故千代の富士の生誕の地で静かに営む民宿では美味なイカ刺がいただけます!「たかお」福島町

今日は、道南福島町にお伺いしました。
福島町といえば、先般亡くなられた元横綱千代の富士関の生誕地です。
小さな体で大きな関取を投げ飛ばす姿は今でも忘れることができません。
「飛行機に乗せてあげるから!」の言葉にだまされ、相撲界に入ったという逸話も皆さんご存知ですよね。
横綱時代には、白星の度に花火が打ち上げられていたという福島町はさぞかし盛り上がっていたことでしょう!
町のメインストリートには、その栄光を残す相撲博物館があります。
博物館前には、これも福島町出身の大横綱千代の山と千代の富士の銅像が並んでいました。
この姿を見て後に続く力士を育ててもらいたいところですが、地元民にお伺いするとなかなかうまくいっていないとのこと・・・
「増田レポート」によると2040年には20代30代の女性の割合が▲84%と厳しい予想がされている地域ですので、それどころではないのかもですね。
大事な文化をしっかり守っていただきたいものです。
2度目の福島町訪問だったのですが、今回も時間がなく博物館見学は実現しませんでした・・・
千代の富士(1)
※この写真はこちらから拝借しました。


夕方からの一仕事を終え、夕食がてら地元民にご案内いただいたのがこちらのお店。
民宿をかねた食堂って感じでしょうか・・・
2階の大広間で大勢での宴会となりました。
P1400930(1).jpg
P1400934(1).jpg

まず目に入ったのが「イカ刺し」です。
最近なかなか水揚げされないイカですが、ここはやはり地元なのでちゃんと出てくるんですね。
生姜醤油に付けていただくと、口の中でとろけていく感じ!
新鮮だからの食感です。
P1400911(1).jpg

他は中華中心のメニューでした。
こちらは「ニラレバ」。
柔らかいレバー肉でした。
P1400918(1).jpg

「酢豚」です。
地元の野菜がふんだんに使われています。
P1400926(1).jpg

「餃子」は一つ一つが結構な大きさです。
口いっぱいにほおばっていただきます。
身が一杯詰まっていました。
肉汁があふれ出してきました。
P1400916(1).jpg

「天ぷら盛り合わせ」です。
新鮮な野菜の揚げたてをほくほくしながらいただきます。
P1400913(1).jpg

最後は「炒飯」です。
パラパラ感たっぷりで、いい感じの塩加減に食が進みます。
P1400924(1).jpg

楽しい会話に、美味な料理であっという間に福島町の夜は更けていったのでありました。
この夜はこちらでゆっくり泊まらせていただきました。


(所在地)
北海道松前郡福島町字月崎306-1

(電話番号)
0139-47-3808
メニュー
食べログ


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村

2017/07/23 07:00 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

道内あちこちでチェーン店を展開する鳥専門店の本店でいただくから揚げは絶品!「鳥せい」清水町

今宵は、十勝・清水町にお伺いし、夕方からの仕事を終えて、地元民にご案内いただいてこちらへ。
名前からして鳥専門店のようです。
後から調べると、こちらは帯広地区を中心に、札幌、室蘭、釧路など広くチェーン店を展開する本店でした。
入店すると1階はカウンターとテーブル席のようですが、すぐ2階に案内され、個室の座敷で宴会開始です。
P1420197(1).jpg

まずは「オニオンサラダ」です。
シャキシャキ感たっぷりで、たっぷりかけられたカツオ節との相性はバッチリ、、青じそドレッシングが玉ねぎの味を引き立てています。
P1420200(1).jpg

「ポテトフライ」にガーリックソースがかけられています。
にんにくの風味がいいアクセントになっています。
P1420201(1).jpg

これは普通の「ポテトフライ」です。
揚げたてにバターを乗せてホクホクしながらいただきます。
P1420206(1).jpg

当店名物「若鶏から揚げ」です。
特製の穀物油で揚げられているようで、一口いただくとサクッと軽快な歯ざわりのあとにアツアツの風味がほとばしり、肉汁があふれてきました。
P1420209(1).jpg

