FC2ブログ

おしゃれな店内でおいしい料理に“熱中”しましょう!「熱中食堂」更別村

グルメランチの報告です。

今日は十勝更別村に出没!
ランチは今日お泊りする熱中ビレッジにあるこちらの食堂で。
食堂といいながら外観も店内もとてもお洒落。
清潔感漂う店内は白が基調でさわやかな雰囲気です。
P1550171(1).jpg
P1100319(1).jpg
P1550174(1)(1).jpg
P1550180(1).jpg

「キーマカレー」をいただきます。
たっぷりの挽肉が地元の食材とコラボしています。
卵をあえていただきます。
卵の甘みからかそんなに辛さは感じません。
奥深い味に仕上がっています。
P1550190(1).jpg

もれなく新鮮野菜「サラダ」と
P1550184(1).jpg

暖かい「スープ」と
P1550188(1).jpg

「コーヒー」が付いてきます。
P1550195(1).jpg

雰囲気も味もバッチリでした!


(所在地)
北海道河西郡更別村南1線93-38 熱中小学校

(電話番号)
0155-67-5959
メニュー
食べログ

食堂のある熱中キャンパスの説明です。
政府の地方創生事業である“熱中小学校プロジェクト”の一環として再開発された複合商業施設で、ノスタルジー&アウトドアをイメージした宿泊施設 “熱中ゲストハウス”、十勝の農村を背景に持つイタリアンレストラン “熱中食堂”、学術研究や起業、情報発信、商品販売の基地として設計された “熱中ビジネスセンター”を中心にした、レンタルスペース、商業スペースが町家をのように並ぶ、交流&カルチャーのための複合施設です。
熱中小学校は、廃校・空き施設を利用して、皆さまに出会いと学びを提供する場で、政府の地方創生事業として、現在全国10地域で1000名を超える社会人生徒が学ぶ「大人の学校」です。
コンセプトは「もう一度7歳の目で…」。

P1100325(1).jpg
P1100336(1).jpg
P1100331(1)_201909231021083d7.jpg
P1100318(1)_201909231021059b5.jpg
P1100316(1)_201909231021046c8.jpg
P1100426(1).jpg

地域づくりに興味のある方、是非こちらを覗いてみてください!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村

2019/10/30 07:00 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

江差いにしえ街道にあるラーメン屋さんは濃厚白みそスープがおすすめ!「麺や 壱」江差町

グルメランチの報告です。

江差訪問の最後の食事は、町の真ん中を走るいにしえ街道にアこちらのラーメン屋さんへ。
黄色の目立つ暖簾をくぐって入店すると、店内はアットホーム感満載。
テーブル席8席のほか小上がりもあります。
カウンターの端っこを陣取りました。
P1550158(1).jpg

「白味噌」をいただきます。
具材は、白ネギと半熟味玉と大き目のチャーシューといたってシンプル!
まずはスープを一口。
けっこう濃厚で魚介の効かせ方も嫌味にならなくていい感じです。
麺はゆる縮れの細麺でつるつるした食感を楽しみます。
チャーシューは気持ち甘めのトロトロめ。
メンマは程よい硬さで味玉の半熟加減も実に絶妙です。
P1550159(1).jpg


(所在地)
北海道檜山郡江差町字中歌町68
(電話番号)
0139-52-5212
メニュー
食べログ


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村

2019/10/28 07:00 | COMMENT(2)TRACKBACK(0)

隠れ家的な場所にある江差の銘店居酒屋!「さと水」江差町

江差の夜は続きます。
引き続き地元民にご案内いただいてお伺いしたのがこちらのお店。
店構え同様店内も落ち着いた雰囲気が漂っていて、居酒屋というより割烹と呼んだほうがいいのでは・・・
P1550142(1).jpg

まずは「お通し」です。
なんとも上品なお味。
P1550146(1).jpg

本日のお勧めの一つ「青ツブの味噌たたき」です。
新鮮なツブが味噌に守られて奥深い味に仕上がっています。
P1550151(1).jpg

「マグロとタコのサラダ」は、なんとも贅沢な一品。
チーズが絶妙のアクセントになっています。
P1550155(1).jpg

どの料理もとても丁寧に仕上げられていて、レベルの高さを感じられます。
今度はコース料理をいただいてみたいものです!


