FC2ブログ

「鶏合わせ(闘鶏神社)」田辺市

和歌山県内の各地に伝えられているさまざまな民話や伝承、史跡の由来、実在の物語などを伝える「紀州民話の旅」第2弾は、以前紹介した「闘鶏神社」です。
P1020352(1)_20110521181205.jpg
P1020345(1)_20110521181205.jpg


「鶏合わせ」
国鉄紀伊田辺駅前の商店街の近くに、大きな鳥居の社がある。
熊野三山のひとつである本宮大社の分神で、保安(一一二○年代)のころ、本宮を治めた別当湛快が、新熊野権現(いまくまのごんげん)としてまつったといい、人はこの社を闘鶏神社と呼ぶ。
源平合戦たけなわのころ、湛快の子・湛増が、源平いずれに加勢するかを紅白の鶏を闘わせて占ったという話があり、この名称がついた。
明治以前の神仏混淆時代には「鶏合わせの宮」とも呼ばれた。
湛快は、もともと京都・聖護院に任ずる修験僧の棟領。
帝の命を受け、本宮の熊野本山を支配することになった。
その後、湛増が田那部(田辺)まで山を越えて進出。
周辺の南部、白浜、椿など浦々の水軍を従え、勢カを誇った。
水軍といっても、ふだんは漁業を営み、時には兵士や海賊になって郷土を守った。
荒波を舞台にする海の男たちだけに豪勇の者が多く、隣りの湯川一族も侵攻できなかった。
湛快の家は、栄耀栄華をほしいままにしていた平家と親交があり、平家は当然のことに、源氏との合戦には、湛増が熊野水軍を率いて駈けつけてくれるものと信じていた。
しかし、湛増は、平家からのたびたびの援軍要請にも腰を上げようとはせず、支配下の修験僧を戦地に放って、赤か白か戦況を冷静に見守っていた。
やがて平家は、京都を追われ、福原の戦いにも破れて四国に落ちのびた。
そして屋島壇の浦に最後の陣を構えた時、湛増は「もはや平家の命運尽きたり」と判断。
勝者の源氏に味方することが、一族の繁栄につながると確信した。
そのころ、連勝の源氏も、はじめての海戦にとまどっていた。
得意の騎馬戦術で平家を追いつめたものの、海戦では平家に分があった。
水軍を持たない源氏は、陸路山陽道を進んで、敵の補給基地、九州を攻めたが、土地不案内がわざわいして苦戦の連続。
ついに周防(山口県)では、敵の軍勢に囲まれて立ち往生。
さすがの東国武者たちの間にも動揺の色が見え、ひそかに故郷へ引き揚げる兵士も出はじめた。
それだけに、屋島の平家の本陣急襲が急務となり、京都警備の任にあたっていた義経が四国攻めを決意、水軍の調達に全力を上げていた。
幸運にも、主だった郎党の一人、武蔵坊弁慶は湛増の子。
弁慶は義経の命を受け、父に熊野水軍の屋島出動を懇願した。
湛増は「時節到来」と平家追討を決意したが、平家との友好関係を断ち切ってまで源氏に味方する大義名分に困った。
「いかにして部下を納得させ、士気を高めようか」。
文治元年正月のある日、湛増は部下と共に新熊野社に参拝。
神楽を奉じたあと、新しい年への神の教えを巫女に伺わせた。
「源氏の氏神八幡官の神の使いは、白鳩である。
疑うことなく白旗につけ」巫女は、とりつかれたように神のお告げを絶叫した。
予想せぬ神の声に郎党は驚き、ざわめきが起こった。
翌朝、湛増は従者に「昨夜の夢に、熊野の大神が現われ、神前で蹴り含う鶏を指さされた」と語り、戦い上手な軍鶏を調達させた。
それから数日後、湛増は田辺の宮に武装させた配下を集めた。
「このたびの源平の合戦で、我々はどちらに加勢すべきか。神のお告げにより、紅白の鶏を戦わせて決めたいと思う」湛増の声とともに、紅白七羽ずつの軍鶏が放たれた。
ところが白鶏は闘志満々、胸毛を逆立て、鋭い蹴爪で赤鶏を襲う。
赤鶏は、その激しい闘志に呑まれて早ぱやと戦意を失い、社殿の裏の森へ逃げてしまった。
こうして湛増は、文治元年(一一八五)二月、百隻の軍船を仕立てて田辺浦を出陣。
屋島を追われ、壇の浦に落ちのびた平家を葬り、熊野水軍の武勇を天下にみせつけた。
ところで、鶏合わせの神事は、湛増が源氏に味方するために仕組んだものとするならば、当然そこにはトリックがあったはず。
田辺市文化財審議委員は「例えば、強い白鶏と弱い赤鶏を用意させるなど方法はあった。もっとも平家物語は、琵琶法師が史実を脚色して世に広めたもので、鶏合わせそのものにも確たる証拠はないのだが…」といっている。


(所在地)
和歌山県田辺市湊655

HP


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村

2011/05/21 18:17 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

 | BLOG TOP |