「オニオンリング」です。
ケチャップを付けていただきます。
P1420212(1).jpg

「トマトとチーズのサラダ」です。
モッツレラチーズとトマトの相性はバッチリです。
P1420214(1).jpg

「串焼き盛り合わせ」です。
大好きな砂肝は柔らかい中、コリコリ感が残っていて、美味です。
P1420219(1).jpg

こちらも当店名物「若鶏炭火焼」です。
炭火で丹念に焼き上げられているようで、炭火の香ばしさがお肉のやわらかさをやさしく包み、中から出てくる肉汁を盛り上げています。
P1420220(1).jpg

鳥専門店だけあって、どの料理からもこだわりが感じられます。
今度は札幌のお店に行ってみます!


(所在地)
北海道上川郡清水町南1条2丁目11

(電話番号)
0156-62-2989
メニュー
食べログ


翌日は休日!
清水町までやってきたらそこに山があるじゃないかということで、トムラウシ登山にトライします。
朝5時過ぎに起きて、6時に清水町の宿を出発し、一路北上します。
トムラウシ温泉をさらに奥に進み、短縮登山口(標高960m)に到着。
ちょうど8時に上り始めました。
P1420224(1).jpg

しばらく熊笹の中を歩きます。
P1420225(1).jpg

8:18 温泉コース分岐点(1030m)にやってきました。
P1420226(1).jpg

8:53 カムイ天上(1260m)着
しばらく歩くと、富良野岳、十勝岳、美瑛岳が姿を表しました。
P1420229(1).jpg

10:05 コマドリ沢出合(1440m)に到着
P1420239(1).jpg

雪解け水が結構な勢いで流れています。
顔を洗うとその冷たいこと!
P1420235(1).jpg

すぐに雪渓が現れました。
雪渓の真ん中を一気に登っていきます。
P1420241(1).jpg
P1420242(1).jpg

さらに石の上を登っていきます。
P1420245(1).jpg

10:52 前トマム平(1730m)に到着です。
P1420246(1).jpg

視界が開け、目の前にトムラウシの頂上が姿を表しました。
P1420250(1).jpg

今日はとってもいい天気!
青空がまぶしいです。
P1420253(1).jpg

周りには雪渓がたくさん残っています。
P1420257(1).jpg

11:21 トムラウシ公園に到着です。
高山植物がたくさん咲き乱れています。
P1420260(1).jpg

12:06 南沼キャンプ場に到着。
P1420261(1)_20170717113204ed1.jpg

ここから一気に頂上を目指します。
P1420264(1)_201707171132096d2.jpg

12:31 無事頂上(2141m)到着!
いやあ~しんどかったです!
P1420278(1).jpg

頂上から見ることができた景色です。
こちらは南西の方角、右からオプタテシケ山(2013m)、美瑛岳(2052m)、十勝岳(2077m)だと思われます。
P1420272(1)_201707171143565bb.jpg

こちらは北の方角。
左奥が旭岳(2291m)だと思われます。
P1420267(1).jpg

こちらは西の方角
左端は暑寒別岳でしょうか・・・
P1420274(1)_20170717114410d67.jpg

これは南の方角だったと思います。
P1420276(1)_20170717115341731.jpg

13:01 下山開始!
途中で咲いていた「チョウノスケソウ」です。
P1420284(1).jpg

17:34 無事下山。

今回の記録 登り4時間31分 下り3時間35分
         最高高度2141メートル
         消費カロリー2591キロカロリー
         歩行距離17キロメートル
トムラウシ地図(1)
高度図(1)

今シーズン初の登山は、予想をはるかに上回る過酷なコースでした。
息絶え絶えでやっとたどり着いた感じでした。
それに負けない景色のきれいさ、自然の雄大さは疲れを吹っ飛ばしてくれました。
これだから登山はやめられません!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村

