「薬王寺の牛(薬王寺)」和歌山市

和歌山県内の各地に伝えられているさまざまな民話や伝承、史跡の由来、実在の物語などを伝える「紀州民話の旅」第14弾は、和歌山市薬勝寺の「薬王寺」です。
小さなお寺は、静かに佇んでいます。
日暮れ直前だったので暗くて写真は「いまさん」です。
P1110934(1).jpg
P1110933(1)_20120219140535.jpg
P1110936(1)_20120219140534.jpg

「薬王寺の牛」
天平というから、いまから約千二百五十年も昔のこと。
ある日、この村の薬王寺の門前に、一頭のたくましい牡牛が現われた。
飼い主がわからないまま、和尚が物置きで飼うことにしたのだが、その夜、和尚の夢枕に牛が現われ「自分はかつて世話になった者で、その恩返しに働きたい」という。
やがて三年。
村人にも重宝がられたこの牛は、すっかりやせ細り、そのうち、どこへともなく姿を消してしまった……。
これもやはり、報恩物語のひとつではあるが、もう土地の人も、そんな話はほとんど知らない。
ただ古老が、かつてこの寺は、七堂伽藍の大きな寺だったと教えてくれた。
でも、いまはすっかりさびれてしまい、薬師堂の前の大ケヤキだけが、当時の勢威を語るかのように、静かに枝をそよがせているだけだった。


(所在地)
 和歌山市薬勝寺129
(電話番号)
 073-479-0589
HP


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村

2012/02/19 14:14 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |