FC2ブログ

美味な刺身をいただける居酒屋はお勧めです!「北の海鮮ろばた 魚吉 (うおきち)」稚内市

礼文島観光を終えて、夕方のフェリーで稚内に戻ってきました。
ホテルに荷物を置いて、夕食に出かけます。
ホテルのフロントで紹介してもらったのがこちらの居酒屋。
いい感じでしょ!
店内は結構広くって、たくさんのお客さんで賑わっています。
店員さんは国際色豊か。
でもちゃんと日本語は通じます。
P1540265(1).jpg

「お通し」は、ふきと油揚げの煮物。
二朗の年代にはたまらない一品です。
P1540267(1).jpg

「刺身の二品盛」です。
タコとホタテをチョイスしました。
タコの弾力感はすごかった・・・・
噛んでも噛んでも口の中で存在感を示しています。
P1540272(1).jpg

「ネギ塩ホルモン」です。
これも弾力感たっぷり!
噛めば噛むほど肉の味が出てきます。
P1540278(1).jpg

二朗の大好きな「砂肝」です。
独特の食感を楽しめました。
P1540281(1).jpg

「野菜たっぷりサラダ」はボリュームたっぷり。
P1540274(1).jpg

美味な刺身に大満足の二朗だったのでありました。


(所在地)
北海道稚内市大黒2-7-32 マル金ビル2F

(電話番号)
0162-24-7641
メニュー
食べログ


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村

2019/08/21 07:00 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

最果ての島にある普通の食堂は観光客とともに地元民に愛されていて大賑わい!「双葉食堂」礼文町

礼文島訪問の翌日は、島内観光に出かけます。
島内の移動は、輪行袋に入れて持ってきたロードバイクで!
品数たっぷりの朝食をいただいてから出発です。
10分ほどで見内神社へ。
利尻富士をバックにパチリ。
P1100089(1).jpg

さらに20分ほど走って、内路の礼文岳登山口へ。
P1100093(1).jpg

自転車を置いて、頂上を目指します。
標高490メートル片道約4キロですので、70分ほどで頂上に到着です。
あいにくの曇天ですが、360度のパノラマを楽しむことができました。
P1100107(1)_20190810140022b96.jpg
P1100106(1).jpg
P1100104(1).jpg

下山後は、島の北端スコトン岬へ。
トド島がすぐそこに見えます。
P1100153(1).jpg
P1100161(1).jpg

そろそろお昼時になってきました。
どこでいただこうかググッてみましたが、選択肢はほとんどなさそう・・・
ということでチョイスしたのはこちらの食堂。
渋さたっぷり・・・
店内は場末の食堂そのもの!
店内は予想外に結構広くてびっくり。
テーブル席のほかに、たくさんの小上がりがあって、さらにカウンター席も。
店内は地元民と観光客で大賑わいです。
お客さんの姿を見ると、手持ち無沙汰そうな人たちがたくさんおられます。
一瞬にして、料理が出てくるまで結構な時間がかかりそうと予想します。
確かに客の割には店員は少ないです。
本棚にあった「黄昏流星群」の文庫本を数冊持って長期戦に備えました。
P1540255(1).jpg
P1540257(1).jpg

待つこと40分、「親子丼」が提供されました。
P1540258(1).jpg

早速いただきます。
見た目ほど味は濃くなく、肉も大きめ、関西生まれの二朗好みの味付けでした。
P1540262(1).jpg

素朴な丼もたまにはいいものです。


(所在地)
北海道礼文郡礼文町大字船泊村大備

(電話番号)
0163-87-2075
メニュー
食べログ

食後は一路南下し、元地の地獄岩へ。
地獄岩は、屹立する尖塔状の岩体で,地層の差別侵食によって形成されたそうです。
P1100165(1).jpg

その後は、桃岩展望台入口から展望台まで歩きます。
展望台からは目前に桃岩が現れました。
確かに桃の形をしています。
P1100178(1).jpg

遠くには午前中登った礼文岳を見ることができました。
P1100179(1).jpg

自転車での走行距離は63キロ。
アップダウンも適度にあって、いい運動になりました。
あわただしく見て廻った礼文島訪問でした。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村