2017/07/19 07:00 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

留萌が誇るミシュラン一つ星のスープカレーは癖になる味!「カリーザイオン(CURRY ZION)」留萌市

グルメランチの報告です。

天売島から無事羽幌に帰って来た二朗は、帰路の途中の留萌でランチをいただくことにしました。
チョイスしたのはこちらのスープカレー店です。
ミシュラン一つ星に輝いたお店だそうで、店は多くのお客さんで満席です。
結構な人気店のようです。
P1400806(1).jpg

赤を基調にした店内はシックな感じ!
P1400791(1).jpg

「ニラ豚スープカリー」辛さ4をいただきます
P1400793(1).jpg

見た目はスープカレーらしい定番の野菜が入っていないのでビジュアル感は物足りないと思う人もおられるのでは・・・
スープはコクが効き、インパクト強めのスパイスが存在感を示しています。
辛さの4は食べているうちに汗がジワジワ噴出してくる感じ。
炒め合わせられた細切りの豚とニラの旨味と風味が一層コクを引き立てています。
初めての組み合わせにスープカレーの奥深さを感じました。
P1400796(1).jpg


(所在地)
北海道留萌市花園町1-4-21

(電話番号)
0164-42-2297
メニュー
食べログ


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村

2017/07/13 07:00 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

採れたての生ウニをはじめ新鮮な島の季節の味覚に舌鼓!「オロロン荘」羽幌町天売島

「浜のかあちゃん食堂」で美味な海鮮カレーをいただいた後、フェリーに乗って向かったのが天売島です。
目的は、ウトウの帰巣の様子の観察です。

この日は波も穏やかで1時間半のフェリーの旅も順調です。
途中焼尻島に立ち寄って、天売島に着きました。
P1010086(1)_20170624154410453.jpg

「天売島ってどこ?」って方にこちらの地図を用意しました。
天売島は、羽幌町にある羽幌港の西30kmの日本海に浮かぶ島で、島の東側に並んで浮かぶ焼尻島とともに羽幌町に属しています。
面積5.50km²、周囲約12km、人口は300人余。
島の名は、アイヌ語の「テウレ」、もしくは「チュウレ」に由来するそうです。


島の北東部にあるフェリーターミナルに到着しました。
早速自転車をレンタルして、時計回りに島一周に臨みます。
天売地図(1)

急な上り坂を登ると赤岩展望台に到着しました。
天気もよく、見事な景色が広がっています。
P1010035(1).jpg
P1010037(1).jpg

ウトウの巣の穴があちこちにたくさんあります。
この奥に雛が潜んでいるんですね。
P1010038(1).jpg

島の一番高いところからは、焼尻島の全貌を見ることができました
P1010041(1).jpg

海鳥観察舎から北東に見える景色です。
けっこうな断崖絶壁が続いています。
P1010046(1)_201706241544371bb.jpg

観音岬展望台から南西に見る景色です。
P1010049(1)_20170624154350935.jpg

1時間余りで島を一周し、今宵の宿であるオロロン荘に到着です。
宿泊定員15名の小さな旅館です。
笑顔のご夫婦が迎えてくれました。
オロロン荘(1)

早速5時半から夕食をいただきます。
P1400746(1).jpg

北海道の離島と言えばやはりウニです。
見事な「ムラサキウニ」が山盛りです。
たっぷりの甘さもあっさりしています。
なんと美味なんでしょう。
P1400748(1).jpg

「ホッケの煮物」はちょっと濃い目の味付けがビールに合います。
P1400754(1).jpg

ほかにも美味な料理をたくさんいただきました。
P1400758(1).jpg
P1400759(1).jpg
P1400763(1).jpg
P1400764(1).jpg
P1400767(1).jpg
P1400771(1).jpg

食事を終えると、ウトウの帰巣の見学に出かけます。
先ほど行った赤岩に再度バスで向かいます。
ちょうど夕陽が沈む時間です。
ちょっと雲が出ていて、丸い夕陽を臨むことはできませんでした・・・
P1010054(1)_20170624154437dd6.jpg

