「日本海」京都→秋田

和歌山→京都→秋田→岩手→宮城→福島→東京→和歌山ぐるっと一筆書きの旅の報告第一弾です。
3月のダイヤ改正で大阪と青森を結ぶ寝台特急「日本海」が廃止となることは、興味のある方はご存知のことと思います。
久しく夜行列車に乗っていない二朗も廃止の前にということで、東北地方への出張の機会ができたので、結構事前に予約して乗り込みました。
今回の旅のチケットです。
経由が多すぎて手書きになっています。
P1120027(1).jpg

京都駅から乗り込みます。
こんな表示もなくなるんですね。
P1110950(1)_20120221213605.jpg


と、物思いにふけっていると、ホームに「日本海」が到着しました。
P1110954(1)_20120221213605.jpg

こんな趣のある写真ももう撮れなくなるんですね!
P1110961(1).jpg

乗り込むとお客さんが増える前に車内撮影です。
まずは、我々のB寝台からです。
P1110962(1)_20120221213604.jpg
P1110963(1).jpg
P1110965(1).jpg

こちらはA寝台です。
仲間と乗り込むときはB寝台に限りますね。
P1110966(1)_20120221214029.jpg

列車の連結部分では、こんな写真が撮れます。
P1110996(1).jpg

一番後ろは、車掌室がなく、こんな写真も撮影可能です。
P1120002(1)_20120221214028.jpg

宴会をしながら乗っていると、
P1120006(1).jpg

を過ぎ、こちらに到着です。
P1120007(1).jpg

他の駅は1分程度の停車ですが、こちらだけ5分です。
多くの「てっちゃん」が列車の写真を撮りに動き回ります。
二朗も負けじと撮り歩きました。
こちらは「日本海」の最後部です。
P1120009(1).jpg

こちらは先頭です。
P1120016(1).jpg

二両目は、機械が載っかっていました。
P1120020(1).jpg

朝の5時32分に、無事秋田駅に到着しました。
P1120029(1).jpg

こんな表示を見ると秋田にきた実感がわきます。
P1120032(1).jpg

駅の構内には「D51」の模型がありました。
P1120031(1).jpg

瀬戸大橋の開通時に「瀬戸」に乗って以来26年ぶりの寝台列車乗車でした。
寝付きの悪い二朗には、夜行列車は向いていないようで、列車が「コットン」と揺れるたびに目が覚め、ほとんど寝れずに朝を迎えたのでありました。
でも、雰囲気は十分楽しみ、満足でした。
こんな趣のある旅も今後は出来る機会がだんだんなくなっていくんですね。
寂しい限りです。



人気ブログランキングへ

にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村

2012/02/21 21:49 | COMMENT(2)TRACKBACK(0)

コメント

ピッコロさんへ

そうですね。
西村京太郎は巧みに夜行列車を使っていますからね。

No:796 2012/02/22 23:39 | 二朗 #- URL [ 編集 ]

お疲れ様でした

夜行列車共々「お疲れ様でした」です。廃止の旅に思います。ピッコロも昭和の時代に、虎ノ門行きには「あさかぜ」を利用したものです。
ところで、一番残念なのは「西村京太郎氏」かもしれないですね。十津川警部やカメさんも乗れなくなります。

No:794 2012/02/22 08:48 | ピッコロ #UYqLhazk URL編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |