FC2ブログ

懐かしい響き、美味しい「支那そば」がいただけるラーメン屋さん「ちばき屋」仙台市

グルメランチの報告です。

今日は仙台に出没し、お昼時だったのでどこかいい店ないかなってウロウロしてたどり着いたのがこちらのラーメン屋さんです。
東京で有名なちばき屋の支店のようです。
二朗も一度本店にお伺いしていました。(その記事はこちら
店内はとても小奇麗で、広さもたっぷりです。
P1280456(1).jpg

「支那そば(塩)」をいただきます。
少し白濁した塩スープはいい感じです。
淡い感じがじつにいい。
いろいろな旨味が口の中に広がります。
丁寧に出汁を摂ったちゃんとした和食のお店のような印象が残ります。
麺は細めのストレート、スープとの相性はバッチリです。
カイワレも何気にいい仕事をしていました。
P1280454(1).jpg


(所在地)
仙台市宮城野区榴岡2-3-36 仙台蘭らんビル 1F

(電話番号)
022-297-5233
メニュー
食べログ
HP)


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村

2015/07/31 06:00 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

ニセコ羊蹄コロッケ街道でニセコ羊蹄コロッケ定食を食す!「五陣屋」ニセコ町

グルメランチの報告です。

今日はスキーのメッカであるニセコ町にお伺いしました。
以前スキーを楽しみにお伺いしましたが、夏の訪問は初めてです。
やはり冬とはまったく雰囲気がちがいますね。

地元の方にご案内いただいたのはこちらの和風レストランです。
いわゆる田舎の入りやすいひなびた感漂う食堂っぽいレストランですね。
地元の方らしき皆さんでそれなりに賑わっています。
DSC_1201(1).jpg

「ニセコ羊蹄コロッケ定食」をいただきます。
DSC_1194(1).jpg

コロッケは2種類。
右がベーコンで巻かれたもの。
左がミートボールの入ったカレー味です。
ベーコンにはさまれたじゃがいもはフワフワ感たっぷりです。
カレー味はけっこうピリ辛でご飯が進みます。
DSC_1196(1).jpg

ゴマそばは汁が関東風で味が濃いめですが、ごまの香ばしさと蕎麦の意外な出会いに新たな発見です。
DSC_1199(1).jpg

実はこの「ニセコ羊蹄コロッケ定食」はこの界隈を「ニセコ羊蹄コロッケ街道」と呼び、地域が一体となってB級グルメとして売り出しているようなんです。
そのうんちくを少々・・・
ことの発端は、(株)リクルート北海道じゃらん編集長ヒロ中田氏が誌面において、ニセコ羊蹄地域に地域の特産品を生かしたコロッケ街道をつくるなんてどうだろうと提言したのが始まりでした。
それはちょうど羊蹄山麓広域商工会青年部女性部にて地域興しにどんな事業を行ったらよいのだろうと、多面にわたり模索しているときでした。
中田氏の提言をヒントに、このニセコ羊蹄地域を地域の特産品を使ったコロッケ料理を各町村で提供し、それをルートとして結びつける事でコロッケ街道と銘打ち新たな観光資源として、コロッケを通して地域の特産品、農産品を提供する事で地域をPRしようと始まったのです。
「ニセコ羊蹄コロッケ定食」には次の定義があります。
・名称は「ニセコ羊蹄コロッケ定食」とする
・コロッケの主原料はニセコ羊蹄エリア産とし、手づくりとする
・単品メニューではなく、コロッケをメインとした定食(セット)メニューとする
・コロッケ以外のメニューもなるべくニセコ羊蹄エリア産の素材にこだわる
・ニセコ羊蹄、あるいは地元をモチーフとした演出とする
・米、小麦を使用する場合は、必ず北海道産とする
・料理コンセプト、産地、原料名、調理方法、特色などをメニューに明記する
・料金は税込1,000円以下とする

※この情報はこちらから拝借しました!

