FC2ブログ

店主こだわりの縄のれんが温かく迎えてくれる居酒屋!「桂成」平取町

今宵は日高地方平取町にお伺いしました。
夕方からの仕事を終えて、地元民にご案内いただいたのがこちらの居酒屋。
縄のれんが迎えてくれて、心が和みます。
店内も店構え同様温かみがたっぷりのひなびた感が漂う装い。
P1440652(1).jpg

まずは「トマトサラダ」をいただきます。
平取町は知る人ぞ知るトマトの名産地!
とても瑞々しくって甘みがあって美味です。
P1440653(1).jpg
※平取町のトマトの概要です。
平取町でトマト栽培が本格化したのは、1970年代前半。
コメ余りによる減反政策を受けたもの。
平取町の気候は基本的に涼しく、春の日照時間も長め。
夏も暑くなり過ぎない。
トマトの栽培に良い感じ。
食生活の洋風化も進み、トマトの需要も伸びそう。
栽培の経験を積みつつ、10年ほど経った頃に現れたのが、トマトの品種「桃太郎」。
美味しく作るのはなかなか難しいが、完熟すれば甘みたっぷりな、大玉ピンク系のトマト。
完熟しても輸送に強い点も、本州の大消費地から遠い平取町には良い。
桃太郎の生産に本腰を入れ、1991年には桃太郎に一本化。
年々その栽培面積も拡大、同時に生産量も伸ばし、今では北海道一の産地となっている。

この情報はこちらから拝借しています。

「串焼き盛り合わせ」です。
大好きな砂肝もありました。
P1440659(1).jpg

「タコザンギ」です。
食感を楽しみます!
P1440660(1).jpg

「牛タン焼き」は塩コショウがいい感じで効いてて美味です。
P1440672(1).jpg

「イカ刺し」は甘みたっぷり!
P1440674(1).jpg

地元民との会話も盛り上がり、楽しい一時を過ごすことができました!


(所在地)
北海道沙流郡平取町本町41-14

(電話番号)
01457-2-3495
食べログ


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村

2017/12/23 07:00 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

トマトと牛肉の町でいただくニシパの恋人ランチは980円ととってもお得!「くろべこ」平取町

グルメランチの報告です。

今日は日高地方平取町にお伺いしました。
平取いえば、トマトと和牛を特産品として売り出しています。
その両方をいただけるお店を探し、こちらにお伺いしました。
ステーキやハンバーグがメインの洋食レストランです。
店内は結構広くて、テーブル席のほか小上がり、個室もあって用途によっていろんな使い方ができそうです。
P1430633(1).jpg
P1430630(1).jpg

夏限定のランチ(10月末まで夏メニューのようです。)をいただきます。
「びらとり和牛と黒豚のWハンバーグトマトづくし」です。

P1430619(1).jpg

ハンバーグが二個ついてきて、黒豚とびらとり和牛の二種類のハンバーグです。
ハンバーグの下にトマト、上にはチーズで、さらにライスもトマトライスと「トマトづくし」ですね。
黒豚と和牛を食べ比べると、牛の方がやっぱり濃厚です!
でもどっちも肉汁たっぷりで美味です。
トマトライスはあまり風味は感じません。
P1430625(1).jpg

もれなくサラダと
P1430626(1).jpg

スープが付いてきます。
P1430629(1).jpg

地元ならではの一品に満足感高めでした。


(所在地)
北海道沙流郡平取町字紫雲古津200-2

(電話番号)
01457-2-4129
メニュー
食べログ


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村

2017/10/24 07:00 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

静かな町に静かに佇む居酒屋は地元民に愛されています!「日だまり」平取町

今宵は、日高平取町に出没です。
翌日の仕事に備え、前日入りして地元の方との懇親会でご案内いただいたのがこちらの居酒屋。
この日は天気が悪くて周りは真っ暗で、店名の写真もこれが限界でした。
店内はひなびた感たっぷりで、居心地がよさそうです。
P1340733(1).jpg
P1340732(1).jpg

