FC2ブログ

10種類のソースを駆使して自分流の焼きそばに仕上げる!「我流焼きそばはないち」北斗市

松前町からの帰路の途中でランチをいただいたのが、新函館北斗駅の駅前にあるこちらのお店。
ホテルの1階にお土産物屋や飲食店がいくつか入っている中の一つです。
焼きそば専門店とのこと。
店内は清潔感が漂っています。
P1510043(1).jpg

いろんなメニューがある中、Bセットをいただきます。
焼きそば300gに上カルビ、イカが乗せられて、スープが付いて600円!
P1510049(1).jpg

こちらの焼きそばは味が付いていなくて、自分で味付けします。
P1510061(1).jpg

ご覧の10種類のソースからチョイスします。
せっかくなので、特製、ウスター、焼肉のタレ、塩タレ、梅タレ、お好み、カレーといろいろ試してみました。
ですが、二朗はやはり特製ソースが一番美味しく感じました。
P1510045(1).jpg
P1510047(1).jpg

食べ終わるとお皿にはこんな文字が・・・
さりげない心遣いがうれしく感じます。
P1510064(1).jpg


(所在地)
北海道北斗市市渡1-1-7

(電話番号)
0138-83-8850
メニュー
食べログ


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村

2018/11/29 07:00 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

お城の街に静かに存在感を示す居酒屋はアットホーム感が漂っています!「寿美」松前町

今宵は、道南松前町にお伺いしました。
翌日朝からの仕事のために前日入りです。
地元民に連れられてこちらの居酒屋に訪問です。
どうみても女性の名前と思われる店名ですね。
店内は結構広くてアットホーム感が漂っています。
小上がりに案内されました。
P1510023(1).jpg
P1510020(1).jpg

まずは「お通し」。
あら煮とスパサラのセットでした。
P1510028(1).jpg

「イカゴロ焼き」は中でゴロが潜んでいます。
イカゴロをちょっとつけていただくとビールにぴったり!
P1510032(1).jpg

お刺身の「タコ」と「イカ」は松前産とのこと。
タコは弾力感たっぷり、イカは甘さたっぷり!
P1510035(1).jpg

「串焼き盛り合わせ」です。
肉の数が多いような気がします。
P1510037(1).jpg

「シーザーサラダ」です。
大きなお肉が乗っかってきました。
P1510042(1).jpg

メニューをよく見るとなんとホッピーがあるじゃないですか!
もちろんはずせません。
どの料理もとてもリーズナブルで居心地もばっちり。
地元民に愛されている居酒屋さんでした。


(所在地)
北海道松前郡松前町福山27

(電話番号)
0139-42-4145
メニュー
食べログ


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村

2018/11/27 07:00 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

故千代の富士の生誕の地で静かに営む民宿では美味なイカ刺がいただけます!「たかお」福島町

今日は、道南福島町にお伺いしました。
福島町といえば、先般亡くなられた元横綱千代の富士関の生誕地です。
小さな体で大きな関取を投げ飛ばす姿は今でも忘れることができません。
「飛行機に乗せてあげるから!」の言葉にだまされ、相撲界に入ったという逸話も皆さんご存知ですよね。
横綱時代には、白星の度に花火が打ち上げられていたという福島町はさぞかし盛り上がっていたことでしょう!
町のメインストリートには、その栄光を残す相撲博物館があります。
博物館前には、これも福島町出身の大横綱千代の山と千代の富士の銅像が並んでいました。
この姿を見て後に続く力士を育ててもらいたいところですが、地元民にお伺いするとなかなかうまくいっていないとのこと・・・
「増田レポート」によると2040年には20代30代の女性の割合が▲84%と厳しい予想がされている地域ですので、それどころではないのかもですね。
大事な文化をしっかり守っていただきたいものです。
2度目の福島町訪問だったのですが、今回も時間がなく博物館見学は実現しませんでした・・・
千代の富士(1)
※この写真はこちらから拝借しました。


夕方からの一仕事を終え、夕食がてら地元民にご案内いただいたのがこちらのお店。
民宿をかねた食堂って感じでしょうか・・・
2階の大広間で大勢での宴会となりました。
P1400930(1).jpg
P1400934(1).jpg

