芝桜の町の川沿いの小奇麗なレストランのテラスでおしゃれにランチ!「LE BELLA(リベラ)」滝上町

グルメランチの報告です。

今日は芝桜の町滝上町にお伺いしました。
ちょうど見ごろの芝桜を楽しみます。
たくさんのお客さんで大賑わい。
広い斜面が一面ピンクで目がちかちかしますが、見事な光景です。
P5280066(1).jpg
P5280055(1).jpg
P5280053(1).jpg
P5280049(1).jpg


見学を終えて、お昼時になってランチをいただいたのこちらのお店。
旅館の1階が洋食レストランになっていて、店内はとても小奇麗でさわやか感タップリ。
川沿いのテラス席に着きました。
心地よい微風が雰囲気を盛り上げます。
P1400274(1).jpg
P1400277(1).jpg

「ザンギカレー」をいただきます。
大きなザンギが6個も!
早速かぶりつくと、醬油ベースの味付けはいい感じ。
塩コショウも適度に効いていてこれは美味です。
カレーも適度のピリ辛さでスパイスが何種類も使われているのか奥深さたっぷりです。
P1400271(1).jpg

もれなく新鮮なサラダも付いてきました。
P1400272(1).jpg

店員の接客もさわやかで心地よいひと時を過ごすことができました。
芝桜見学の際に是非立ち寄ってみてください!


(所在地)
北海道紋別郡滝上町滝ノ上市街地士別通3丁目7

(電話番号)
0158-29-2052
食べログ


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村

2017/06/17 07:00 | COMMENT(2)TRACKBACK(0)

ご当地B級グルメの牛玉ステーキ丼は心温まる逸品!「ゆめあとむ」清水町

グルメランチの報告です。

今日は十勝清水町にお伺いしました。
道東道のトマムICを過ぎると気になる看板が目に入りました。
それも「牛玉ステーキ丼」です。
これはトライするしかないと、早速ネットで店を探し、十勝清水ICで高速を降り、お伺いしたのがこちら。
ほのぼの感が漂う店構えに期待が膨らみます。
P1400225(1).jpg

アットホーム感たっぷりの店内は、思いのほか広くて44席、夜の宴会もできるようです。
P1400222(1).jpg

何の迷いもなく当然「牛玉ステーキ丼」をいただきます。
P1400213(1).jpg

フワトロ玉子の上に、生後約14か月で出荷される「十勝若牛」のステーキが盛られ、彩りよく水菜が乗せられています。
早速お肉からいただきます。
味噌風味のたれがかけられていて、柔らかさ、赤身の旨さがたっぷりです。
脂肪は少なくややアッサリで、とっても美味。
玉子の味付けも薄めで優しさを感じます。
P1400214(1).jpg

山わさびを肉に乗せるとまた一味違った風味を楽しめます。
P1400221(1).jpg

町内の数店舗で挑戦しているこのご当地Bグルメが町おこしのきっかけとなればいいですね。


(所在地)
北海道上川郡清水町南一条11丁目1

(電話番号)
0156-62-1234
メニュー
食べログ


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村

2017/06/15 07:00 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

炭鉱夫が愛した創業1951年のラーメン屋は静かに今でも元気です!「のんきや」夕張市

グルメランチの報告です。
今日は夕張市にお伺いし、市内で食べログ一番人気のこちらのラーメン屋さんへ。
石炭博物館近くの丘の上に店はあります。
店はカウンターのみ6席と小っちゃめで、人生の大先輩のお母さんが一人で営んでおられます。
創業はナント1951年!
二朗よりも先輩です。
P1400126(1).jpg

「塩ラーメン」をいただきます。
目の前の釜に麺が投入され、待つこと5分で丼が提供されました。
具は、チャーシュー小2枚、メンマ、麩、ほうれん草、ナルト、刻みネギととてもシンプル!
麺は縮れ中太麺で西山製麺でしょうか・・・
スープはほとんど透明でアッサリ系。
P1400118(1).jpg

昔ながらの叙情たっぷりの味を堪能し、満足満足の二朗でした。


(所在地)
北海道夕張市本町1

(電話番号)
非公開
メニュー
食べログ


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村

2017/06/13 07:00 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

秘密にしたいとっておきの和食のお店!「マルヤマ檀 」札幌市南5条

今宵はブラジルから一時帰国しているお友達夫婦を囲んでの懇親会です。
幹事さんがチョイスしたのはこちらの和食店。
札幌随一のおしゃれな街のとってもおしゃれなお店です。
店内はイタリアンレンストランを思わせるような雰囲気が漂っています。
P1400085(1).jpg

