パンチ力抜群のコク深いスープと札幌では珍しい太目のストレート麺のコラボはバッチリ!「山嵐黒虎(ヤマアラシクロトラ)」札幌市南3条

札幌ラーメン調査第69弾、グルメランチの報告です。

今日はススキノのこちらのラーメン屋さんにお伺いしました。
以前お伺いした「山嵐天上天下龍我独尊」の姉妹店です。
店内は、カウンターのみ8席と小ぢんまりしています。
お昼時前の訪問でしたが、すでに満席。
外に列ができ始めていました。
P1430442(1).jpg

「味噌白」をいただきます。
具は、チャーシューと海苔と挽肉と千切りキクラゲと盛りだくさんです。
まずはスープを一口!
背脂がたっぷり浮いてる豚骨味噌スープはこってりしていてけっこう味濃いめで奥深くなっています。
麺は太めのストレートでとてもしっかりしていてスープとの相性はバッチリです!
P1430450(1).jpg


(所在地)
札幌市中央区南三条西1-2-1

(電話番号)
011-272-9898
メニュー
食べログ


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村

2017/10/12 07:00 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

狸小路の隠れ家的創作和食店でいただく美味な料理に舌鼓!「ひろ志」札幌市南2条

今宵は3ヶ月に一度のメシコレキューレターの飲み会です。
参加者は
 アンジーさんPINYAさんnaoさんkitさんsanさんnoriさんmoritakaさんmojaさんとメシコレの担当者2名と二朗の計11名。
回を重ねるたびに人数が増え、にぎやかになってきました。
今日の会場は、naoさんご推薦のこちらの和食店です。
店はちょっとわかりづらいところにあって迷いそうになりました。
小ぢんまりしてた店内はとてもおしゃれで、いい雰囲気です。
この日は貸切でした。
P1420433(1).jpg
P1420431(1).jpg

コース料理をいただきます。
まずは「前菜」です。
エビはプリプリ!
P1420440(1).jpg

冷たい「茶碗蒸」です。
オクラは珍しいですね
P1420444(1).jpg

「薩摩地鶏」の焼き物です。
お肉はとても柔らか。
P1420459(1).jpg

「ズッキーニの天ぷら」です。
これも珍しいですね。
P1420452(1).jpg

「ミニウニ丼」です。
新鮮なウニはとてもまろやかでやさしい甘さです。
P1420468(1).jpg

「デザート」です。
店主のこだわりがこちらにも現れています。
P1420471(1).jpg

美味な料理と楽しい会話をつまみにお酒が進みました!


(所在地)
札幌市中央区南2西1-6-1 第3広和ビル3F

(電話番号)
011-219-5703
メニュー
食べログ


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村

2017/08/24 07:00 | COMMENT(2)TRACKBACK(0)

二条市場の風情のある隠れ家的な居酒屋!「酒と肴と炉端とマルコ」札幌市南2条

今宵は職場仲間のミコトさんとワンさんにお付き合いいただいて二条市場に出没しました。
観光客で賑わう二条市場にこんな[居酒屋があったとは・・・
P1400809(1).jpg

店内はひなびた感たっぷりでおじさんには居心地がよさそうです。
P1400812(1).jpg

お通しは「ひじきの煮物」でした。
P1400813(1).jpg

「羊のスジ肉マデラ煮込み」です。
コンビーフのような肉はじっくり煮込まれていて味がよく染込んでいます。
P1400818(1).jpg

「よせ豆腐とミズナのサラダ」です。
健康によさそうです。
P1400821(1).jpg

北海道ではめずらしい「水茄子」です。
和歌山在住時代はよくいただきましたが、実に久しぶりでした。
甘くてサクッとした感じは本場そのものでした。
P1400827(1).jpg

「刺身の盛り合わせ」です。
新鮮な4品が並んでいます。
P1400840(1).jpg
P1400833(1).jpg




(所在地)
札幌市中央区南三条東1

(電話番号)
011-231-1663
(メニュー
(食べログ


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村

2017/07/15 07:00 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

静かに流れる大人の世界、ワイン片手に音楽を楽しみます!「円山カンタービレ」札幌市南1条

今宵は職場の宴会の後、飲み足りなさを感じて二次会に流れます。
ミコトさんにご案内していただいたのがこちらの音楽バーです。
P1380054(1).jpg
P1380057(1).jpg

