「原見坂の美女」和歌山市

和歌山県内の各地に伝えられているさまざまな民話や伝承、史跡の由来、実在の物語などを伝える「紀州民話の旅」第6弾は、和歌山市鷹匠町にある「原見坂」です。
P1080780(1).jpg
P1080782(1).jpg

「原見坂の美女」
平家物語の「耳なし芳一」に似た話が、このあたりに残されている。
紀州藩も浅野時代というから、十六世紀末。
その藩士に渋谷文治郎という若侍がいた。
ある年の夏、文治郎は「仙の前」という娘の亡霊に魅入られてしまったという。
文治郎が原見坂を散策中、草むらに忘れられた五輪塔をみつけ、草花を手向けたのが、仙の霊を呼ぶきっかけになったとか。
夜ごと原見坂まで出かけ、闇夜に躍る人魂とたわむれる文治郎。
夢うつつで、仙と契りを結んでいたと思い込んでいたのだ。
いま、原見坂は禅林寺の境内と民家にはさまれた、狭く、ゆるやかな坂道。
だがそのころは、夜ともなれば人通りもぱったりととだえる、淋しい野中の道だったのだろう。


坂はちょっと小山に上がる道って感じでたいしたことなく、あっという間に登り切ってしまいます。
こちらは話の中に出てくる「禅林寺」です。
とても静かな一角でした。
P1080777(1).jpg
P1080778(1).jpg

(所在地)
和歌山市鷹匠町5-3-1


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村

2011/07/31 10:52 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

「まるひこ亭」和歌山市

「まるひこ亭」和歌山市
グルメランチの報告です。
今日は精肉店直営のグリル店のこちらへ。
P1080799(1).jpg

いろいろあるメニューの中からチョイスしたのが、「ハンバーグ定食」です。
P1080788(1).jpg

ジューシーなハンバーグとマスターこだわりのソースとの相性はバッチリで納得のお味です。
P1080790(1).jpg

当店は、メニューのいちばんはじめに書かれている「和風ステーキ定食」がお勧めだそうです。
次回はこちらをいただきたいと思います。

メニュー)
P1080794(1).jpg
(所在地)
和歌山市北甚五兵衛丁3

(電話番号)
073-433-4780
HP)


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村

2011/07/29 20:22 | COMMENT(2)TRACKBACK(0)

「やんぎ」和歌山市

グルメランチの報告です。
暑いこの時期はなぜかカレーを好む二朗はこちらへ。
P1080754(1).jpg
P1080757(1).jpg

「ビーフカレー」をいただきます。
こちらのカレーはサラサラですが、とてもコクがあります。
そんなカレーをこちらの店ではフォークでいただきます。
普通はスプーンですよね。
でもフォークですくうことによっていい按配の混ざり具合になります。
いいアイデアも!?
P1080752(1).jpg

こんなカレー専門店のある和歌山市はまだまだ奥深い店があるような気がしてきました。

メニュー)
P1080751(1).jpg
(所在地)
和歌山市北田辺丁18

(電話番号)
073-436-5246
HP)


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村

2011/07/27 22:37 | COMMENT(4)TRACKBACK(0)

「三笠」和歌山市

グルメランチの報告です。
今日は和歌山のかつての繁華街ぶらくり丁での仕事の後、立ち寄ったのがこちら。
外観はこれでもかってぐらい目立たない、洋食屋さんです。
店内は昭和ににおいがプンプンしているアットホームな感じです。
P1080744(1).jpg

おすすめのAランチをいただきます。
P1080728(1).jpg

こちらは「エビとホタテのクリームコロッケ」です。
ナイフを入れると中からクリームがあふれ出します。
トロトロです。
ホクホクしながら美味しくいただきます。
P1080730(1).jpg

料理が出てくるまでちょっと時間がかかりましたが、待った甲斐があったと納得出来る一品でした。
こういう目立たない店がいい味出しているんですよね!

メニュー)
P1080736(1).jpg
P1080737(1).jpg
P1080738(1).jpg
(所在地)
和歌山市新通5-25

(電話番号)
073-423-0918
HP)


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村

2011/07/26 00:08 | COMMENT(2)TRACKBACK(0)

「マイソール」和歌山市

グルメランチの報告です。
今日は欧風カレーをいただけるこちらへ。
P1080654(1).jpg
P1080680(1).jpg

「ビーフカレー」をいただきます。
グツグツいいながらカレーが出てきました。
P1080667(1).jpg

バターライスです。
P1080673(1).jpg

好みでカレーをかけます。
マイルドな感じでそんなに辛くなくおいしくいただきました。
P1080677(1).jpg

メニュー)
P1080659(1).jpg
P1080662(1).jpg
P1080664(1).jpg
(所在地)
 和歌山市向69-6

(電話番号)
 073-451-8807
HP)


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村

2011/07/24 21:59 | COMMENT(2)TRACKBACK(0)

「カレーマン」和歌山市

グルメランチの報告です。
今日はカレー専門店のこちらへ!
P1080603(1).jpg

メニューはカレーしかありません。
「チキンカレー」をいただきます。
真っ黄色のルーはそんなに辛くなく、スパイスがとても効いています。
マスターのこだわりを感じる一品でした。
P1080610(1).jpg

もれなくサラダも付いてきます。
P1080607(1).jpg

店内は木目調でとても落ち着いた感じです。
静かにコーヒーをいただくのもいいかも!
お勧めです。

メニュー)
P1080605(1).jpg
(所在地)
和歌山市加納町1

(電話番号)
073-460-5352
HP)


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村

2011/07/23 21:01 | COMMENT(2)TRACKBACK(0)

「千寿亭」桜井市

グルメランチの報告です。
今日は地元奈良県桜井市にお伺いしました。
桜井市のグルメといえばやはり「三輪素麺」です。
ということでお伺いしたのがこちら。
P1080586(1).jpg

「冷やし素麺天ぷら付」をいただきます。
P1080592(1).jpg

きれいな三色の素麺です。
暑い時期はこの爽快感がたまりません。
P1080595(1).jpg

こちらは天ぷら。
広がっているのはエノキでしょうか?
P1080600(1).jpg

多くのお客さんで賑わっており、なかなかの人気店でした!