まず目に入ったのが「イカ刺し」です。
最近なかなか水揚げされないイカですが、ここはやはり地元なのでちゃんと出てくるんですね。
生姜醤油に付けていただくと、口の中でとろけていく感じ!
新鮮だからの食感です。
P1400911(1).jpg

他は中華中心のメニューでした。
こちらは「ニラレバ」。
柔らかいレバー肉でした。
P1400918(1).jpg

「酢豚」です。
地元の野菜がふんだんに使われています。
P1400926(1).jpg

「餃子」は一つ一つが結構な大きさです。
口いっぱいにほおばっていただきます。
身が一杯詰まっていました。
肉汁があふれ出してきました。
P1400916(1).jpg

「天ぷら盛り合わせ」です。
新鮮な野菜の揚げたてをほくほくしながらいただきます。
P1400913(1).jpg

最後は「炒飯」です。
パラパラ感たっぷりで、いい感じの塩加減に食が進みます。
P1400924(1).jpg

楽しい会話に、美味な料理であっという間に福島町の夜は更けていったのでありました。
この夜はこちらでゆっくり泊まらせていただきました。


(所在地)
北海道松前郡福島町字月崎306-1

(電話番号)
0139-47-3808
メニュー
食べログ


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村

2017/07/23 07:00 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

お寿司屋さんですが、一品料理や刺身、鍋料理や中華もあり、飲み物も種類多いし飲み放題のプランもあります!「海宝寿司」八雲町

今宵は、道南八雲町に出没し、夕方からの仕事を終えて、地元民との懇親会でご案内いただいたのがこちらのお寿司屋さんです。
駅前から程近いこちらのお店は、地元民で賑わっています。
小上がりに案内されました。
P1350185(1).jpg

まずはお通し。
お寿司屋さんならではです。
P1350188(1).jpg

「刺身の盛り合わせ」です。
どれも新鮮でプリプリです。
函館に近いこともあってイカも贅沢に盛り付けられており、けっこうな甘さがありました。
P1350190(1).jpg

「牛蒡の天ぷら」です。
P1350192(1).jpg

「砂肝のスティック揚げ」です。
砂肝好きな二朗にはたまらない逸品です。
P1350196(1).jpg

「チーズ盛り合わせ」です。
P1350200(1).jpg

「イカごろ焼」です。
ごろの味が見に奥深く滲みていてとっても美味!
P1350202(1).jpg

「ホタテ磯焼」です。
肉厚のホタテは一口でほおばれませんでした!
P1350207(1).jpg

メニューを見るとおすし屋さんなのに居酒屋メニューがとても豊富で気軽に来れるお店なんですね。


(所在地)
北海道二海郡八雲町富士見町47-1 KSビル1F

(電話番号)
0137-64-3678
メニュー
食べログ


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村

2016/12/18 07:00 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

地獄へようこそ、止めときゃいいのにたまに食べたくなる、激辛スープの地獄ラーメン!「ラーメン次郎長本店」森町

グルメランチの報告です。

鹿部町から帰る途中に立ち寄ったのが、森町のこちらのラーメン屋さんです。
ひなびた感が漂っています。
P1340414(1).jpg

当店名物「地獄ラーメン」をいただきます。
甘味と旨味が混在した濃厚な味噌スープに唐辛子の辛味が強烈です。
麺はプリプリ麺でかなりのコシ。
具はネギにメンマ、キクラゲ、もやし!
肉はトロトロのバラチャーシューとひき肉が入っています。
結構な辛さに大汗をかきながら完食しました。
P1340420(1).jpg




(所在地)
北海道茅部郡森町新川町221-4

(電話番号)
01374-2-1204
メニュー
食べログ


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村

2016/10/26 07:00 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

落ち着いた雰囲気がありながら 大将の人柄か明るい空気が流れるとても良いお店!「大寿し」鹿部町

今宵は、道南鹿部町に出没。
地元民との懇親会はこちらのお寿司屋さんです。
とても落ち着いた店構え同様、店内は大人の雰囲気が漂っています。
P1340395(1).jpg