いいですねえ、こんな取組!
多くのお客さんに楽しんでもらえるようがんばってもらいたいと思います。


(所在地)
北海道虻田郡ニセコ町字元町74

(電話番号)
0136-44-3504
メニュー
食べログ
HP)

少々時間があったので、近くの「有島記念館」を訪問しました。
P1280438(1).jpg
P1280439(1).jpg
P1280444(1).jpg

はずかしいのか、残念ながら羊蹄山は雲に隠れていました。
P1280440(1).jpg

近くの道の駅にはこんな牛が二匹・・・
P1280437(1).jpg
P1280436(1).jpg

車でお伺いしたのですが、道中には北海道らしき景色が広がっていました。
P1280434(1).jpg
P1280435(1).jpg



人気ブログランキングへ

にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村

2015/07/29 06:00 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

漁港直送の新鮮魚貝、道産の旬野菜を取り入れた和・洋メニュー120品以上が揃い、四季に合わせたこだわりの一品も食することができるお店「華酔家」旭川市

今宵は旭川に出没です。

地元民にご案内いただいたのはこちらの小奇麗な居酒屋さんです。
豊富なメニューが特徴で、どれをいただくか迷ってしまいそう。
P1280431(1).jpg

まずはお通しの「ホタテのサラダ」です。
P1280404(1).jpg

漁港直送のお刺身もいただかないととチョイスしたのが「ホッキ」です。
しっかり歯ごたえで、甘みたっぷりです。
P1280424(1).jpg

シャキシャキの「野菜サラダ」です。
P1280410(1).jpg

二朗の定番「冷奴」です。
P1280405(1).jpg

「ザンギ」です。
中から肉汁があふれ出しました。
P1280415(1).jpg

「明太子入出汁巻き玉子」です。
これは美味!
P1280419(1).jpg

最後は「アスパラ」です。
新鮮で甘みを感じます。
P1280423(1).jpg

とってもいいお店にご案内いただき、幸せな気分になった二朗だったのでありました!


(所在地)
北海道旭川市一条通7

(電話番号)
0166-21-6886
メニュー
食べログ


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村

2015/07/28 06:00 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

カニ・鮭・帆立、北海道を代表する贅沢食材を使った弁当「ひぐまの贅沢おにぎり」札幌市

今日はスーパーカムイに乗って旭川にお出かけです。
乗り込む電車がちょうどお昼時発で時間もなかったので、札幌駅で弁当を調達しました。
少食の二朗は小さめのこちらをチョイスしました。
あっさり系の内容ですが、しっかり北海道の食材が使われていました。
さすが創業110年の老舗店です。
P1280393(1).jpg
P1280399(1).jpg


「札幌駅立売商会」
(所在地)
札幌市東区北8条東2丁目1番35号
(電話番号)
011-721-6101
(営業所)
札幌市北区北6条西4丁目(JR構内)
(電話番号)
011-213-5080
HP


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村

2015/07/26 06:00 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

ボリューム満点の真黒なカレー、20人待ちの列に並んでも食すべき!「キッチン南海」神保町

グルメランチの報告です。

今日はお江戸にお出かけしました。
お伺いしたのは神保町、神保町と言えばカレーのメッカですよね。
どこかいい店ないかなって食べログを検索すると目に付いたのがこちらの洋食屋さんです。
大変な人気店で行列必死です。
お昼時を過ぎての訪問だったのですが、店の前には長い列が・・・
くじけずに並ぶと案外回転ははやくて、10分足らずで店内へ。
店構えもそうですが、店内はもっとひなびた感たっぷり。
決してキレイとはいえませんがどこかホッとします。
カウンターとテーブル席がありますがどこも結構せまくて太っている人がいると大変そう・・・
P1280387(1).jpg