向こうに見えるのは利尻富士です。
暗くなるにつれ、海からウトウが帰ってきます。
P1010070(1)_201706241544390da.jpg

100万羽ともいわれるたくさんのウトウがどんどん帰ってきます。
P1010064(1).jpg

どのウトウもこんな感じで口いっぱいの小魚を加えて飛んでいるはずですが、暗くてよくわかりません。
ウトウ(1)
※この写真は島のポスターから拝借しています。

えさを雛に与えた後のウトウでしょうか。
暗くてこれが限界でした。
短い羽を懸命に動かして飛んでいるウトウの姿はとてもけなげに見えました。
P1010077(1)_20170624154444f6e.jpg

翌朝の朝食です。
P1400773(1).jpg

朝からタコの刺身をいただきます。
弾力感たっぷりです。
P1400774(1).jpg

カレイの塩焼きなど朝からなんとも贅沢な料理の数々でした。
P1400780(1).jpg
P1400777(1).jpg
P1400783(1).jpg
P1400785(1).jpg
P1400787(1).jpg
P1400788(1).jpg

帰りのフェリーに乗ろうと港にやってくると、神輿を担いだ若者たちがやってきました。
この日は島の厳島神社のお祭りだったようです。
この姿を見る限り、島を愛している若者がちゃんといるようですね。
P1010095(1).jpg

帰りは高速船で、天売島を後にしました。
P1010103(1)_20170624155657a9a.jpg

海にはウトウが休んでいます。
P1010107(1).jpg

懸命に子育てをするウトウの姿に自然界の奥深さをたっぷり感じた二朗だったのでありました。
もちろんウニをはじめ島の海産物にも感激し、満足満足・・・


(所在地)
北海道苫前郡羽幌町大字天売字前浜64-7

(電話番号)
01648-3-5529
食べログ


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村

2017/07/11 07:00 | COMMENT(4)TRACKBACK(0)

フェリーターミナルにある新鮮な海鮮丼がウリの食堂!「浜のかあちゃん食堂」羽幌町

今週末は、今の時期にしかできない体験活動に出かけました。
車を走らせ、到着したのが羽幌町です。
ちょうどお昼時だったので、ランチをフェリーターミナルにあるこちらでいただきます。
その名も「浜のかあちゃん食堂」です。
ホノボノ感が漂っています。
P1400740(1).jpg
P1400742(1)(1).jpg

この後、車の運転をしないので、ランチビールをいただきます。
う~ん、うまい!
P1400729(1)(1).jpg

「海鮮カレー」をいただきます。
ごらんのように茹で上げられたタコがたくさん盛り込まれています。
食してみるとカレーの中にも煮込まれたタコがたくさん!
なんと贅沢な・・・
アットホーム感漂うルーは適度なピリ辛さで、食が進みます。
P1400736(1).jpg

浜の地域ならではの一品に心が和んだ二朗だったのでありました。


(所在地)
北海道苫前郡羽幌町港町1-51 羽幌フェリーターミナル

(電話番号)
0164-62-1774
メニュー
食べログ
(ぐるなび)
 浜のかあちゃん食堂
 ジャンル:食堂・定食
 住所:〒078-4120 北海道苫前郡羽幌町港町1‐51 羽幌フェリーターミナル(地図
 周辺のお店:ぐるなびぐるなび 羽幌・留萌×定食・食事処
 情報掲載日:2017年7月17日


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村

2017/07/09 07:00 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

芝桜の町の川沿いの小奇麗なレストランのテラスでおしゃれにランチ!「LE BELLA(リベラ)」滝上町

グルメランチの報告です。

今日は芝桜の町滝上町にお伺いしました。
ちょうど見ごろの芝桜を楽しみます。
たくさんのお客さんで大賑わい。
広い斜面が一面ピンクで目がちかちかしますが、見事な光景です。
P5280066(1).jpg
P5280055(1).jpg
P5280053(1).jpg
P5280049(1).jpg