2019/08/19 07:00 | COMMENT(1)TRACKBACK(0)

平成11年5月オープン全8室の小さな旅館は茜色に染まる利尻富士を眺めながらゆったりとした時間を過ごすことができます!「旅館 かもめ荘」礼文町

今回の道北の旅の目的地は、これまで未踏の地であった礼文島です。
稚内港からフェリーに乗って、夕方到着です。
早速宿に向かいます。
予約した宿は香深港から程近いこちら。
客室がとてもきれいなアットホームな宿です。
P1100088(1)_20190805214645116.jpg
P1100086(1)_20190805214647b2d.jpg

宿の玄関からは、目の前に利尻富士がその姿を見せてくれています。
IMG_3255(1).jpg


お風呂をいただいた後は、早速お待ち金の夕食です。
ご覧のようにとても豪華!
P1540216(1).jpg

「お造り」は、ボタンエビにタコにマグロ!
P1540221(1).jpg

「ズワイガニ」
P1540224(1).jpg

「ホッケの煮物」
P1540218(1).jpg

「牛ヒレ肉」は、陶板で焼いていただきます。
P1540233(1).jpg

「ホタテ」をグラタン風に焼いてあります。P1540244(1).jpg

「いくら」
P1540238(1).jpg

「うに」です。
P1540231(1).jpg

当店名物「じゃがいもまんじゅうカニ餡」は箸を入れるとくずれていきます。
P1540245(1).jpg

「酢の物もずく」
P1540228(1).jpg

「えんどう豆の和え物」
P1540226(1).jpg

〆は「デザート白玉フルーツの黒蜜」です。
結構な甘さでした。
P1540253(1).jpg

美味な料理の数々にとても幸せな気分になりました。


(所在地)
北海道礼文郡礼文町香深村字トンナイ

(電話番号)
0163-86-1873
食べログ


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村

2019/08/17 07:00 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

日本最北のお蕎麦屋さんでは上品なこだわりの麺がいただけます!「はるな家」稚内市

今日から道北の旅に出ます。
札幌を出発し、オロロン街道をひたすら北に!
天塩町に入ると、目前に大きな風車が現れました。
オトンルイ風力発電所です。
南北3.1 kmに渡って28基の風車が立ち並んでいる姿は絶景です!
P1010811(1).jpg

サロベツ湿原に入ると真っ直ぐな道!
空につながっているように見えます。
P1010819(1).jpg

稚内に到着し、早速宗谷岬へ。
天気もまずまず。
景色を楽しみます。
P1100076(1).jpg
P1010824(1).jpg
P1100079(1).jpg

お昼時になったので、稚内市内でランチをいただきます。
チョイスしたのはこちらのお店。
日本最北のお蕎麦屋さんです。
店構え同様店内は落ち着いた雰囲気が漂っています。
人気店で多くのお客さんで賑わっています。
P1540201(1).jpg

季節限定の「おろしそば」をいただきます。
大根はチョイスできて、辛味大根にしました。
P1540205(1).jpg

細めの麺は喉越しなめらかで、噛むと押し返すような強いコシがあり、蕎麦の風味がたっぷり。
とても上品で美味です。
P1540209(1).jpg

辛味大根はご覧のように紫色。
かなりの辛さを覚悟したのですが、それほどでもありませんでした・・・
P1540211(1).jpg

稚内訪問の際には是非上品なおそばを食してみてください。


(所在地)
北海道稚内市末広3-2-24

(電話番号)
0162-24-5882
メニュー
食べログ
HP


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村

2019/08/15 07:00 | COMMENT(2)TRACKBACK(0)

ちょい呑みに最高の立ち呑み処はCPも抜群!「酔円」札幌市中央区北3条

今宵はとあるパーティーの前に準備体操ということで、職場仲間のリトルリバーさんを誘ってこちらへ。
地下鉄さっぽろ駅から程近い日生ビルの地下にある立ち呑み屋さんです。
小奇麗ななビルと同様店構えもとてもお洒落。
間口は狭いですが、店内は奥に長く、多くのお客さんで賑わっています。
IMG_3235(1).jpg