店内はとても落ち着いた雰囲気で、いわゆる大人の世界です。
P1380060(1).jpg

インテリアもいい雰囲気を醸し出しています。
P1380061(1).jpg

赤ワインをいただきます。
大きなグラスで空気に触れさせ、味の変化を楽しめます。
P1380063(1).jpg

お通しです。
「鶏肉のゴママヨネーズ和え」でした。
P1380066(1).jpg

「鶏肉のトマト煮」です。
手羽元、ズッキーニ、茄子、玉ねぎ、人参、セロリそしてトマトがじっくり煮込んであって、奥深い味に仕上がっています。
P1380073(1).jpg

とても柔らかです。
P1380076(1).jpg

ナッツはマスターからサービスしていただきました。
P1380070(1).jpg

こちらのお店には、洋酒はもちろん、焼酎も日本酒もいただけます。
ミコトさんは田酒を美味そうにいただいていました。
P1380082(1).jpg

こちらではクラシックのライブも定期的に行われているようで、音楽好きな方々のオアシスになっているようです。
次回はアマチュアの域を超えてギターを楽しむミコトさんの演奏を聴いてみたいものです!


(所在地)
札幌市中央区南1条西19-291 山晃ハイツ B1F

(電話番号)
011-676-3303
食べログ
(ぐるなび)
 円山カンタービレ
 ジャンル:バー
 アクセス:札幌市営東西線西18丁目駅2番口 徒歩3分
 住所:〒060-0061 北海道札幌市中央区南一条西19-291 山晃ハイツB1F(地図
 周辺のお店:ぐるなびぐるなび 円山公園・西18丁目・宮の森×バー
 情報掲載日:2017年7月17日


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村

2017/04/18 07:00 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

通い詰めたくなるクラシックな佇まいの居酒屋は居心地の良さと素朴な味が自慢!「たかさごや」札幌市南3条

今宵は、お江戸からのお客さんを案内してこちらへ。
1960年創業の居酒屋さんです。
なんとも趣のある店構えですね。
引き戸を開けると、煙で燻された萱葺きの天井、ひなびた感を醸し出している年季の入ったコの字カウンターなどクラシック感たっぷりの店内に心が和みます。
P1370610(1).jpg

まずは「お通し」。
実に渋いですよね。
P1370618(1).jpg
P1370616(1).jpg

「出汁巻玉子」は少々甘め。
P1370619(1).jpg

「刺身の盛り合わせ」はどれも新鮮!
器も素敵です。
P1370624(1).jpg

「シメサバ」です。
プリプリしていました。
P1370627(1).jpg

「ホッケの開き」は超ビッグで肉厚!
食べ応えがありました。
P1370631(1).jpg

「イカゴロ」です。
磯の風味が染み渡ります。
P1370638(1)(1).jpg

最後は「油揚げ」です。
肉厚焼きたてを醤油をかけていただきます。
P1370641(1).jpg

料理も実に渋く、おじさんたちにはたまらないお店ですね。


(所在地)
札幌市中央区南三条西4 坪川ビル1F

(電話番号)
011-231-0841
メニュー
食べログ
ぐるなび


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村

2017/03/23 07:00 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

1955年創業昔ながらの大衆酒場の 雰囲気たっぷりの串かつ屋!「千里」札幌市南3条

クロッキオで美味なイタリアン料理をいただいたメンバーは、親分を見送った後、ちょっと飲み足りなさを感じて次へ。
どこがいいかうろついてたどり着いたのがこちらのお店。
老舗中の老舗の串カツ屋さんです。
店構えもいい味出しています。
店内もこれぞ大衆居酒屋って感じでとても落ち着きます。
P1370590(1).jpg

お通しは「白菜の漬物」です。
P1370595(1).jpg

串揚げをいただきましょう。
まずは当然「串カツ」です。
揚げたてをほくほくしながらいただきます。
お肉はとっても柔らかい!
P1370601(1).jpg

「串エビ」です。
エビはプリプリ!
P1370607(1).jpg

「ポテトサラダ」です。
素朴な味に懐かしさを感じます。
P1370597(1).jpg

やはり二朗はイタリアンよりこんな居酒屋が身の丈にあっているようです。


(所在地)
札幌市中央区南3条西5

(電話番号)
011-231-8826
メニュー
食べログ
ぐるなび


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村

2017/03/21 07:00 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

狸小路にある美味しい料理を気軽に心地良く楽しめる素敵なイタリアンレストラン!「クロッキオ (Crocchio)」札幌市南3条

今宵は職場の親分を囲む会です。
幹事役の二朗がチョイスしたのがこちらのお店。
ワイン好きの親分の好みを踏まえ、ネットを駆使して見つけ出したイタリアンレストランです。
食べログの口コミを見ると結構な人気店の模様。
1ヶ月前に予約しておいて良かったです。
ログハウス風の木の温もりたっぷりの店構えですね。
店内も同様に落ち着いた感じ。
P1370536(1).jpg