見学を終えて、お昼時になってランチをいただいたのこちらのお店。
旅館の1階が洋食レストランになっていて、店内はとても小奇麗でさわやか感タップリ。
川沿いのテラス席に着きました。
心地よい微風が雰囲気を盛り上げます。
P1400274(1).jpg
P1400277(1).jpg

「ザンギカレー」をいただきます。
大きなザンギが6個も!
早速かぶりつくと、醬油ベースの味付けはいい感じ。
塩コショウも適度に効いていてこれは美味です。
カレーも適度のピリ辛さでスパイスが何種類も使われているのか奥深さたっぷりです。
P1400271(1).jpg

もれなく新鮮なサラダも付いてきました。
P1400272(1).jpg

店員の接客もさわやかで心地よいひと時を過ごすことができました。
芝桜見学の際に是非立ち寄ってみてください!


(所在地)
北海道紋別郡滝上町滝ノ上市街地士別通3丁目7

(電話番号)
0158-29-2052
食べログ


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村

2017/06/17 07:00 | COMMENT(2)TRACKBACK(0)

ご当地B級グルメの牛玉ステーキ丼は心温まる逸品!「ゆめあとむ」清水町

グルメランチの報告です。

今日は十勝清水町にお伺いしました。
道東道のトマムICを過ぎると気になる看板が目に入りました。
それも「牛玉ステーキ丼」です。
これはトライするしかないと、早速ネットで店を探し、十勝清水ICで高速を降り、お伺いしたのがこちら。
ほのぼの感が漂う店構えに期待が膨らみます。
P1400225(1).jpg

アットホーム感たっぷりの店内は、思いのほか広くて44席、夜の宴会もできるようです。
P1400222(1).jpg

何の迷いもなく当然「牛玉ステーキ丼」をいただきます。
P1400213(1).jpg

フワトロ玉子の上に、生後約14か月で出荷される「十勝若牛」のステーキが盛られ、彩りよく水菜が乗せられています。
早速お肉からいただきます。
味噌風味のたれがかけられていて、柔らかさ、赤身の旨さがたっぷりです。
脂肪は少なくややアッサリで、とっても美味。
玉子の味付けも薄めで優しさを感じます。
P1400214(1).jpg

山わさびを肉に乗せるとまた一味違った風味を楽しめます。
P1400221(1).jpg

町内の数店舗で挑戦しているこのご当地Bグルメが町おこしのきっかけとなればいいですね。


(所在地)
北海道上川郡清水町南一条11丁目1

(電話番号)
0156-62-1234
メニュー
食べログ


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村

2017/06/15 07:00 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

炭鉱夫が愛した創業1951年のラーメン屋は静かに今でも元気です!「のんきや」夕張市

グルメランチの報告です。
今日は夕張市にお伺いし、市内で食べログ一番人気のこちらのラーメン屋さんへ。
石炭博物館近くの丘の上に店はあります。
店はカウンターのみ6席と小っちゃめで、人生の大先輩のお母さんが一人で営んでおられます。
創業はナント1951年!
二朗よりも先輩です。
P1400126(1).jpg

「塩ラーメン」をいただきます。
目の前の釜に麺が投入され、待つこと5分で丼が提供されました。
具は、チャーシュー小2枚、メンマ、麩、ほうれん草、ナルト、刻みネギととてもシンプル!
麺は縮れ中太麺で西山製麺でしょうか・・・
スープはほとんど透明でアッサリ系。
P1400118(1).jpg

昔ながらの叙情たっぷりの味を堪能し、満足満足の二朗でした。


(所在地)
北海道夕張市本町1

(電話番号)
非公開
メニュー
食べログ


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村

2017/06/13 07:00 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

北海道の端っこの1999年創業の洋食屋さんはスパゲティとハンバーグがメインです!「洋食処トレモロ」遠軽町

グルメランチの報告です。

今日は道東にお出かけです。
まずは遠軽町にお伺いし、ちょうどお昼時になり、チョイスしたのがこちらのお店。
1999年創業の洋食屋さんは、とてもおしゃれな店構えです。
店内は、落ち着いた感じのテーブル席や小上がりがあって、家族やグループで来ても楽しめそう・・・
地元民らしき人たちで賑わっていました。
P1380662(1).jpg