(所在地)
北海道檜山郡江差町新地町26-9

(電話番号)
0139-52-5514
メニュー
食べログ


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村

2019/10/26 07:00 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

江差追分の本場でいただくイタリアンはカジュアルな感じです!「パレス」江差町

今宵は江差追分の本場江差町にお伺いし、地元民にご案内いただいたのがこちらのお店。
カジュアルな感じのイタリアンレストランです。
店構え同様店内はこじゃれた感じで若者も喜びそう・・・
P1550140(1).jpg

コース料理をいただきます。
まずは、「キノコのクリーム煮」。
いろんなきのこがたっぷり入っています。
P1550101(1).jpg

「フルーツポークの塩ポトフ」のお肉はじっくり煮込まれていて、とても柔らか。
P1550110(1).jpg

「ヒラマサのカルパッチョ」は上品に仕上げられています。
P1550116(1).jpg

「エビのアヒージョ」です。
熱々の状態でいただきます。
P1550120(1).jpg

「ひじきのサラダ」は健康によさそう・・・
P1550109(1).jpg

「サラミと黒豆のピッツァ」です。
黒豆は珍しい・・・
P1550126(1).jpg

「ベーコンのペペロンチーノ」もボリュームたっぷり!
P1550134(1).jpg

「チキングリルポテト添え」です。
ジューシーでとっても美味でした。
P1550129(1).jpg

こちらのコース、2時間の飲み放題がついてなんと3,500円ととってもリーズナブルなんです。
CPも味もバッチリでした!


(所在地)
北海道檜山郡江差町新地町27-3

(電話番号)
0139-52-2696
メニュー
食べログ


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村

2019/10/24 07:00 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

帯広出身の店主が10年かけて完成した自慢の帯広豚丼が味わえる食肉加工卸会社が直営の炭火焼豚丼専門店!「ぶたいち 帯広本店」帯広市

グルメランチの報告です。

道東の旅の最後は帯広市に出没!
帯広といえばやはり豚丼です。
いろんなお店がある中で二朗がチョイスしたのがこちらのお店。
お店の前には長蛇の列ができていますが、くじけずに並びます。
店内は、カウンター8席の他テーブル席がたくさんあって、計30席。
老若男女で大賑わいです。
P1550085(1).jpg

「特上ミックス丼」をいただきます。
P1550088(1).jpg


バラ肉、ロース肉がそれぞれ5枚ずつ、豪快に盛り付けられています。
ご飯の姿を見ることができません・・・
ミックスなので肉は交互にいただくことにします。
まずはロースから。
肉厚な分、ちょっと歯応えあります。
バラの脂っこさは帯広の豚丼の中ではピカイチです。
バラのお肉は薄めなので食べやすい。
タレの味は濃いめです。
P1550092(1).jpg

お腹いっぱいになりました。


(所在地)
北海道帯広市西8条南11丁目

(電話番号)
0155-26-4129
メニュー
食べログ

今回の旅は、釧路からぐるっと道東を回って帯広まで!
愛車で約1,000キロ走り回りました。
お江戸のお友達、楽しんでいただけましたでしょうか?


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村

2019/10/22 07:00 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

糠平周辺で採れた山菜や野草、十勝の畑でとれた食材中心のお料理とこんこんと湧き出る温泉と心温まるおもてなしがたまらない宿!「中村屋」上士幌町

道東の旅は続き、十勝上士幌町糠平温泉にお伺いし、今宵はこちらにお泊りします。
仲のいい人たちお勧めのお宿です。
外観は決してていい印象を持てませんが、中に入ると風情のあるたたずまい。
古い旅館を上手に生かすというのはこういうことを言うのでしょうか・・・
P1100261(1).jpg