コース料理をいただきます。
どの料理もとても丁寧に仕上げられています。
P1340398(1).jpg

お刺身はもちろんとっても新鮮です。
P1340404(1).jpg

道南名産のイカ刺しは弾力感たっぷり!
P1340408(1).jpg

お寿司は贅沢なラインナップ。
なかでもアワビとウニは最高の味です。
P1340400(1).jpg

美味な食事に楽しい会話で大いに盛り上がり、いつの間にか夜は更けていったのでありました。


(所在地)
北海道茅部郡鹿部町鹿部118

(電話番号)
01372-7-2252
メニュー
食べログ


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村

2016/10/25 06:00 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

浜の香り濃厚の 浜ちゃんぽん!「三八飯店」長万部町

黄金週間、道南の旅の報告第一弾!

今日から道南の旅に出かけます。
札幌を出発して南下し、中山峠を越えると、目前に羊蹄山が姿を現しました。
その容姿は富士山そっくり!
この写真は喜茂別から撮ったものです。
P1320357(1).jpg

さらに南下し、洞爺湖に立ち寄りました。
カヌーを楽しんでいる人がいました!
P1320362(1).jpg

さらにさらに南下し、内浦湾に出ると、大沼国道を海沿いに走ります。
長万部に着いたところでランチタイムとなり、チョイスしたのはこちらのお店。
「浜チャンポン」の文字がいやがおうにも目に入ります。
たくさんの人で大賑わいなのですが、ここは並んででもいただかないととトライしました。
広い店内は家族連れがほとんどです。
P1320367(1).jpg

「味噌味浜チャンポン」をいただきます。
丸ごとのイカ、ホタテ、エビ、ホッキ、ツブ、小振りなズワイガニの身、そして大量のワカメ!
スープは磯の香りがプンプンで味噌が味を引き立てています。
麺は札幌ラーメンのような中太縮れ麺でシコシコ感がたっぷり。
これで880円、CPは高いと思います。
P1320371(1).jpg

長崎チャンポンとはちょっと異なるこの一品、是非食すべきだと思いました。


(所在地)
北海道山越郡長万部町中ノ沢56-1

(電話番号)
01377-2-5180
メニュー
食べログ
HP)


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村

2016/05/07 06:00 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

ローマへの道「トラピスト修道院」北斗市

日本縦断の旅の報告第五弾!

知内町をから函館までの帰り道、こちらに立ち寄りました。
なんと素敵な光景でしょう!
北斗市が観光名所として売り出している「ローマへの道」です。
奥に小さく見えるのが「トラピスト修道院」です。
P1250202(1).jpg