まずは「お通し」です。
クレソンのお浸しはめずらしですね。
P1400088(1).jpg

「焼ゴマ豆腐のウニのせ」です。
なんとも上品な一品。
ソースは絶品!
P1400090(1).jpg

「お造り」です。
どれもとても新鮮、特につぶ貝はコリコリ感たっぷり!
P1400096(1).jpg

「黒鯛ロースト」です。
いい感じの焼加減に甘さたっぷりの黒鯛に満足感も高め。
P1400099(1).jpg

「富良野豚と蕗の茎」です。
とても柔らかいお肉と旬の蕗と一緒にいただくとダブルのうまみが口に広がります。
P1400102(1).jpg

〆は「ちょっとおつカレー」!
温かみがあふれる奥深い味でした。
P1400110(1).jpg


(所在地)
札幌市中央区南5条西24-3-17 第17藤栄ビル1F

(電話番号)
011-206-1132
メニュー
食べログ
ぐるなび


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村

2017/06/11 07:00 | COMMENT(2)TRACKBACK(0)

地元の食材を地元で消化する「地産地消」を体感できる居酒屋!「のらくら」旭川市

今宵は、旭川に出没です。
帰りの特急まで50分ほどあるので、当然のように取材に出かけます。
チョイスしたのが、駅から5分ほど歩いた旭川の繁華街サンロクにあるこちらの居酒屋。
地産地消の取り組みを示す緑の提灯が目立っています。
店構え同様店内は木の温もりたっぷりで、カウンター席と二人がけのテーブルだけと小ぢんまりしています。
2階には掘りごたつ席もあるようです。
P1400053(1).jpg
P1400050(1).jpg

お通しはないようです。
まずは「タコザンギ」をいただきます。
タコはしっかり味付けされ、カラッと揚げられています。
タコの食感をしっかり楽しめました。
P1400026(1).jpg

「北あかりのじゃがめんたい」です。
細切りされたじゃがいもに明太子がからまってビールのつまみには最高です。
P1400034(1).jpg

「ガリさば」です。
ガリに〆サバが巻かれています。
こんなの初めて!
さっぱりしていて美味です。
P1400039(1).jpg

懐かしい「ハムカツ」です。
少々薄めですが、ウスターソースとの相性はバッチリ。
P1400048(1).jpg

どの料理もとってもリーズナブル。
その上、焼酎はタンクから自分で注ぐセルフの仕組みでなんと一杯300円。
CP最高です。
一人でサクッと飲みたいときに最高のお店でした。
こんなお店が札幌でもほしい・・・


(所在地)
旭川市三条通6

(電話番号)
0166-25-3622
メニュー
食べログ
ぐるなび


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村

2017/06/09 07:00 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

こだわりの無化調、自家製麺の有名店!「麺や亀陣」札幌市北47条

札幌ラーメン調査第61弾、グルメランチの報告です。

人気店で外に列こそできていませんが、入店すると待ち客は10人ほど。
15分ほど並んでテーブルに着けました。
店内はカウンター9席 ボックス席6席計15席と小ぢんまりしています。
店は店主のほか3人ほどの女性が忙しそうに働いておられます。
P1400025(1).jpg

「有機白醤油えびの香り」をいただきます。
スープは透明に近い黄金色。
具材は、チャーシュー、メンマ、キクラゲ、水菜、麩、白髪ネギと青ネギ、ネギの頂点には柚子でしょうか・・・
目立ちませんが黒胡椒が掛けられています。
スープからいただきます。
まずはエビの味が飛び込んできました。
スープの中に揚げられた海老が入っています。 
白醤油の深みのあるこだわり感たっぷりのあっさりスープはついつい飲み進めてしまいます。 
麵は細めのストレートでモチモチ感ありながら歯応えもしっかりしていて美味な麺です。
上品さたっぷりの一杯でした。
P1400013(1).jpg


(所在地)
札幌市東区北47条東8丁目1-1 47ビル1F

(電話番号)
011-753-1305
メニュー
食べログ


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村

2017/06/07 07:00 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

決して口にしない店主のこだわりを一本一本の串が教えてくれる二朗お勧めの隠れた名店!「ひな鳥」札幌市北17条

今宵は花金、土曜日の予定もなしとなれば、二朗は当然取材活動に出かけます。
とある人から噂を聞いてお伺いしたのがこちら。
かわいい店名の焼鳥屋さんです。
店内はカウンターのみで10席ほどと小ぢんまりしています。
先客は3人、等間隔で座っておられます。
二朗は一番奥の隅っこを陣取りました。
店は二朗よりもちょっと人生の先輩らしきご夫婦が営んでおられます。
P1380888(1).jpg

お通しはないようです。
まずは二朗の大好きな「砂肝」をいただきます。
コリコリ感はあるものの柔らかさたっぷりのお肉に思わずうなずきます。
P1380890(1).jpg

「ナンコツ」です。
これもナンコツの固定観念を覆す柔らかさたっぷりで、独特の食感を楽しみます。
P1380898(1).jpg

当店名物は「あげ納豆焼」とのこと。
関西人の誇りとして納豆が苦手な二朗は「あげ焼」をいただきました。
まずは大きさにビックリ。
そして、一枚一枚日適度に丁寧に火に炙りながら焼く店主の姿に感動です。
肉厚たっぷりのあげを大根おろしと醤油で食します。
完成度の高い油揚げの味をしっかり楽しめました。
P1380903(1).jpg

焼鳥のうまさはこれまで札幌でいただいた焼き鳥屋さんの中でトップでしょう!
決して口にしない店主のこだわりをいただく料理で感じさせる奥深さを感じたお店でした。
名店は隠れたところにあるんでね!


