函館朝市でいただく海鮮丼はなんとワンコイン、だからと言って手抜きはありません!「朝市食堂二番館」函館市

函館の夜をたっぷり楽しんだ翌朝は当然のように朝市に出かけます。
たくさんのお店が並んでいてどこに入っていいかまったくわかりません。
そんな中二朗がチョイスしたのはこちらのお店。
市場の2階に店はあります。
店内は多くの観光客で賑わっています。
P1340965(1).jpg
P1340967(1).jpg
P1340960(1).jpg

「海鮮丼」をいただきます。
もれなくお味噌汁とお新香が付いてきます。
これでなんとワンコインとはとってもお得!
P1340953(1).jpg

8種の丼は、どれも新鮮でそれぞれの味を楽しみます。
ちょっと小さめの丼、量が少ないことも少食の二朗にはピッタリです。
P1340956(1).jpg

CP最高のこちらのお店、少なめでいいという方にお勧めです!


(所在地)
北海道函館市若松町9-19 函館朝市内駅二市場2F

(電話番号)
0138-22-5330
メニュー
食べログ


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村

2016/11/30 07:00 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

ほっけの王様根ぼっけを中心に道南産の良質な天然魚介類、農畜産物を材料に全て手作り製造のお店!「根ぼっけ」函館市

いか清でたっぷり美味な料理とお酒をいただいたはずなのにまだ飲み足りなさを感じた一行は次に流れます。
続いてご案内いただいたのがこちらの居酒屋。
その名も「根ぼっけ」!
美味しいのホッケがいただけるはず。
期待が膨らみます。
P1340929(1).jpg
P1340927(1).jpg

まずはお通しです。
P1340936(1).jpg

「根ぼっけ」です。
脂がのっていて最高!
P1340945(1).jpg

箸休めとしてお漬物もいただきます。
P1340942(1).jpg

「根ぼっけバッテラ棒鮨」です。
こんなの初めて!
ホッケもいろんな味わい方があるんですね。
P1340948(1).jpg

こんなお酒がありました。
玉の光の「みぞれ酒」です。
飲み口がよくてどんどん飲んでしまいます。
P1340938(1).jpg

どの料理もとても美味、さらに気持ちよく酔っ払った二朗だったのでありました。
残念ながら照明が暗くて、写真のできはイマイチでした・・・


(所在地)
北海道函館市松風町8-19

(電話番号)
0138-27-4040
メニュー
食べログ
HP


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村

2016/11/29 07:00 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

透き通る美しさは新鮮な証拠、函館の特産品・イカを活きづくりで味わうなんとも贅沢な一時!「いか清大門」函館市

今宵は函館に出没です。
地元民との懇親会でご案内いただいたのがこちらの居酒屋。
函館は日本有数の水揚げ量を誇るイカの産地。
そんな函館を代表する海の幸を味わうなら、こちらの店ということで楽しみにやってきました。
店内はとてもきれいでかつ広くて居心地がよさそう。
それもそのはずこちらは今年の5月に開店したばかり。
本店はこちらにあるそうです。
P1340888(1).jpg

店の外壁にはイカが・・・
P1340889(1).jpg

早速乾杯!
グラスにもイカが泳いでいます。
P1340905(1).jpg

コース料理をいただきます。
「前菜」は二朗の大好きなナマコです。
P1340894(1).jpg

「刺身の盛り合わせ」です。
当然どれもとても新鮮です。
P1340898(1).jpg

刺し盛のお皿の一角には「活イカ」が・・・
箸で突っつくと足を上げて挨拶してくれました。
刺身を生姜醤油でいただきます。
甘さが際立っています。
P1340897(1).jpg

ゲソの部分は唐揚げにしてもらいました。
弾力感があり、塩が効いていてとても美味でした。
P1340922(1).jpg

「鮭の焼き物」は絶妙の焼き加減で上品なお味です。
P1340912(1).jpg

「揚げ物」です。
大きな海老はプリプリでした。
P1340915(1).jpg

「鍋物」は、豚肉と湯葉を
P1340901(1).jpg

豆乳鍋でいただきます。
お肉は豆乳との相性がバッチリ、食が進みます。
P1340908(1).jpg

ご飯物はお寿司でした。
手前の握りは・・・
説明をしてもらったはずなんですが何の握りか忘れてしまいました・・・
P1340916(1).jpg

最後はデザート!
P1340925(1).jpg

このコース2時間飲み放題付きでなんと5,000円!
満足満足の二朗だったのでありました。


(所在地)
北海道函館市若松町6-10

(電話番号)
0138-27-1506
メニュー
食べログ
HP


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村

2016/11/28 07:00 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

函館駅近くの文字通りのあかちょうちん、炉端のカウンターが楽しい居酒屋さん!「あかちょうちん」函館市

黄金週間、道南の旅の報告、第五弾!