コース料理をいただきます。
まずはお通し。
二品あります。
切り干し大根です。
P1340736(1).jpg

冷や奴にウズラの卵は珍しい・・・
P1340737(1).jpg

刺身の盛り合わせです。
どれも新鮮でとっても美味!
P1340739(1).jpg

チゲ鍋です。
ボリュームたっぷりで辛さもちょうどよくって肉も多くて美味しくいただきました。
P1340742(1).jpg

焼き物は手羽先やばら肉など盛りだくさんです。
P1340751(1).jpg

〆は玉子巻きと写真に写っていませんが納豆巻きです。
納豆を食べることができない二朗はもちろん玉子巻きだけをいただきます。
P1340747(1).jpg

アットホーム感たっぷりの料理の数々に心が和んだ二朗だったのでありました。


(所在地)
北海道沙流郡平取町本町40-3

(電話番号)
01457-2-2216
メニュー
食べログ


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村

2016/11/19 07:00 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

地産の食材で最高のおもてなし、トマトの産地で温泉を楽しむ!「びらとり温泉ゆから」平取町

富良野を後にして、次に向かったのが平取町です。
「平取町ってどこ?」って方々に!

今年10月現在の人口は5400人。
主な基幹産業は農業です。
なかでもトマトはとっても美味です。
平取町は、明治32年(1899年)7月に門別戸長役場から平取外八ヶ村として分村して以来、先人たちのかけがえのない尽力により、100年以上の歴史を着実に発展しながら積み重ねてきた。
まちづくりでは恵まれた自然環境のもと、主力産業である農業において全国的な知名度となった「びらとりトマト」の安定栽培をはじめ、びらとり和牛ブランドの確立。
また、歴史的にも特色あるアイヌ文化を今に伝える伝承事業への取り組み、人材育成など恵まれた地域資源を活かした活動に取り組んでいる。

※この情報は町のHPから拝借しました。

そんな平取町のこちらの宿にお伺いしました。
P1310006(1).jpg

レストランで「ゆから膳」をいただきます。
地元の食材にこだわった料理の数々が提供されます。
袋の中にはすき焼きで使う綿飴が入っています。
P1300974(1).jpg

まずは前菜の「三種盛り合わせ」です。
P1300977(1).jpg

「お刺身」です。
とても新鮮で美味!
P1300975(1).jpg

「びらとり和牛のすき焼き」のお肉です。
見事でしょう!
P1300981(1).jpg

すき焼きの野菜です。
すき焼きにたまねぎって一般的なんでしょうか?
P1300982(1).jpg

焼き物は「襟裳沖油坊主の幽庵焼き」です。
P1300988(1).jpg

レンストラン内にあるピザ釜で焼かれたピザです。
焼きたてはとっても美味でした。
P1300992(1).jpg

「黒豚のトマト煮」です。
トマトの味がお肉によく染込んでいます。
こんな調理の仕方もあるんですね。
P1300996(1).jpg

「寒締めほうれん草のスムージ」です。
トマトとの二毛作で作られているこの時期のほうれん草のスムージはまろやかでとっても美味!
P1300997(1).jpg

「浅利と舞茸の土瓶蒸し」です。
お猪口でいただきます。
P1300999(1).jpg

デザートの「カミラーナ」です。
はじめてカミラーナと呼ばれるものをいただきましたが、なんとも幸せな味です。
P1310003(1).jpg

地産地消にこだわった料理のラインナップにとっても満足!
塩水の温泉にまったりと入り、心も体もキレイにしていただきました。
今度は是非ゆっくりお伺いしたいものです
人気の宿であることが確認できました。


(所在地)
北海道沙流郡平取町二風谷92-6

(電話番号)
01457-2-3280
メニュー
食べログ
HP)


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村

2015/12/17 06:00 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

 | BLOG TOP |