こちらの人気ナンバーワンの「カツカレー」をいただきます。
大きめの丸皿に、ご飯、トンカツ、千切りキャベツが山のように乗せられ、その麓に真っ黒なカレーが並々とかけられています。
そして、懐かしい紙ナプキンに包まれたスプーンも一緒に運ばれて来ました。
ごらんのようにカレーから湯気がこれでもかって感じで・・・
漆黒のカレーに福神漬けをたっぷり乗せて食べ始めます。
カレーは適度なコクとスパイス感があり、もっと辛いかと思いましたが、二朗には丁度良い按配でどんどん食べ進んで行きます。
トンカツは学食を思い出させる薄い肉厚のとんかつで、衣にカレーを染み込ませていただきます。
結構なボリュームにお腹はパンパンです。
この値段でこのボリュームとテイストなら行列ができることも納得です。
また食べたくなる老舗のカレーですね。
P1280382(1).jpg


(所在地)
千代田区神田神保町1-5

(電話番号)
03-3292-0036
メニュー
食べログ


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村

2015/07/25 06:00 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

美瑛・富良野のドライブの途中で立ち寄ったおしゃれなホテルでオムカレーを食する幸せ!「富良野ナチュラルダイニング」富良野市

3連休の初日、東京勤務時代の後輩のセキちゃんを誘ってドライブに出かけました。
この時期のドライブとなるとラベンダー見学しかありませんよね。
札幌北インターから高速に乗り、旭川で降りて、まずお伺いしたのがこちら「せるぶの丘」です。
まだ時間が早いからかとんでもない混みようではありませんが、多くの観光客で賑わっています。
きれいな花が整然と植えられています。
ラベンダーもとっていい色しています。
P1280668(1).jpg
「せるぶの丘」
(所在地)
北海道上川郡美瑛町大三

(電話番号)
0166-92-3160
HP)


次にお伺いしたのが白金温泉の手前にあるこちらの「青い池」です。
なんとも不思議な色ですよね。
晴天だともっと色が映えるんでしょうが・・・
P1280674(1).jpg
P1280676(1).jpg
では解説を!
この池は1988年(昭和63年)12月に噴火した十勝岳の堆積物による火山泥流災害を防ぐため、美瑛川本流に複数建設された堰堤のひとつに水が溜まったものである。
この堰堤はコンクリートブロックによるもので、北海道開発局により1989年(平成元年)6月に着工され同年年末に完成した。美瑛川を横切る形で施工され、本流から離れた両岸の森林内部まで堰堤が造られた結果、美瑛川左岸側のブロック堰堤に水が溜まるようになり、周囲に自生していたカラマツ、白樺等の樹木は、水没し立ち枯れた。したがって、目的を持って造られた溜池や貯水池などとは異なり、青い池は偶発的に人造池となったものである。
この付近の湧水には水酸化アルミニウムなど、主に白色系の微粒子が含まれており、美瑛川本流の水と混ざることによって分散され一種のコロイドが生成される。水中に差し込んだ太陽光がコロイドの粒子と衝突散乱して水の吸収による青色の透過光が加わり、美しい青色に見えると言われている。
水の青さと立ち枯れた木々の幻想的な景観から、その存在がカメラマン等を中心に口コミで広がり、いつの頃から誰からともなく「青い池」と呼ばれるようになった。

※この情報はこちらから拝借しました。
「青い池」
(所在地)
北海道上川郡美瑛町白金

HP)


「青い池」を北上すると白金温泉にきれいな滝が出没しました。
「しろひげの滝」というそうです。
シャッター速度をゆっくりめにして撮ってみました。
P1170477(1).jpg
では解説を!
美瑛川の白金小函にある湧水の滝である。渓谷の断崖の岩の隙間から細く数多く流れ落ちる青みがかった滝水が白い髭にみえることから命名されたとされる。
幅約40メートルある滝は温泉街中心に程近い美瑛川に架かるブルーリバー橋から一望でき、また滝の直ぐ上には白金温泉バス停とホテル群がある。

※この情報はこちらから拝借しました。
「白ひげの滝」
(所在地)
北海道上川郡美瑛町白金

HP)

