FC2ブログ

山奥なのに本格的なインドカレーがいただける人気の食堂!「ONSEN食堂」札幌市南区定山渓

グルメランチの報告です。

札幌岳から下山後、ちょうどお昼時だったので、前々から一度お伺いしたかったこちらへ。
定山渓温泉の奥にある豊平峡温泉の食堂です。
ここで一汗流したいところですが、十分な着替えを持ってこなかったので我慢します。
ひなびた感漂う宿の中の食堂は結構広くて、屋内52席のほかテラス席もあり、計97席と結構な広さです。
人気店で食券を買うのに並びます。
関はもちろん満席。
インド人と思われる店員が数人いて、本格的なお店のようです。
P1080744(1)_201806171706522a9.jpg

「シーフードカレー」をいただきます。
辛さは5段階で選べます。
「HOT 辛口」にしました。
粘度が少しあり、野菜やスパイスがたっぷり煮込まれて出来た粘度のようです。
スパイシーですが、食べ易くて美味です。
P1080736(1)_20180617170652140.jpg

大きなナンでいただきました。
P1080741(1).jpg

久しぶりに本格的なインドカレーをいただき、満足感高めの二朗だったのでありました。


(所在地)
札幌市南区定山渓608-2 豊平峡温泉

(電話番号)
011-598-2410
(メニュー
(食べログ


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村

2018/06/25 07:00 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

店に入る時に『ただいまぁ』と言いたくなる本場長崎ちゃんぽんのお店!「ジュン」札幌市南区簾舞(みすまい)

グルメランチの報告です。
今日はドライブを兼ねて、南区へ。
お昼時になって、何をいただこうかとググッてたどり着いたのがこちら。
本場の長崎チャンポンがいただけるとのことです。
もうすぐ定山渓って山深いところの町の一角にお店はありました。
オレンジ色の壁が目立つ普通の家です。
玄関も普通の家の玄関フードなのですが食品サンプルが飾ってあります。
玄関ドアには「チャイムは鳴らさずそのままお入りください」って張り紙がありますが、ホントに入っていいの?って感じです。
玄関ドアを開けるとそこはごく普通の家の玄関で、靴を脱いで上がります。
で玄関から続く廊下を奥に進むと、居間らしき店内にたどり着きました。
お客用のテーブルとイスが備え付けられてるだけで、どう見ても普通の家の居間ですね。
席についても知り合いの家に遊びに来たみたいな感覚で、なんとも落ち着きません。
25席あり、テーブル6人席×1、テーブル8人席×1 座敷3人席×1、座敷8人席×1と大人数でも一緒に座れます。
人気のようで店内は満席状態。
P1480320(1).jpg
P1480321(1).jpg

当然「ちゃんぽん」をいただきます。
野菜がたっぷりのっかって丼が登場。
早速スープを一口。
ベースは豚骨のようですが、特有の臭みも感じられず、スープそのものはあっさりしていて、塩で味を付けされているようです。
具材の旨味が染み出して意外なほど奥行きを感じるスープになっています。
麺は白っぽい中太のストレート麺。
食べやすくスルスルって感じで頂けます。
具材は豊富な野菜がたくさん。
モヤシ、玉ねぎ、キャベツ、木耳、ニンジン、こま切れ肉、ナルト・・・
海の幸を期待していたんですが、わずかにイカのゲソが入っていただけでした。
ちょっと残念さを感じてしまいました。
P1480316(1).jpg

店に行くためにナビに行き先を入力していて気になったのが店のある「簾舞」という地名です。
「簾」はすだれですが、なんと読むかわかりません。
帰って調べると、「みすまい」とのこと。
由来を調べてみました。
アイヌ語の「渓谷にある川」という意味の「ニセイオマップ」が語源。
それが訛って「ミソマップ」と呼ばれるようになり、さらに「簾舞」という漢字が当てられた。
日本語読みに当てた漢字「簾」一字を以って「みす」と読ませている語源は「御簾(みす)」。
明治期、この地域にある豊平川の一つの支流が滝のようになっている様が、そう例えられたためであるという説が有力である。
札幌市内の地名は比較的読みやすいものが殆どである中で、これは難読地名の一つとなっている。

※wikipediaより


(所在地)
札幌市南区簾舞一条5-9-1

(電話番号)
011-596-3676
(メニュー
(食べログ


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村

2018/06/21 07:00 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

「こってり」なのに「あっさり」という「こっさり」したスープが持ち味の全て北海道産の食材にこだわったラーメン店!「山嵐天上天下龍我独尊」札幌市南区藤野

札幌ラーメン調査第26弾、グルメランチの報告です。

今日は定山渓にお出かけして、帰る道中で立ち寄ったのがこちらラーメン屋さんです。

麺屋のひしめく札幌市で新しいスタイルのラーメンを探っているお店のようで、「こってり」なのに「あっさり」という「こっさり」した特徴ある豚骨味のラーメンがいただけるようです。
狸小路のお店と姉妹店ですが、なんとも難しい店名ですよね。
北海道らしい心温まる木を使ったぬくもりのある店の内装が落ち着いた雰囲気を醸し出しています。
P1300329(1).jpg