まずは、ビールで乾杯します!
P1370542(1).jpg

コース料理をいただきます。
美味な料理の数々をご覧ください。
まずは「あんこう・あん肝・自家製スモークサーモンのテリーヌ」です。
なんとも上品なお味・・・
P1370543(1).jpg

「サバのテリーヌ」です。
鯖をイタリアンでいただけるなんて・・・
臭みもなくとっても美味!
P1370547(1).jpg

「自家製ベーコンとたまねぎのキッシュ」と「ジャガイモのクリームスープにトリュフの泡」です。
キッシュの中にはうまみが詰まっています。
P1370555(1).jpg

「仙鳳趾産牡蠣のポシェ、根セロリのピュレ」です。
温かい牡蠣は中からミルクがあふれ出します。
P1370560(1).jpg

「海水ウニのクリームパスタ」です。
ナント贅沢な・・・
磯の香りがプンプンします。
P1370568(1).jpg

メインは「滝川産の合鴨スノーホワイトチェリバレーのロースト」です。
柔らかいお肉に奥深いソースに思わずにんまり・・・
P1370582(1).jpg

デザートは「カッソナードのカタラーナ」。
さわやかな甘さです。
P1370587(1).jpg

親分との会話も楽しくあっという間に時間が経ってしまいました。
心温まるコース料理にみんな大喜びでした!
また来ようっと!


(所在地)
札幌市中央区南三条西8丁目7-4 遠藤ビル1F

(電話番号)
011-207-3522
メニュー
食べログ
FB
ぐるなび


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村

2017/03/19 07:00 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

1000円でベロベロになれる居酒屋は昼間からやっています!「へべれけ」札幌市南2条

今宵は二朗の生活の中で一区切りがあったので、ご苦労さん会を自ら企画します。
選んだお店はテレビ塔に近くにあるこちらの居酒屋さん。
前々から注目していたお店でその名も「へべれけ」!
直球ど真ん中の店名ですよね。
店はちょっと静かな通りの小さなビルの地下に大人しく存在しています。
P1370076(1).jpg

店内はとても小奇麗でコの字型の大きなカウンターのほかに4人テーブルがあるだけです。
一人客をターゲットにしているのですね。
4人テーブルは中年女性のグループが大騒ぎで楽しんでいます。
ちょっと回りのことも気にしてもらいたい感じです。
P1370099(1).jpg

そんなことを気にせずに二朗は自分の世界に入ります。
まずは「牛スジ煮込み」をいただきます。
濃い目の味付けはビールのつまみには最高です。
牛スジもとても柔らかく煮てあり、よく味がしみ込んでいました。
P1370083(1).jpg

続いて「ポテトサラダ」です。
この手のお店はめずらしい手作り感を楽しめる一品です。
絶妙のマヨネーズの量にホッとします。
P1370082(1).jpg

「激うまスパイシー砂肝」です。
絶妙な胡椒の加減がたまりません。
こんないただき方もあるんですね。
P1370089(1).jpg

「チーズハムカツ」です。
結構な肉厚なハムに思わずニッコリ!
間に挟まれているチーズがいいアクセントになっています。
P1370108(1).jpg

当店の名物はこの「せんべろセット」!
残念ながら二朗が到着した時にはすでに終了していました。
次回は是非間に合う時間に来たいものです。
P1370093(1).jpg
/>

究極の居酒屋のこちらのお店、さらに奥深さを楽しみたいと思います!


(所在地)
札幌市中央区南2条東2-8-1 大都ビル 地下飲食街

(電話番号)
011-200-1715
メニュー
P1370097(1).jpg
P1370095(1).jpg食べログ


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村

2017/02/13 07:00 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

寛ぎの個室で旬の鮮魚や逸品、自慢の中札内鶏をいただきます!「ねぎま」札幌市南3条

突然ですが、二朗はこの度、ぐるなびメシコレキュレターを拝命しました。
メシコレは、全国各地のブロガーが書いた最新のお勧めのお店に関する情報が提供されているページです。
キュレターはその記事を書くブロガーのことを呼びます。