ここからは坂道を登っていきます。
P1250190(1).jpg

とても綺麗な建物ですね。
P1250192(1).jpg
P1250193(1).jpg
P1250194(1).jpg

約130年前の建物なんですね。
P1250196(1).jpg

上から見てもとても綺麗です。
夜はライトアップしているそうです。
雪の季節に見てみたいですね。
P1250198(1).jpg




童謡「赤とんぼ」の作詞者である詩人の三木露風の碑がありました。
P1250188(1).jpg
P1250189(1).jpg


「トラピスト修道院」
1894年(明治27年)、当時の函館教区教区長A.ベルリオーズ司教がトラピスト会総長に日本に創立の可能性を打診したのが始まりである。
信徒により函館市郊外、当別の原野が寄進され、1896年(明治29年)10月末には9名の修道士の来日をみた。
そして、同年11月21日聖母奉献の祝日にベルリオーズ司教の司式で修道院の開院式が開かれて、教会法的に正式な創立となった。
新修道院は付近の葛登支(かっとし)灯台にちなみ、灯台の聖母修道院と名付けられた。所在地から当別修道院と呼ばれることもある。
1897年(明治30年)1月、ノルマンディー地方にあるブリックベック修道院の副院長であるジェラール・プゥイエが、修道院長として来日し、当別に着任する。
1898年(明治31年)4月30日には、函館湯川に女子トラピスチヌ修道院天使園が創立される。
1908年(明治41年)、当別小教区が創設された。
当初は当別修道院に併設されていたトラピスト学園(孤児院)の聖堂が使用されたが、プゥイエ(帰化して岡田普理衛と名乗る)によって当院の門前に聖堂が建てられ、1917年(大正6年)に祝別、聖リタに捧げられた。
以来、当院の司祭が司牧している。
本来、観想修道会である厳律シトー会の司祭が小教区を司牧することはないのであるが、当院は例外的に許可を受けている。
聖堂は、その形から『まるみ堂』とも呼ばれた。
1935年(昭和10年)の総会で、灯台の聖母修道院は大修道院に昇格される。
現在、当別修道院の他、男子修道院としては1980年(昭和55年)大分県速見郡日出町に開設された『お告げの聖母修道院』(大分トラピスト修道院)を、また女子修道院はトラピスチヌ修道院の他、国内に四ヵ所、海外(韓国)に1ヵ所を子院として持ち、会員は「祈り働け」をモットーに、各修道院にて労働と祈りの日々を送っている。
童謡「赤とんぼ」の作詞者として知られている詩人の三木露風は30代の初めの頃、プゥイエ院長の招きで当院の文学概論、美学論などの講師として夫人とともに4年間を当別で過ごし、その間に夫婦で受洗してカトリック信者となった。
また、男爵イモの開発者として知られる川田龍吉男爵も、その晩年に当別教会にて、D.ベネディクト大修道院長によって洗礼を授けられた。
当別修道院や大分修道院で作られたバターやクッキーは有名で、好評を博している。
※この情報はこちらから!

(所在地)
北海道北斗市三ツ石392

大きな地図で見る
(電話番号)
0138-75-2108
HP


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村

2014/09/19 06:00 | COMMENT(1)TRACKBACK(0)

地元民が楽しく集う場「喫茶ポエム」知内町

日本縦断の旅の報告第三弾!

函館で美味なお寿司をいただいた二朗が次にお伺いしたのが知内町です。
知内町ってどこって方のために地図でお示ししましょう。
函館から西に約40キロの人口5000人の町です。

大きな地図で見る

夕方からの仕事を終え、地元の方にご案内いただいたのがこちらのお店です。
喫茶店なんですが、いろんなお料理がいただけるようです。
多くの方々に集まっていただき、15名ほどの大宴会となりました。
P1250157(1).jpg


まずは地元で獲れた「マコガレイ」と
P1250165(1).jpg


「エンガワ」のお刺身です。
とても新鮮で美味です。
P1250169(1).jpg

知内町は牡蠣の名産地でもあるようです。
残念ながら今の季節は時期ではなくて、唐揚げでいただきました。
小振りですが身はとてもしっかりしていました。
P1250167(1).jpg

北海道産のアスパラを使った「アスパラベーコン」です。
P1250159(1).jpg

「チャーシュー」です。
P1250162(1).jpg

「玉子焼き」もいただきましょう。
結構な大きさにビックリです。
P1250163(1).jpg

最後は「ピザ」で〆ます。
P1250172(1).jpg

現場でご苦労いただいているお話をたくさん聞かせていただき、思いを新たにした二朗だったのでありました。


(所在地)
北海道上磯郡知内町重内17-6

大きな地図で見る
(電話番号)
01392-5-7377
食べログ


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村

2014/09/18 06:00 | COMMENT(2)TRACKBACK(0)

「かにめし本舗かなや」長万部町

グルメランチの報告です。
寿都町での仕事を終えた二郎は、長万部からまた移動します。
お昼時だったので、駅前で弁当を調達しました。
60年以上の歴史のある老舗のお弁当屋さんです。
P1200872(1).jpg

この地ならではの「かにめし」をいただきます。
P1200875(1).jpg
P1200878(1).jpg

フレークにされたカニが敷き詰められています。
茹でたカニ身をほぐしフレーク状にし、タケノコを入れて釜で炒っているそうです。
これは美味!お手頃価格でこんなにたくさんのかにがいただけるなんて・・・
特した気分になりました。
P1200880(1).jpg


(所在地)
北海道山越郡長万部町字長万部40番地の2

大きな地図で見る
(電話番号)
01377-2-2007
メニュー
メニュー
食べログ
HP


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村

2013/10/19 08:00 | COMMENT(4)TRACKBACK(1)

 | BLOG TOP |