益田の夜は続きます。
次にご案内いただいたのはとても庶民的な居酒屋さんです。
P1130479(1).jpg

お通しは「さざえ」です。
P1130464(1).jpg

「いわしの丸干し」です。
頭からいただきます。
P1130473(1).jpg

これはめずらしい「鮎のうるか」です。
結構な苦さなのでちょっとなめていただくのですが、これがまた最高の酒のあてになります。
P1130475(1).jpg

こちらは内緒の一品です。
地元民ムクさんが持ちこんだいのししの刺身です。
これがほんと絶品!
口の中でとろけていきます。
ムクさんめずらしいものをありがとうございました。
P1130469(1).jpg

とても居心地のいい店で、マスターも乗りがよく、心も体もゆったりしたのでありました。
またお伺いしたいと思います。
マスターが見送ってくれました!
P1130481(1)_20120515212400.jpg


メニュー)
P1130462(1).jpg

(所在地)
島根県益田市駅前町19-5

大きな地図で見る
(電話番号)
0856-23-1156
HP)


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村

2012/05/15 21:25 | COMMENT(8)TRACKBACK(1)

コメント

とおりすがりさんへ

ご忠告ありがとうございました!

No:1822 2016/04/09 16:33 | 二朗 #- URL [ 編集 ]

いのししは絶対に生で食べてはいけません。
肝炎になりますよ。
加熱して食べてください。

No:1821 2016/04/08 23:10 | とおりすがり #- URL [ 編集 ]

ピッコロさんへ

日曜日から東京出張で、金環日食はお江戸で見ました。
あいにく曇りがちで、和歌山の方がきれいに見えたようです。
天気予報はあてになりませんでしたね。

No:887 2012/05/22 22:56 | 二朗 #- URL [ 編集 ]

与作は木を切る~

オニ嫁さんのツノの件ですが、わたくしは実際には見たことがありまっせん。ハイ!
佐田の山さんが、よーく把握されていると思いますので、そちらでの確認が一番かと。
ところで、今朝方の金環日食、山口はところによっては見えたようですが、我が家では専用レンズまで用意していたのですが、残念ながら雲の中でした。紀伊半島では良く見えたのではないでしょうか。

No:883 2012/05/21 18:16 | ピッコロ #UYqLhazk URL編集 ]

ピッコロさんへ

益田ならではの食材を楽しみました。
旅の醍醐味はその土地でないといただけないものを食できることですね。
ところでオニ嫁さんの角は出ているときの方が多いんですか?
やはり一度角見学にお伺いしないといけないですね!

No:879 2012/05/18 22:35 | 二朗 #- URL [ 編集 ]

オニ嫁さんへ

どこの部分か忘れてしまいましたので、ムクさんに確認してみます。
ほんのちょっとしかとれない部分です。
今しばらくお待ちください。

No:878 2012/05/18 22:32 | 二朗 #- URL [ 編集 ]

看板に偽りなし

本当に地元の「山海の幸」ですね。こういうのは出張したときに味わう良さですね。
山陰のサザエはツノがあり、瀬戸内はなしと思っていましたが、いろいろあるんでしょう。オニ嫁さんのツノも時には引っ込みますから。
「鮎のうるか」も地元高津川で取れた鮎のモノでしょう。
さてさて、シシですが、わたくしのところにも出没します。それで猟師の方が獲りますが、やはり血抜きをするのに川に着けています。それを見ると食べる気は失せますが、食欲というものはそれを上回りますから、人間とはおもしろいものです。

No:876 2012/05/17 12:32 | ピッコロ #UYqLhazk URL編集 ]

猪刺

秘密の一品に喰いついてしまいました。いのししってナマで食べられるのですか?!
山口(?というより更に狭い範囲で、山奥の農村である当地だけ?)では、田植えの後の「泥落とし」という慰労の飲み会で、しし肉を焼き肉にしてますが。獲った猪を近所の川で長いこと血抜きして(見る勇気はないので話で聞くだけのオニ嫁です)調理するようです。刺身で食べるには、どんな処理をするのでしょうか?

No:875 2012/05/16 18:29 | オニ嫁 #- URL [ 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

2012/05/17 | まとめwoネタ速neo |

まとめtyaiました【「与作」益田市】

益田の夜は続きます。次にご案内いただいたのはとても庶民的な居酒屋さんです。お通しは「さざえ」です。「いわしの丸干し」です。頭からいただきます。これはめずらしい「鮎のうるか」です。結構な苦さなのでちょっとなめていただくのですが、これがまた最高の酒のあてに...

 | BLOG TOP |