FC2ブログ

地元萩で水揚げされた鮮魚、山口県産の長州どり、地元で取れた新鮮な野菜を使った料理をいただける居酒屋!「亀亀」萩市

萩の夜は、MARUだけで終わらず、二次会はこちらへ。
その名も「亀亀」!
なんとも親しげです。
店内もアットホーム感たっぷりです。
P1540637(1).jpg

まずは「お通し」!
P1540618(1).jpg

焼鳥がメインのお店のようなので、「砂肝」と「皮」をいただきます。
二朗の大好きな肉は小さめながら、コリコリ感はたっぷり楽しめます。
P1540633(1).jpg

「亀亀サラダ」は、エビがアクセントになっていて、ボリュームたっぷり。
P1540625(1).jpg

「キュウリの糠漬け」です。
どこか懐かしい味にホッとします。
P1540624(1).jpg

使い勝手のいいお店と判断しました!

今回のお江戸阿佐ヶ谷⇒柏⇒出雲⇒松江⇒奥出雲⇒大田⇒江津⇒萩と渡り歩いた6泊7日の旅もこれでおしまい!
楽しいお店との出会いもたくさんあり(もちろん仕事もしっかりこなしました)、充実した旅となりました。


(所在地)
山口県萩市吉田町42

(電話番号)
0838-25-1688
メニュー
食べログ


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村

2019/09/27 07:00 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

静かに佇む地元の食材にこだわったセンス抜群の居酒屋!「MARU (まる)」萩市

旅の最後は、県境を越えて山口県へ。
山口県は二朗にとって第二の故郷です。
こちら萩にも何度も訪れていますが、お泊りは今回で2回目。
それゆえ、夜のお店はほとんど知らないのです。
ネットでググッてチョイスしたのがこちらのお店。
店構え同様店内もとてもお洒落。
若い女性客が多く、人気店なのがよくわかります。
事前に予約を入れていましたので、すんなり入店できました。
カウンターに案内されました。
P1540596(1).jpg

まずは、本日のお刺身四種「アマダイ、金太郎、タコ、瀬付アジ」です。
どれもとても新鮮です。
特にアジは脂がのっていて、それはそれは美味!
北海道の魚とはやはり違います。
P1540599(1).jpg

萩特選「見蘭牛のステーキ」です。
肉厚でとても柔らか。
ソースとの相性もバッチリ。
幸せって感じです。
P1540606(1).jpg

こちらは「平太郎」。
平太郎は、オキヒイラギという魚の愛称です。
軽く炙られています。
これがビールのアテに最高です。
P1540609(1).jpg

「金太郎」はヒメジという赤い魚の愛称。
甘味のあるほっこりした身です。
P1540612(1).jpg

MALU特製の「コロッケ」です。
とても優しい味です。
P1540614(1).jpg

「自家製さつまあげ」は、ごぼう、タコ、青海苔の三種。
旨みたっぷりです。
P1540603(1).jpg

どの料理もとても美味。
店主が思いを込めて作り上げているのがよくわかります。
とてもクオリティの高いお店で、満足感高めです!


(所在地)
山口県萩市吉田町78

(電話番号)
0838-26-5060
メニュー
食べログ


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村

2019/09/26 07:00 | COMMENT(4)TRACKBACK(0)

日本海の海の幸を楽しめる浜料理のお店「がんがん」萩市

グルメランチの報告です。

今日は第二のふるさと山口県の在住時代に何度もお伺いした萩市に出没です。
萩の海の幸をお手ごろ価格で手に入れることのできる道の駅シーマートにお伺いしました。
P1260541(1).jpg

一角にはふぐが泳いでいます。
ならではですね。
P1260540(1).jpg

シーマート内のこちらでランチをいただきます。
P1260537(1).jpg
P1260535(1).jpg

興味をそそるいろんなメニューがある中で「猟師のまかない」をいただきます。
P1260528(1).jpg

小魚のみりん干しと大きなおにぎりです。
P1260529(1).jpg

肴のあらがたっぷり入った味噌汁です。
ほじくるとあちこちから身が出てきます。
P1260532(1).jpg

刺身も小鉢でもれなく付いてきます。
P1260534(1).jpg

(所在地)
山口県萩市椿東北前小畑4160-61 道の駅萩しーまーと内

大きな地図で見る
(電話番号)
0838-25-3452
メニュー
食べログ

食事を取った後は、市内観光に出かけます。
まずはシーマートのすぐ近くにある「萩反射炉」へ。
P1260544(1).jpg
P1260545(1).jpg

萩の町並みも含めて世界遺産登録に申請するようです。
是非認められて、多くの観光客が訪れるようになってもらいたいものです。
P1260546(1).jpg

次は萩松蔭神社です。
話題の松下村塾は、多くのお客さんで賑わっていました。
P1260550(1).jpg

これは、安政の大獄により、江戸伝馬町の牢に捕らえられた松陰が、処刑を覚悟し、安政6年(1899年)10月20日、郷里の両親に送った手紙の中にある別れの歌です。
「親思ふ こころにまさる親ごころけふの音づれ 何ときくらん 寅二郎」と書かれています。
P1260549(1).jpg

最後は、最近できた「大河ドラマ館」です。
旧明倫小学校の体育館を活用しているようです。
DSC_0839(1).jpg
「花燃ゆ」ブームが起こるといいのですが・・・
展示の数が少なく、ちょっと物足りなさを感じました・・・
DSC_0840(1).jpg

久しぶりの萩訪問を楽しんだ二朗だったのでありました!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村

2015/02/08 06:00 | COMMENT(12)TRACKBACK(0)

 | BLOG TOP |