木の温もりタップリの食堂です。
P1550073(1).jpg

お待ちかねの夕食です。
まずは「ちょっと一皿」
P1550029(1).jpg

「ワラビとコゴミの一本漬」と「大根のハスカップ漬」
P1550046(1).jpg

「クリームチーズの冷奴風」
P1550039(1).jpg

「栗豆の甘煮」
P1550042(1).jpg

「ワカサギの佃煮」
P1550045(1).jpg


「切り干し大根と黒豆の出汁浸し」
P1550030(1).jpg

「ワラビの煮付け」
P1550033(1).jpg

「上士幌ポークの陶板」は、アイヌネギのポン酢でいただきます。
P1550037(1).jpg

「ニジマスのマリネ」
P1550048(1).jpg

「牛乳の冷製茶碗蒸し」
P1550053(1).jpg

「白蕪の風呂吹き」には、柚子味噌胡椒がかけられています。
P1550057(1).jpg

「蝦夷鹿のロースト」
P1550062(1).jpg

「野草の天ぷら」です。
ミント、ドクダミ、アカツメグサ、タンポポ、ヤマブドウとどこにでもあるようなものばかり。
くせがなく普通に頂けました。
P1550065(1).jpg

「八列どうきびのムース」は、山葡萄ソースでいただきます。
P1550074(1).jpg

山の幸たっぷりの料理の数々はどれもとても丁寧に仕上げられていて、上品でした。

(所在地)
北海道河東郡上士幌町ぬかびら源泉郷

(電話番号)
01564-4-2311
メニュー
食べログ
HP

こちらのお宿の特徴の一つは、露天風呂が混浴だということ。
出発前にトライしましたが、貸し切りでした・・・
糠平温泉お泊りの際は、ぜひこちらをチョイスしてみてください。

翌朝は、早起きしてタウシュベツ橋梁見学に出かけました。
いつもの年だと初夏には水没する橋が、今年は雨が少なかったからかこの時期に見ごろを迎えています。
初めて眼鏡状態の橋の写真撮影に成功しました。
P1010985(1).jpg
P1100282(1).jpg
P1100294(1).jpg





人気ブログランキングへ

にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村

2019/10/20 07:00 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

摩周産の玄蕎麦を石臼で挽いたお蕎麦を堪能できます!「味匠もり」標茶町

グルメランチの報告です。

お江戸からのお客さんを案内する道東の旅は、観光地を巡って、標茶町にやってきました。
どこでいただこうかとググッてチョイスしたのがこちらのお蕎麦屋さんです。
店構え同様店内はとても落ち着いた感じ。
お昼前の入店で、先客はなし。
大きなテーブルにご案内いただきました。
P1550003(1).jpg
P1550004(1).jpg

季節限定の「夏野菜のカレーせいろ」をいただきます。
P1550018(1).jpg

大きな具がまず目に入ります。
素揚げされた夏野菜は、アスパラとナスとカボチャとトマト。
あたたかいカレーのつけ汁は、スパイシーと言うよりダシがよく出ている感じ。
野菜とつけ汁の相性はバッチリ。
汁の中には豚肉が入っていました。
P1550023(1).jpg

お蕎麦は、程よいコシあり&喉越しもバッチリで美味しくいただきました。
P1550019(1).jpg

こちらはマウントリバーさんがいただいた「おろしそば」です。
辛目の大根おろしとの相性もよさそうです。
P1550016(1).jpg

食べてる最中に出された蕎麦湯は中濃です。
後半食べていると、冷たいそば茶も出してくれました。
なんとも心地よい一時を過ごすことができました。


(所在地)
北海道川上郡標茶町開運3-5

(電話番号)
015-485-3367
メニュー
食べログ


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村

2019/10/18 07:00 | COMMENT(4)TRACKBACK(0)

ウトロにある食事処は心にゆとりをもってお伺いしましょう!「二代目 太助」斜里町

グルメランチの報告です。

釧路での仕事を終えて、お江戸からのお客さんを釧路空港で出迎えて、道東の旅は続きます。
知床半島ウトロにお伺いしました。
ランチをいただけるお店が限られていて、目指していたお店は長蛇の列。
お客さんは遊覧船に乗るため、時間がなかったので、あきらめて、空いてそうなこちらのお店へ。
店内は田舎の食堂って感じで、ひなびた感たっぷり。
先客は一組のみ。
我々が入店後に複数のグループが入店して来ました。
P1540991(1).jpg

「さんま定食」をいただきます。
P1540993(1).jpg

さんまはなんと2尾、こんなの初めて!
さすが猟師町です。
獲れたてさんまはそれはそれは美味でした。
P1540994(1).jpg

もれなく「切り干し大根」も付いてきました。
P1540999(1).jpg

この定食は1,500円。
さんまが2尾でも高いですよね。
他のメニューも高め・・・
食べログの評価もあまりよくなさそう・・・
でも、この界隈に店も多くないので、ランチの後に遊覧船に乗るなど予定が詰まっているときは重宝しているはずです。