次は「美瑛の丘」へ。
パッチワークのような景色が売りの場所なんですが、とにかく広すぎて、どう写真を撮っていいかわかりません・・・
P1280683(1).jpg
P1280689(1).jpg

こちらは「四季彩の丘」です。
ロール君が出迎えてくれました。
P1280697(1).jpg

こんな見事な景色が広がっています。
P1280694(1).jpg

「四季彩の丘」
(所在地)
北海道上川郡 美瑛町新星第三

(電話番号)
0166-95-2758
HP)


お昼時になりました。
富良野にお伺いしたら、やはりオムライスをいただかないとということで、チョイスしたのがこちらのレストランです。
富良野駅前にあるおしゃれなホテルの一階にありました。
P1280717(1).jpg
P1280719(1).jpg
P1280715(1).jpg
P1280714(1).jpg

もちろん「オムカレー」をいただきます。
P1280702(1).jpg

富良野産のお米を富良野産にんじんジュースとバターで炊き上げたライスに、さくら卵のとろとろのオムレツがのせられています。
中にはふらのワインチーズもとろ~り入っています。
P1280707(1).jpg

この旗が「富良野オムカレー」の印です。
P1280706(1).jpg

コロッケは地元のアスパラを材料にしたものでした
P1280709(1).jpg

野菜も地元のものがふんだんに使われています。
P1280712(1).jpg

もれなく「富良野ミルク」が付いてきます。
とっても美味です。
P1280700(1).jpg

(所在地)
北海道富良野市朝日町1-35

(電話番号)
0167-22-1777
メニュー
食べログ
HP)


最後は富良野ラベンダーの定番「富田ファーム」へ。
多くのお客さんで大変な賑わいです。
外国人もたくさん!
ラベンダーはちょうど見ごろで、見事な風景が広がっています。
P1280721(1).jpg
P1280739(1).jpg

こちらは「富田ファームイースト」です。
遠くの景色とマッチしていますね。
P1280744(1).jpg

(所在地)
北海道空知郡中富良野町基線北15号

(電話番号)
0167(39)3939
HP)


きれいな景色をたくさん見て、美味しいものもいただいて、とても満足できた休日でした。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村

2015/07/23 06:01 | COMMENT(3)TRACKBACK(0)

食い倒れの街で激安うどん!「松屋」大阪市

大阪訪問の報告はさらに続きます。

なんばグランド花月にたどりつき、朝一からここにくればよかったと後悔して歩いていると路地に 「うどん170円」 の行灯が目に付きました。
「なにその価格?」と思い、これは食するしかないと訪問しました。
店に入ると 値段から立食いと思いきや20年ほど前の吉野家みたないカウンター式で椅子もあります。
たくさんのお客さんで大賑わいです。
P1280379(1).jpg

「てんぷらうどん」をいただきました。
麺を茹でて、汁をかけ てんぷら、ネギを載せて「お待ちどうさま」と提供されます。
うどん自体は柔らかい関西風半生麺で、モソモソ感はあまり無くてんぷらは丼半分くらいで、厚みはあまりありません。
つゆは丼八分で丁度良く、ややあっさり目の関西風です。
食べているうちにてんぷらからいいお出汁が染み出してどんどん美味しくなっていきます。
P1280375(1).jpg

さすが、大阪って感じですね!
久しぶりに関西うどんを楽しめました。
お腹も一杯になり、ほろ酔い気分で関空に向かい、やっと帰路に着きましたとさ!


(所在地)
大阪市中央区難波千日前13-1

(電話番号)
06-6633-3331
メニュー
食べログ
(HP)


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村

2015/07/21 06:00 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

昭和を感じさせる懐かしい雰囲気で新世界の串かつを味わえる24時間営業の居酒屋、どて焼き、ホルモン、もつ鍋など本場の味が楽しめます!「ゑびす屋」大阪市

大たこでたこ焼きを堪能した二朗はさらにこの界隈をうろつき、お昼時なんですがこちらの居酒屋に立ち寄ってしまいました。
大阪にお伺いしたらやはり串揚げを食べたいじゃないですか!
こちらの店はなんと24時間営業とのこと。
店内には競馬新聞片手にテレビの競馬放送に夢中の先客が二人、もちろん昼真っから飲んでおられます。
P1280372(1).jpg