「メンタイコスパゲティトレモロ風」をいただきます。
たくさんの明太子がホワイトソースと絡み合っています。
ちょっと濃い目のソースとパスタとの相性はバッチリです。
本格的な味付けでした!
P1380652(1).jpg

こちらは同行いただいたMIRANさんがいただいた「モッツァレラとトマト」です。
P1380650(1).jpg

こちらはアキさんがいただいた「ラザニア」!
P1380658(1).jpg

どれもとっても美味しそうです!
ランチをいただけるお店が少ない遠軽町では貴重なお店ですね。


(所在地)
北海道紋別郡遠軽町東町2丁目1-3

(電話番号)
0158-42-6666
メニュー
食べログ
HP
(ぐるなび)
 洋食処 トレモロ
 ジャンル:洋食屋
 アクセス:JR石北本線遠軽駅 徒歩18分
 住所:〒099-0410 北海道紋別郡遠軽町東町2-1-3(地図
 周辺のお店:ぐるなびぐるなび 紋別×洋食屋
 情報掲載日:2017年7月17日


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村

2017/05/24 07:00 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

ログハウス風の気の温もりたっぷりのペンションはこだわりの食材で心のこもった料理をいただけます!「吟渓 (ぎんけい)」ニセコ町

スキーシーズンもそろそろ終わりを迎えようとしている週末に、ニセコに出かけました。
天気もよく、羊蹄山が目前に広がっています。
P3020003(1).jpg

ニセコアンヌプリの頂上もご覧のようにくっきり!
P3020005(1).jpg

春めいていいましたので、雪質はイマサンですが、何せ広いニセコスキー場です。
全山共通リフト券を購入し、4つのスキー場をすべてクリアしたら一日でなんと40キロも滑っていました。
もうくたくた・・・
滑り終わった後はアンヌプリスキー場の近くのこちらの木のぬくもりがたっぷり感じられるペンションにお泊りします。
P1370530(1).jpg
P1370529(1).jpg

お待ちかねの夕食タイムです。
オーナーこだわりの地元の食材をふんだんに使った心温まる料理をいただきます。
まずは食前酒の「ぽん酒の梅酒」です。
P1370490(1).jpg

「タコ頭のみそ漬け」です。
タコの食感を楽しみます。
P1370505(1).jpg

「きんぴらごぼう」はとても懐かしい味。
P1370502(1).jpg

熱々の「長いものふわとろ焼き」で心も体もあったまります。
P1370500(1).jpg

「サンマの柔らか煮」は臭みもなくとても美味!
P1370496(1).jpg

「タンドリーチキン」はカレーの風味が最高です。
P1370495(1).jpg

「自家精米の5分づき」と「芋がらの味噌汁」は店主のこだわりがたっぷり。
P1370515(1).jpg

「大根の粕みそ漬け」ももちろん手作りです。
P1370509(1).jpg

デザートは「ラムレーズンのチョコレート」!
P1370516(1).jpg

とても幸せな気分になる料理のラインナップに満足満足!

翌朝食堂を見渡すとご覧のようにアットホーム感たっぷり!
P1370533(1).jpg
P1370534(1).jpg

朝ごはんをいただきます。
焼きたてのパンはホクホク!
P1370522(1).jpg
P1370521(1).jpg
P1370524(1).jpg

とても居心地のいい宿で心優しく過ごすことができました!


(所在地)
北海道虻田郡ニセコ町ニセコ482-1

(電話番号)
0136-58-2323
メニュー
食べろぐ
HP


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村

2017/03/17 07:00 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

 | BLOG TOP |  NEXT»»