まずは「つまみセット」です。

IMG_3237(1).jpg

「豚串」と二朗の定番「砂肝」です。
本格的な焼き物です。
IMG_3240(1).jpg

「イカゲソ」はボリュームたっぷり。
IMG_3239(1).jpg

めずらしい「電気ブラン」がありました。
IMG_3244(1).jpg

つまみはどれも300円前後。
電気ブランにいたっては1杯350円といたってお得。
ちゃんとしたつまみをいただけて、最高のCP!
サクッと呑むには最高のお店です。
皆さん是非立ち寄ってみてください。


(所在地)
札幌市中央区北三条西4日本生命ビルB1F

(電話番号)
011-233-0141
メニュー
食べログ


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村

2019/08/13 07:00 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

清潔感漂う完全個室の居酒屋は料理も居心地もばっちり!「鮮や一夜」新宿

今宵は、新宿に出没し、20歳のころからお世話になっている先輩たちとの久しぶりの懇親会です。
新宿も実に久しぶりでいつ以来かと自分のブログで確認すると2年4か月ぶりでした。
会場選びをお願いしたマウントリバーさんがチョイスしたのは新宿駅からほど近いところにあるこちらの居酒屋。
店構え同様店内は、清潔感が漂っていて、完全個室でほかのお客さんを気にすることなく、会話を楽しめます。
注文はすべてタブレットで行う仕組み。
おじさんたちはちょっと抵抗を感じますね。
P1530942(1).jpg

コース料理ではなく、アラカルトで好きなものをいただきます。
お通しは「トウモロコシの香ばしあえ」です。
コーンの甘みをたっぷり楽しめます。
P1530946(1).jpg

「お刺身盛り合わせ」はなんと10種も!
どれも新鮮で美味でした。
P1530964(1).jpg

「鮮や一夜特製出汁巻き玉子」はフワフワに仕上がっています。
出汁がしっかり出ていました。
P1530949(1).jpg

「合鴨ロースの葱サラダ」です。
お肉はとても柔らか!
P1530956(1).jpg

「牛タンの炙りカルパッチョ温玉添え」です。
牛タンに温玉を絡ませると二つの味を楽しめます。
P1530957(1).jpg

「イカげそ鉄板焼きご飯~濃厚肝ソース~」は磯の香りがプンプン!
P1530967(1).jpg

どの料理も美味で会話も楽しく、あっという間に夜は更けていきました。
またお会いしましょうね!

(所在地)
新宿区新宿3-36-10 ミラザ新宿5F

(電話番号)
050-5869-1815
メニュー
食べログ


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村

2019/08/11 07:00 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

厳選した食材でオリジナル製法で作った自家製ダレと自家製の辣油で痺れと辛さを味わう汁なし坦々麺!「山椒家」新橋

グルメランチの報告です。
今日は久しぶりにお江戸に出没!
普段なかなかたべることができないものをということでチョイスしたのが、こちらのお店。
広島発の汁なし担々麺がいただけるお店は、新橋駅のSL広場からすぐのところにあります。
店はカウンターのみ10席と小ぢんまりしていて、掃除が行き届いていて清潔感を感じます。
P1530939(1).jpg

「白大辛味」をいただきます。
醤油味にゴマダレを足してまろやかな味に仕上がっています。
山椒がたっぷりかけられていて、口の中がしびれます。
しびれ具合がなんといい感じで、くせになりそう・・・
麺は中太やわらかめ。
たっぷり刺激をもらいました!
P1530934(1).jpg



(所在地)
港区新橋1-14-2 新橋センタービル 1F

(電話番号)
03-6206-1291
メニュー
食べログ


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村

2019/08/09 07:00 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

お勧めのランチのセットメニューはCP抜群!「中国料理 涼兎亭」札幌市手稲区富丘

グルメランチの報告です。
今日は何となく中華の気分でこちらのお店へ。
国道5号線沿いにある中華料理店は、看板の赤が目だっています。
店内は小奇麗ながらアットホーム感も漂っています。
ちょっと早い時間だったので、先客はなく二朗が一番乗り。
P1530906(1).jpg
P1530905(1).jpg