美味な塩ラーメンをいただいた後は、雨も上がったので、五稜郭にお伺いしました。
桜も二朗が来るのを何とか待っていてくれたようで、あでやかな姿を見せてくれました。
P1320514(1).jpg

五稜郭タワーから見下ろします。
見事な景色です。
P1320510(1).jpg

その後は、道立函館美術館でフランス近代美術で心を洗いました。
P1320524(1).jpg

夕刻からは、函館山登山にトライ、小一時間で登ることができました。
しばらく待って夜景撮影に挑戦です。
風も強くて、寒くて寒くて・・・、それに雨も降り出し・・・
何とか撮れたのがこの写真!
二朗のカメラと腕ではこれが限界でした・・・
P1320560(1).jpg

街中に戻り、冷えた体を癒すためにこちらの居酒屋さんへ。
その名も「あかちょうちん」です。
店内は、店主を囲むようなカウンター席と、4人席がいくつかあります。
カウンターの一角に陣取りました。
P1320564(1).jpg

ボートのオールのような大きなしゃもじのようなものに乗っかってお通しがやってきました。
P1320573(1).jpg

「タコ刺し」をいただきます。
頭のようですが、結構大きなタコだったんでしょうね。
弾力感のある歯ごたえは二朗好みです。
P1320571(1).jpg

知内産の「生牡蠣」です。
とてもクリーミーで美味です。
P1320576(1).jpg

こちらは「ホタテ焼」です。
いい味付けです。
P1320577(1).jpg

「じゃがバター」です。
甘いジャガイモでした。
P1320580(1).jpg

どの料理もまずまずのリーズナブルさで居心地もよかったです!


(所在地)
北海道函館市若松町18-21

(電話番号)
0138-26-6906
メニュー
食べログ


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村

2016/05/11 06:00 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

流石と感じる函館塩ラーメンの老舗!「星龍軒」函館市

黄金週間、道南の旅の報告、第四弾!

朝一で朝食をいただき、お腹が一杯になった二朗は雨の中、元町観光に出かけます。
まずは赤レンガ倉庫群です。
趣がありますねえ・・・
P1320447(1).jpg

次に二十間坂を上っていくと
P1320454(1).jpg

なぜか自由の女神が迎えてくれました。
P1320455(1).jpg

カトリック元町教会です。
江戸時代末期、フランス人宣教師のメルメ・カションが仮聖堂を建てたのが始まりだそうで、内部にある祭壇は日本で唯一ローマ法王から贈られた貴重なものとのこと!
P1320460(1).jpg

チャチャ登りです。
函館では珍しいアイヌ語の坂名で、幕末頃付いた名前だそうです。
チャチャとはおじいさんのことで、急な小坂を前かがみに腰を曲げて登る姿が老人に似ていたことからこう呼ばれたそうです。
P1320464(1).jpg

函館らしい景色ですね。
P1320467(1).jpg

函館ハリストス正教会です。
安政6年、初代ロシア領事館付属聖堂として建てられた日本最古のギリシャ正教会の聖堂です。
ガンガン寺の愛称で親しまれている元町教会群を代表するシンボル的存在となっています。
P1320474(1).jpg

八幡坂です。
海まで転げ落ちてしまいそうですね!
P1320479(1).jpg

旧函館区公会堂です。
明治43年当時の大富豪の巨額の寄付によって建てられた木造洋館です。
大正天皇が皇太子時代に泊まられたとのこと。
明治時代の面影を残す貴重な建物ですね。
P1320485(1).jpg

結構歩き回ってお腹が空いてきましたので、ランチにしましょ!
函館にお伺いしたら、やはり塩ラーメンをいただかないとと、いうことで、チョイスしたのがこちらの中華料理店です。
開店の時間に店の前に着くと、すでに長蛇の列、躊躇せずに並びます。
待つこと40分でやっと入店できました。


P1320497(1).jpg

「塩ラーメン」をいただきます。
具はめんま、ねぎ、三つ葉、チャーシュー麺2枚といたってシンプル。
麺は中太でやや縮れ。
スープはあっさりした黄金色でこれぞも函館ラーメンといった感じです。
油はほとんどなく、豚のうま味が前面に出ています。
チャーシューも柔らかくて、味もバッチリ!
バランスのよさが際立っています。
P1320495(1).jpg

人気店なのがうなずける一杯でした!


(所在地)
北海道函館市若松町7-3

(電話番号)
0138-22-0022
メニュー
食べログ
HP)


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村

2016/05/10 06:00 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

函館朝市内の海鮮丼屋さんで朝食を食す!「すずや食堂」函館市

黄金週間、道南の旅の報告第三弾!

二日目の朝食は朝市でいただこうとお伺いすると、たくさんの人で大賑わいです。
お客さんも多いですが、店も多くてどこがいいかまったくわかりません。
おそらくどこも一緒だろうと入ったのがこちらの食堂です。
店の入口では活イカの釣りができます。
若い女性がキャアキャアいいながら楽しんでいました。
P1320432(1).jpg

イカ丼をいただきます。
もれなく味噌汁と漬物が付いてきます。
P1320435(1).jpg

イカが光っています!
生姜醤油でいただくと甘くて食感も最高。
ご飯の量も多くお腹一杯になりました。
P1320440(1).jpg

味噌汁も磯の香りがたっぷりです!
P1320443(1).jpg

これだけたくさんの人が朝食にやってきているということは、各ホテルの朝食は閑古鳥なんでしょうね!