メニュー)
P1080588(1).jpg
P1080591(1).jpg
(所在地)
奈良県桜井市芝293

(電話番号)
0744-45-0626
HP)


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村

2011/07/21 21:22 | COMMENT(6)TRACKBACK(0)

「生きる力と自然の美」

台風6号が過ぎていった今朝、歩いて通勤していると、蝉の声がいつもよりハイテンションに感じます。
「元気だなあ・・・」とつぶやきながら、周りの木を見ると、蝉の抜け殻があちこちに!
「これだけたくさん鳴いているんだから抜け殻があるのは当然か」とまた独り言を言って、目の前の木を見ると初々しい蝉が静かに抜け殻にしがみついています。
思わずパチリ!
なんて綺麗なんでしょう!
羽はとても綺麗なグリーンで、羽の先は何とも神秘的なホワイトです。
背中の緑も幼さを感じます。
いったん職場に出た後、一時間ごとに観察することにしました。
922(1).jpg

こちらが一時間後!
1031(1).jpg

こちらが二時間後!
微妙に成長しているのがわかります。
前足の色がだんだん濃くなっています。
1131(1).jpg

この後も観察しようと三時間後に見に行ったら、姿はありませんでした。
蝉から生きる力と自然の美を教えられた一時でした。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村

2011/07/20 21:10 | COMMENT(2)TRACKBACK(0)

「松茶屋」吉野町

グルメランチの報告です。
今日は奈良の実家に帰る途中でお昼時になり、どこかいいとこないかなと探してたどり着いたのがこちら。
田舎にあるドライブインって感じです。
P1080583(1).jpg

メニューを見てなにがいいかなって目についたのが「うどんセット」です。
きざみうどんと柿の葉寿司がいただけます。
P1080574(1).jpg

うどんはもちろん関西風の黄金色の出汁です。
ホッとする二朗はやはり関西人のようです。
P1080576(1).jpg

柿の葉寿司の
P1080578(1).jpg

柿の葉の中にはもちろん鯖寿司が・・・
これまた懐かしい味にニヤニヤした二朗だったのでありました。
P1080580(1).jpg


メニュー)
P1080573(1).jpg
(所在地)
奈良県吉野郡吉野町三茶屋328-1

(電話番号)
0746-35-7711
HP)


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村

2011/07/19 22:45 | COMMENT(5)TRACKBACK(0)

「浮島の大蛇(熊野速玉大社)」新宮市

和歌山県内の各地に伝えられているさまざまな民話や伝承、史跡の由来、実在の物語などを伝える「紀州民話の旅」第5弾は、新宮市にある有名な「熊野速玉大社」です。
P1030808(1).jpg
P1030804(1)_20110718214638.jpg

「浮島の大蛇」
新宮市の「浮島の森」ちゅうとこへ連れてもらったことあるかな。
あの町のど真中に「浮島」ちゅう島があるんや。
町の中に島があるちゅうのは妙な話やろ。
・・実はな、大きな池があって、浮島いうのは、メチャメチャに木が繁っててな、それが島みたいになってるんやしょ。
そやよって人が通っても沈まんのや。
木の根と根がからみ合うてそらしつかりしたもんやで。百あまりの植物があって、天然記念物にもなってるくらいや。
 この森はなかなか奥深いだけに、なにやらひいやりとして気味が悪いんやけど、こんな話が伝えられてるんやしょ。
 むかし、このあたりに”おいの”ちゅう美しうて気立てのええ娘さんが住んでての、この浮島で木を伐ってたお父さんに、毎日お昼前になったらお弁当を運んでたんや。
 ある日のことに、お父さんにお弁当を届け、そいで自分も一緒に食べよと思て包みを開いてみたら、なんとお箸を忘れてきちゃあるんやして。
「あれ、お父さん、お箸を忘れてきたわ…ちょつと待っててね、なんぞお箸になるような木の枝を見つけてくるわ」そないいうて、おいのちゃんは森の奥の方へ入って行った。
そいでしばらくすると「ギャーツ」ちゅう大きな悲鳴が聞こえてきたんやしょ。
お父さんは、あわてて森の奥へかけこんだんやが、その時、おいのちゃんの着物のハシがチラリと見えただけで、ブクプクと大きな泡が浮いてだけやったんやと。
「お~い、おいのや~い。どうか姿を見せておくれよ~う・・」 て必死におがったんやと。
けどなんの返事もなく、森はシーンと静まりかえっているだけやった。
お父さんが血を吐くような思いで、何度も何度も呼びかけると、しばらくしておいのちゃんがすう~と水の中から浮びあがってきたんや。
それも大蛇の頭に乗ってな。
「ヒヤーツ」とお父さんは思わず腰を抜かしてしもたんやと。
それからおいのちゃんの姿は、もう二度と見ることができやなんだ。
そのあとこんな歌がはやったんやと。
「おいの見たけりゃ藺之戸(いのど:浮島のこと)へどざれ おいの藺之戸の蛇のがまへ」


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村

2011/07/18 21:37 | COMMENT(2)TRACKBACK(0)

 | BLOG TOP |  NEXT»»