「赤たん」をいただきます。
麺は、太麺でやや縮れ気味。
二郎系の麺と札幌の麺の中間くらいの感じす。
食感や茹で具合は、ちょうどいい塩梅。
スープは、塩ベースの濃厚なとんこつ味です。
でも、それほどくどくはなく、背脂は、ほとんど掛っていません。
唐辛子が、一面に掛っています。
見た目よりは、あまり辛くなくて、麻婆豆腐に合う旨みのある「朝天辣椒面」のような唐辛子のようです。
野菜などをいためた油の美味い味が強く感じます。
塩分やや高めのたっぷりの具材は、キャベツ、ニラ、豚肉、もやし、きくらげ、人参、玉ねぎ、チンゲン菜、白菜と盛りだくさんです。
お腹一杯になりました!
P1300319(1).jpg


(所在地)
札幌市南区藤野3条2-1-52

(電話番号)
011-592-0005
メニュー
食べログ
HP)


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村

2015/11/09 06:00 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

「札幌国際スキー場」札幌市南区定山渓

早春の札幌グルメツアー報告第四弾です!

札幌ツアー二日目は、女性群は小樽観光に出かけ、SAMさんと二朗は今シーズンの滑りおさめに出かけました。
行き先は「札幌国際スキー場」です。
札幌市内から最も近い本格的なスキー場なんです。
ホテルの前からバスに乗ること約80分で到着しました。
途中バスの中でリフト券付のチケットを購入します。
添乗員の説明によるとシニアチケットなるものがあるようで、55歳からとのこと。
SAMさんは当然該当しているのですが、二朗にもそのチケットを渡そうとするので、「いえいえ、まだその年齢に達していません」とお断りしました。
後から考えると、素直に受け取ればよかったと後悔しました。
年上に見られたのが快く思えなかったのです・・・
P1100966(1)_20140329131134482.jpg
P1100967(1)_20140329131136f46.jpg

コースは少なくちょっと単調ですが、われわれお年寄りにはこれで十分です。
P1100929(1)_20140329130935464.jpg

早速滑りましょう!
ゴンドラに乗って頂上へ。
P1100962(1)_201403291311325b9.jpg

やはりボーダーが多いです。
雪はこの時期でもパウダースノーです。
P1100932(1)_20140329130935820.jpg
P1100928(1)_20140329130932207.jpg

SAMさんの雄姿です。
かっこいいでしょ!
P1100963(1)_20140329131133b45.jpg

四本もすべるとひざがガクガク!
ビールタイムとなりました。
もちろん札幌クラシックです。
P1100937(1)_20140329130936764.jpg

スキーの定番カレーライスをいただきました。
P1100939(1).jpg

スキーの板の裏を使って雪の結晶を撮ってみました。
いろんな形の結晶があります。
おもしろい!
P1100920(1)_20140329132248a57.jpg
P1100922(1).jpg

リフト券付のバス代が往復4800円(ちなみにシニアは4000円!)、スキーレンタル代が3500円。
とってもリーズナブルで十分楽しめました。


「札幌国際スキー場」
(所在地)
札幌市南区定山渓937

大きな地図で見る
(電話番号)
011-598-4511
HP


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村

2014/04/03 06:00 | COMMENT(2)TRACKBACK(0)

「藻岩山」札幌市南区

格安航空券活用北海道ツアー第二弾です。
札幌には何度かお伺いしているSAMさんと二朗は、札幌駅前でラーメンをいただいた後、市内散策に出かけました。
主な観光地はすでに訪問していたため、今回お伺いしたのはこちら。
市民の憩いの場所「藻岩山」です。
まずはすすきのから市電に乗ります。
P1120870(1).jpg

藻岩山の麓に到着しました。
ロープウェイをはじめとした、観光施設は昨年末にリニューアルオープンしたばかりで、どれもこれもピカピカです。
まずは藻岩山麓駅から「ロープウェイ」に乗ります。
とても静かで乗り心地もいいです。
P1120875(1).jpg
P1120901(1).jpg

藻岩中腹駅からはケーブルカー「もーりす」に乗ります。
こぢんまりしていてかわいいです。
P1120878(1).jpg

山頂駅に到着しました。
山頂からは市内が一望出来ます。
札幌市内をこんな眺め方ができる場所があったんですね。
P1120880(1).jpg
P1120881(1).jpg
P1120883(1).jpg
P1120885(1).jpg
P1120886(1).jpg


山頂にはまだ雪がたくさんありました。
P1120896(1).jpg

(所在地)
札幌市南区

(電話番号)
011-616-1601
HP)


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村

2012/03/30 22:52 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

 | BLOG TOP |