二朗も負けじと生ビールとともにまず注文したのがこちらの「ミズナス」です。
和歌山在住時代にはよくいただき、懐かしさを感じます。
この食感がたまりません。
P1280360(1).jpg

「土手焼」です。
奥深い味が肉によく滲みこんでいます。
P1280364(1).jpg

おまちかねの「串揚げ盛り合わせ」です。
揚げたてをほくほくしながらいただきます。
最高ですね。
P1280371(1).jpg

大阪の食の文化を楽しみました。


(所在地)
大阪市中央区千日前1-9-3

(電話番号)
06-6212-2951
メニュー
食べログ
ホットペッパー)


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村

2015/07/20 06:00 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

昭和47年創業!粉モン激戦区で一番の歴史をもつ行列のできる店!「道頓堀大たこ」大阪市

大阪訪問の報告は続きます。

河内長野を後にし、心斎橋のホテルに泊まった翌日は、休日なのをいいことに帰りの飛行機までの時間を道頓堀界隈探訪で楽しみむことにしました。

久しぶりの訪問だったのでおのぼりさんをしてしました。
DSC_1176(1).jpg
DSC_1178(1).jpg
DSC_1179(1).jpg
DSC_1180(1).jpg
DSC_1181(1).jpg

戎橋にたどり着いた頃、朝から何も食していないことを思い出し、ここまできたら「大たこ」だろうと訪問すると、いつもの場所の向かいに店を構えておられました。
騒ぎになって店の存続の危機だったニュースは知っていたのですが、この手があったのですね。
店の入り口で、従来の屋台でたこ焼きは焼かれていて、いつものように長い列ができていました。
その脇を入っていくと、何の飾り気もない倉庫ような一角にテーブルが並んでいて、そこに座っていただきました。
P1280359(1).jpg

6個入りをいただきます。
これぞたこ焼きです。
大好きな「大たこ」のたこ焼きを久しぶりに堪能しとても幸せな気分になった二朗でした。
P1280356(1).jpg


(所在地)
大阪市中央区道頓堀1-4-16

(電話番号)
06-6211-5223
メニュー
食べログ
HP)


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村

2015/07/19 06:00 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

Jazz&オールディーズがBGMに流れるおしゃれな空間、創作お好み焼きが一押しの鉄板居酒屋「ねぎと卵」河内長野市

新千歳から関空に飛んだ二朗は空港からバスに乗り、河内長野市にお伺いしました。
夕刻からの仕事を追え、地元の方々との懇親会はこちらのお好み焼き屋さんにセットされました。
浜松に本店があるチェーン展開されているお好み焼き店です。
P1280317(1).jpg

まずは焼きそばです。
極太麺が特徴です。
P1280319(1).jpg

「出し巻き玉子」です。
P1280325(1).jpg

「大根サラダ」は見事に山のように盛り付けられています。
P1280323(1).jpg

「厚切りベーコン」はビールにあいますねえ・・・
端に見える「厚揚げ」も焼いていただきました。
P1280330(1).jpg

「豚玉」です。
お好み焼きはやはり関西風に限ります。
ソースもとっても美味でお好み焼きの味を引き立てていました。
P1280334(1).jpg

魚介類もいただきます。
「ホタテ」です。
P1280336(1).jpg

「イカ」もいい塩味で美味でした。
P1280339(1).jpg

最後は「モダン焼」です。
関西らしい一品に心が和みます。
P1280342(1).jpg

関西出身の二朗にとっては、最高のおもてなしに楽しい一時を楽しんだのでありました。


(所在地)
大阪府河内長野市本町11-17

(電話番号)
0721-53-2041
メニュー
食べログ
ぐるなび)


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村

2015/07/17 06:01 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

 | BLOG TOP |  NEXT»»