(所在地)
札幌市東区北十七条東1-6-8

(電話番号)
011-721-2932
(メニュー)
P1380915(1).jpg
P1380913(1).jpg


食べログ
ぐるなび


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村

2017/06/01 07:00 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

心を揺さぶる香ばしさ、店員お勧めNo1の焙煎ごまみそらーめんを食す!「吉山商店」札幌市東苗穂

札幌ラーメン調査第60弾、グルメランチの報告です。

今シーズン初のサイクリングに出かけたついでに立ち寄ったのがこちら。
市内のあちこちに支店のあるラーメン屋さんです。
ちょうどお昼時に到着すると店の前には長蛇の列です。
さすがの人気店です。
ですが、回転がよく、15分ほどでテーブルに着くことができました。
店内は木の温もりがたっぷりで結構な広さ。
席数が多いから回転が速いんでしょうね。
P1220228(1)_20170507153410659.jpg

「焙煎ゴマ味噌ラーメン」をいただきます。
目の前に丼が提供されるとゴマの香ばしいかおりがプーンとします!
まずは、一口スープからいただきます。
ちょっと濃い目でゴマの風味がいいアクセントになっています。
二種類の白味噌と白胡麻をミックスしているそうです。
麺は中太縮れのでコシがたっぷり、王道の札幌の麺です。
具材は、まずはチャーシューが2枚、トロトロ溶けていく柔らかさ。
味付けもしっかりしています。
ほかに挽肉、メンマ、もやし、キクラゲ、長ネギです。
メンマの白さが印象に残りました。
P1220222(1).jpg

完成度の高い一杯に満足した二朗でした。


(所在地)
札幌市東区東苗穂3条2丁目4-25

(電話番号)
011-782-2005
メニュー
食べログ
ぐるなび
HP


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村

2017/05/30 07:00 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

地元民に愛されている心優しい安定したスープが楽しめるラーメン店!「仁」釧路市

グルメランチの報告です。

北見を後にして、次に向かったのが釧路市です。
ランチは何をいただこうかと悩んだ末にチョイスしたのがこちらのラーメン店。
店内はこれぞラーメン店って感じで歴史を感じます。
P1380869(1).jpg

いろんなメニューがある中で、一番人気の「塩ラーメン」をいただきます。
熱々状態で出てきて、湯気がすごく、なかなか写真が撮れません。
黄金色のスープですね。
早速スープからいただきます。
しっかりした塩味で魚介がベースになっていてとても優しい味わいです。
麺は白っぽくて透明感ある細めで縮れています。
ちょっと柔らかめですね。
具材は、しっかり味付けされたチャーシューが1枚、メンマはスープの中にもぐっていますが細です。
海苔も遠慮がちに入っています。
P1380870(1).jpg

完成度の高い一杯に満足した二朗だったのでありました!


(所在地)
北海道釧路市鳥取大通5-4

(電話番号)
0154-51-8394
メニュー
食べログ


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村

2017/05/28 07:00 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

おばんざいと燻製にこだわる呑み処は仲のいい御夫婦が営んでおられます!「居酒屋食べまる」北見市

遠軽町で美味なパスタをいただいた後は、北見市へ移動しました。
今宵は一人酒をこちらのお店で楽しみます。
店内はとても小奇麗。
それもそのはず、昨年12月に開店したばかりだそうです。
店は二朗と同年代と思われるご夫婦が営んでおられました。
P1380807(1).jpg

時間限定「おばんざいセット」をいただきます。
生ビール2杯とこちらのおばんざいで1,000円ととってもお得!
こんな素朴な小鉢の料理が二朗のような年代にはうれしいのです。
P1380809(1).jpg

燻製のラインナップが充実したいましたので、「タコと砂肝」をいただきます。
燻られた香りがプンプンしていて、これはいけます!
P1380818(1).jpg

女将さんお勧めの「牛ランプ肉のステーキ」をいただきます。
ランプ肉とはお尻の辺りのお肉だそうで、とても柔らかです。
ガーリックがたっぷり効いていて、とっても美味!
P1380825(1).jpg

店主から「アイヌネギの醤油漬け」がサービスで提供されました。
これはお酒に合います!
P1380832(1).jpg

女将さんとの会話も楽しく、飲み物もとってもリーズナブルで、CPもバッチリ、いいお店で出会えました!
北見訪問の際は是非訪問してみてください。


(所在地)
北海道北見市北6条西3-3

(電話番号)
0157-57-3250
(メニュー)
食べログ


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村

2017/05/26 07:00 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

 | BLOG TOP |  NEXT»»