(所在地)
北海道函館市若松町10-4 函館朝市内

(電話番号)
0138-23-0461
メニュー
食べログ
HP)


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村

2016/05/09 06:00 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

地元の海の幸が豊富な函館駅前の居酒屋!「魚さんこ」函館市

黄金週間、道南の旅の報告第二弾!

三八飯店で美味な浜チャンポンをいただいた二朗は、さらに南下を続けます。
森町を過ぎた頃から目前に駒ヶ岳 が現れました。
1131メートルある活火山で、渡島富士とも呼ばれているようです。
左が駒ヶ岳、右が西円山です。
P1320378(1).jpg

さらに南下すると鹿部町に到着しました。
こちらには間歇泉があるとのことなので見学します。
12~13分毎に温水が吹き上がります。
結構な勢いです。
隣には足湯があったので、一時マッタリと過ごしました。
P1320399(1).jpg
P1320400(1).jpg

その後半島を海沿いに走り、無事目的地の函館市に到着しました。
今日の走行距離は340キロ!
地図

早速夜の街に出かけます。
やはり海の幸をいただこうとチョイスしたのはこちらの居酒屋。
ひなびた感たっぷりで居心地よさそうです。
多くのお客さんで賑わっていました。
P1320404(1).jpg

まずはお通し!
P1320410(1).jpg

刺身の盛り合わせです。
今日のお魚は、まぐろ、ほっけ、にしん、つぶ貝です。
どれもとっても新鮮でプリプリ!
なかでもつぶ貝のコリコリ感は最高でした。
P1320411(1).jpg

二朗の好きな厚揚げもいただきます。
結構肉厚でした。
P1320416(1).jpg

ホッケの半身です。
とても脂がのっていました!
P1320422(1).jpg

じゃがバターです。
北海道では定番のイカの塩辛を乗せていただきます。
P1320423(1).jpg

最後にあら汁(潮汁風)をいただきます。
いい出汁出ています!
P1320427(1).jpg

どれもこれも美味で外れなし!
新幹線で行けるようになった函館ですが、訪問の際は是非こちらへ。


(所在地)
北海道函館市若松町19-3

(電話番号)
0138-22-0008
メニュー
食べログ


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村

2016/05/08 06:00 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

函館ラーメンを命名したお店「元祖はこだてラーメンおんじき庭本」函館市

日本縦断の旅の報告第六弾!

グルメランチの報告です。
トラピスト修道院を見学した二朗は、函館空港に戻ってきて、搭乗前に腹ごしらえということで空港内にあるこちらへ。
函館にお伺いしたらやはり塩ラーメンをいただかないと帰れません。
店の前の説明文を読むと元々函館では塩ラーメン系の店が多かったところに1971年に函館空港に出店の際あえて塩ラーメンとはせず、函館ラーメンと命名し、それが函館ラーメン=塩ラーメンとなったとのこと。
その元祖がここだそうです。
P1250208(1).jpg

「函館ラーメン」をいただきます。
もちろん塩味です。
とてもさっぱりしていてやさしいスープです。
上品さを感じる一杯でした。
P1250204(1).jpg


(所在地)
北海道函館市高松町511 函館空港内

大きな地図で見る
(電話番号)
0138-57-9100
メニュー
食べログ


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村

2014/09/20 06:00 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

オーシャンビューの回転寿司店「函太郎」函館市

日本縦断の旅の報告第二弾!
グルメランチの報告です。

岸和田で隣客との会話を楽しんだ翌朝二朗は、関西国際空港から羽田空港経由で函館空港に到着しました。
ちょうどお昼時で、地元の方にご案内いただいたのがこちらの海岸沿いにある回転寿司店です。
回転すしだからって侮ることなかれ、実はこちらは地元では有名店なんです。
P1250148(1).jpg

店内からは当然オーシャンビューで食事がいただけます。
P1250151(1).jpg
P1250124(1).jpg

それでは早速いただきましょう。
まずは「ほたて」
P1250126(1).jpg

続いて「中トロ」
P1250127(1).jpg

「生イカ」
P1250129(1).jpg

「うに」
P1250133(1).jpg

「ホッキ」です。
ゆでていない生なのでこの色です。
P1250135(1).jpg

「生たこ」
P1250136(1).jpg

「赤身」
P1250138(1).jpg

「タラバガニ」
P1250141(1).jpg

「つぶ貝」
P1250144(1).jpg

「イクラ」です。
P1250146(1).jpg

いやあこんな美味なお寿司は久しぶりです。
銀座でいただいたらいくらになるんでしょうか・・・・
とっても上品な新鮮なねたにとっても満足です。
北海道ならではのお店と価格でした。

店の外にはこんな海が広がっていました。
P1250149(1).jpg



(所在地)
北海道函館市宇賀浦町14-4

大きな地図で見る
(電話番号)
0138-32-4455
メニュー
メニュー
メニュー
食べログ
ホットペッパー
HP)


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村

2014/09/17 06:00 | COMMENT(0)TRACKBACK(1)

 | BLOG TOP |