まずは、そのメシコレにアクセスしてみてください。

今宵は、札幌近郊のキュレターの懇親会!
集まったそうそうたるブロガーの皆さんを紹介しましょう。
 「PINYAさん」札幌ラーメン行脚!!7年間、毎年400食以上実食!!
 「アンジーさん」札幌を中心に北海道のうまいものを食べ歩く、飲兵衛どさんこOL
 「nao@hokkaidoさん」札幌生まれ、札幌育ちのOLブロガー。お得なランチが大好き!
 「広野ヨウさん」札幌周辺でカレー、炒飯をメインに食べ歩いています。
 「kitさん」札幌在住のラーメン好き。札幌を中心に17年食べ歩いています。
 「やもとかおるさん」北海道産小麦の価値向上を目指すパン好き小麦映像クリエーター

今宵の会場は「PINYAさん」のお勧めのこちらのお店。
狸小路の一角に静かに存在する居酒屋です。
趣のある店構え同様、店内は落ち着いた雰囲気。
それぞれ個室でくつろぐことができます。
P1350970(1).jpg

コース料理をいただきます。
まずは「季節の前菜四種」です。
P1350973(1).jpg
P1350975(1).jpg

「旬の刺身の盛り合わせ」です。
新鮮な品々に顔がほころびます。
P1350979(1).jpg

「毛ガニ」です。
刺身まで付いていました。
P1350983(1).jpg

「海鮮寄せ鍋」です。
心と体があったまります。
P1350989(1).jpg

「中札内鶏のねぎま串」 です。
軟白葱を中札内鶏のモモ肉で巻き上げ、皮で串〆しています。
大きくジューシーです。
P1350991(1).jpg
裏返すとこんな感じ。
P1350999(1).jpg

「根室産 真たちポン酢」 。
とても新鮮な逸品。
口の中でクリーミーな白子がマッタリと広がっていきます。
P1370005(1).jpg

「仙鳳趾産殻付き蒸し牡蠣」 です。
プリプリでした。
P1370009(1).jpg

揚げ物は何だったか忘れてしまいました・・・
P1370014(1).jpg

デザートは「ゴマのアイスクリーム」です。
P1370019(1).jpg

どの料理もとても丁寧に仕上げられていました。

同じ趣味を持つ仲間との夜は、あっという間に更けていきました。
キュレターの皆さん、今後ともお付き合いのほどよろしくお願いします。


(所在地)
札幌市中央区南3条西2丁目15-1 Nヴィコロビル 1F

(電話番号)
011-261-2500
メニュー
食べログ
ぐるなび


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村

2017/02/07 07:00 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

今まで食べた札幌味噌ラーメンとは一味違うが、これが味噌ラーメンの原点!「味の三平 」札幌市南1条

札幌ラーメン調査第55弾です。

今日は知る人ぞ知る「味の三平」にお伺いしました。
こちらは、味噌ラーメン発祥のお店とのこと。
「味噌は体にいい」が持論だった先代が味噌汁をヒントに工夫を重ねて「味噌味メン」を生み出したそうです。
それがいつしか「味噌ラーメン」という名前に。
味噌ラーメンといえば縮れた麺が一般的ですが、この縮れ麺を考えたのも先代。
西山製麺と一緒に、濃厚なスープによくからんで、しかも食べるときにプルンと唇を楽しませてくれる麺を生み出したとのこと。
時代に合わせて、麺の太さも以前より細くなっていますが、昔から変わらないのは麺のコシと弾力。
調理した野菜を使ったのも栄養のバランスを考えてのこと。
あれこれ試した結果、長ネギ、玉ネギ、モヤシ、キャベツに落ち着いたそうです。
※店のHPを参照
P1350954(1).jpg

その「味噌ラーメン」をいただきます。
並々注がれたスープに当然縮れ麺!
具は、挽肉・メンマ・ネギ・タマネギ・モヤシ・キャベツ・カイワレと種類もたくさん。
豚骨ベースに鶏ガラ・野菜を加え長時間煮込んだスープ味噌を合わせたスープにサッと茹でられた麺が合わせられています。
予想を上回るアッサリしたスープです。
決して強くないインパクトですが 食べ進めるうちにどこかホッとしてきます。
途中から卓上にある特製の辛味噌を溶かして食べると パンチが出ていい感じ。
P1350965(1).jpg

これが味噌ラーメンの原点の味なんですね。


(所在地)
札幌市中央区南1条西3丁目2 大丸藤井セントラルビル4F

(電話番号)
011-231-0377
メニュー
食べログ
HP


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村

2017/02/05 07:00 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

 | BLOG TOP |  NEXT»»