「日替わりセット」をいただきます。
本日の日替わりは「木耳と豚肉の玉子炒め」です。
P1530911(1).jpg

たっぷりの野菜とお肉が玉子といい感じで絡み合っています。
味付けもそんなに濃くなく、ご飯との愛称はバッチリでお代わりをしてしまいそう。
P1530912(1).jpg

揚げ物は「鶏ザンギ」です。
粗挽きの胡椒がいいアクセントになっています。
P1530915(1).jpg

もれなく「野菜サラダ」と
P1530920(1).jpg

「玉子スープ」が付いてきます。
スープはあっさり味です。P1530922(1).jpg

食後は「杏仁豆腐」!
お口直しには最高です。
P1530925(1).jpg

これだけ付いてきてこのセットは850円ととってもお得。
お手頃な中華料理店って1軒は身近にほしいですよね!


(所在地)
札幌市手稲区冨丘3条7-1-68 リンデンビル 1F

(電話番号)
011-681-3510
メニュー
食べログ


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村

2019/08/07 07:00 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

お勧めの晩酌セットでサクッと呑む、お財布に優しい居酒屋!「かっちゃん」札幌市中央区北5条

今宵は札幌市教育文化会館で行われたとあるコンサートの帰りに晩飯代わりに立ち寄ったのがこちらの居酒屋。
桑園駅からちょっと歩いたところにあります。
アットホーム感漂う店構えですが、店の外も店内も照明は控えめ。
店内は6席ほどのカウンターのほか小上がりもあって使い勝手はよさそう。
店は二朗よりも少々若めの店主が一人で営んでおられるよう。
P1530876(1).jpg
P1530878(1).jpg

入店する前から決めていた晩酌セットをいただきます。
まずは、「冷奴」と「板わさ」です。
冷奴に乗せられているわさびの醤油漬けは、豆腐に刺激を加えてくれています。
P1530880(1).jpg

「お刺身盛り合わせ」は三種。
どれも新鮮です。
P1530885(1).jpg

「揚げ物盛り合わせ」は、アジのフライとイカリング。
ボリュームたっぷり。
カラッと揚げられていて美味です。
P1530892(1).jpg

少食の二朗はこれで十分。
飲み物2杯が付いて1,650円と最高のCPです。
お近くの方、サクッと呑みたいときに立ち寄ってみてください!


(所在地)
札幌市中央区北5条西14-1-47

(電話番号)
011-281-7171
メニュー
食べログ


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村

2019/08/05 07:00 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

可愛い鶏のイラストが出迎えてくれる焼き鳥屋さんは人気店で大いに盛り上がっています!「焼鳥ダイニング ちきんくれすと」札幌市手稲区手稲本町

今宵は職場の仲間との懇親会。
親分がチョイスしたのがこちらの焼き鳥屋さん。
手稲駅から程近いところにあって、可愛い鶏のイラストの書かれた看板が優しく迎えてくれます。
店内は、カウンター6席のほか4人のテーブル席があり、計48席と結構な広さです。
P1530825(1).jpg

お通しは山盛りの「ビーフン」です。
P1530835(1).jpg

こちらは「オクラのお浸し」。
P1530830(1).jpg

「アスパラベーコン」は1人前二串です。
P1530837(1).jpg

揚げ物を適当に頼むと大きな「アジのフライ」も!
P1530843(1).jpg

二朗の定番「砂肝」も忘れずに!
P1530848(1).jpg

「ナンコツ」は歯ごたえたっぷり。
P1530858(1).jpg

「カワ」もいい焼き加減。
P1530864(1).jpg

「レバー」にお肉はビッグ!
P1530869(1).jpg

「タコの炙り焼き」は塩胡椒で味付けされています。
P1530871(1).jpg

店員の対応も明るくて、いい雰囲気。
またお伺いしたいと思います!


(所在地)
札幌市手稲区手稲本町2条3-5-5 2.3ビル 2F

(電話番号)
011-839-3636
メニュー
食べログ


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村

2019/08/03 07:00 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

 | BLOG TOP |  NEXT»»