(所在地)
北海道斜里郡斜里町ウトロ東47

(電話番号)
0152-24-2021
メニュー
食べログ


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村

2019/10/16 07:00 | COMMENT(2)TRACKBACK(0)

釧路名物つぶ焼をラーメンとともに二次会で是非どうぞ!「つぶ焼 かど屋」釧路市

釧路の夜は続きます。
二次会でお伺いしたのがこちらのお店。
店名どおり角にあるつぶ貝の専門店です。
大変な人気店で、お客さんの入れ替わりのタイミングで入店できました。
P1540977(1).jpg

こちらのお店メニューはつぶ貝とラーメンのみです。
当然のようにつぶ貝とビール注文します。
ご覧のように穴の空いた木の器につぶが乗っけられて提供されます。
焼かれたつぶには秘伝のタレが入れられています。
長めの串で丁寧に貝を取り出し頂きます。
コリコリ感たっぷりでつぶ好きの二朗には最高のビールのあてです。
残ったスープもいただきます。
これは旨い!
P1540982(1).jpg

そして最近パスしている飲んだ後のラーメンを解禁!
真っ黒なスープです。
まずはスープを一口。
しょっぱいかなーって思ったら、全くそんな感じはありません。
驚くほどサッパリしています。
麺は低加水の細縮れ麺。
チャーシューはしっかり味の付いた昔ながらの歯ごたえのあるタイプでした。
P1540984(1).jpg

釧路訪問の際は是非こちらで二次会を!


(所在地)
北海道釧路市栄町4-1

(電話番号)
0154-24-4039
メニュー
食べログ


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村

2019/10/14 07:00 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

昭和のにおいがプンプンする焼鳥屋は名物のウニワサやサンマンマがいただけて独創性たっぷりです!「鳥政」釧路市

釧路の夜は地元民にご案内いただいてこちらの焼き鳥屋さんへ。
P1540923(1).jpg

実に趣のある店構えです。
P1540924(1).jpg

店内は、ご覧のように昭和のにおいがプンプン!
水原弘のハイアースの看板もありました。
店内は結構な広さですが、たくさんのお客さんで大賑わい!
有名店なんですね。
P1540928(1).jpg

「お通し」はご覧のように盛りだくさん!
シメサバとサーモン、エビと舞茸の天ぷらです。
これだけでつまみになります。
P1540931(1).jpg

「ねぎま」と「砂肝」と「ナンコツ」です。
お肉が大きめで柔らか。
P1540948(1).jpg

「鳥皮おろし」です。
たっぷりの大根おろしの下に鳥皮が潜んでいます。
P1540945(1).jpg

「うにわさ」です。
なんとも贅沢な一品!
時価です・・・
個人的には別々にいただいたほうがいいかもと思いました・・・
P1540962(1).jpg

「手羽先」です。
なんともビッグサイズ!
P1540957(1).jpg

「シーザーサラダ」はとってもきれい!
P1540939(1).jpg

「若鶏の半身揚げ」です。
超ビッグサイズ!
ですが、肉はとても柔らかでジューシー・・・
P1540970(1).jpg

当店名物「さんまんま」です。
さんまんまとは?
「頭と骨を抜き取ったサンマの開きを甘めの醤油ダレに一晩漬け込み、別の醤油ダレで炊いた道産米ともち米のおこわを丸ごとサンマに抱かせて炭火で焼き上げる。焦げ目のついたパリッとした皮の食感、したたる脂をご飯との間に挟んだ大葉が受け止め、サンマの風味を引き立てる」
(by朝日新聞)

さんまの皮がパリッと焼かれていて、クドさを大葉で和らげ、皮の下にはおこわ入りのご飯がたっぷり。
添えてあるお椀はの中の汁は、すまし汁的な感じで、その中でさんまんまを崩しワサビを入れると、お茶漬け風にサラサラ食べられます。
P1540952(1).jpg

病み付きになってしまいそうな料理の数々に満足感高めの二朗だったのでありました、


(所在地)
北海道釧路市栄町3-2

(電話番号)
0154-24-4675
メニュー
食べログ


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村

2019/10/12 07:00 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

 | BLOG TOP |  NEXT»»