“たこまんま”って何?回転寿司店なのにお寿司が廻っていないCPのいいお店!「かに源」網走市

グルメランチの報告です。

網走訪問の翌日のランチは地元民にご案内いただいてこちらのお寿司屋さんへ。
回転寿司のお店なんですが、お寿司は廻っていません・・・
4人席に座ってまとめて注文します。
P1430100(1).jpg

もれなくサービスでお澄ましが出されました。
P1430102(1).jpg

まずは大好きな「イクラ」からいただきます。
プチプチ感を楽しみます。
P1430105(1).jpg

続いて「ネギトロ」。
P1430108(1).jpg

「たこまんま」です。
ヤナギダコの卵だそうです。
米粒に似た形から「たこまんま」とも呼ばれています。
なんとも上品な味で、とっても美味です!
何と表現したらこの美味しさが上手く伝わるでしょうか?
濃厚な卵黄のような白子のような・・・。
しかも、トロトロとしているのでつるんと食べちゃいました。
P1430112(1).jpg

こちらは「つぶ貝」!
P1430115(1).jpg

「カニのふんどし」です
「ふんどし」って呼ばれる部位は実はカニのお腹の部分、三角形の部分です。
指で押すと柔らかいので、ふんどしの他に「前掛け」「はかま」とも呼ばれています。
見た目がふんどしのような形をしているのでこの様な名前で呼ばれているようです。
なかなかの珍味です!
P1430119(1).jpg

「おひょう」です。
「アブラガレイ」「カラスガレイ」のことをこう呼びます。
P1430121(1).jpg

二朗の大好きな「タコ」です。
大きな切り身でご飯が見えません。
P1430130(1).jpg

旬の「サンマ」です。
新鮮だからいただける一品です。
P1430132(1).jpg

これだけいただいて、生ビール2杯飲んで一人3,000円でお釣りがきました。
なんとリーズナブルでしょう・・・



(所在地)
北海道網走市新町2-4

(電話番号)
0152-43-8383
メニュー
食べログ


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村

2017/09/26 07:00 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

旬の食材をとことん生かした料理にこだわる居酒屋はサービスもバッチリ!「さわ」網走市

今宵は道東網走市にお伺いし、地元民にご案内ただいたのがこちらの居酒屋!
店構え同様、店内はアットホーム感たっぷりです。
P1430065(1).jpg

コース料理をいただきます。
まずは「季節の野菜」です。
なかでも旬のアスパラはやわらかくて美味でした。
P1430070(1).jpg

「お刺身盛り合わせ」です。
もちろんどれも新鮮、プリプリ・・・
P1430097(1).jpg

柔らかいお肉でした。
P1430075(1).jpg

たくさんの貝も盛りだくさん!
P1430076(1).jpg

干物がいい感じで炙られています。
P1430080(1).jpg

焼き物はいい感じの焼き加減です。
P1430084(1).jpg

〆はおそばです。
P1430086(1).jpg

カラッと揚げられた天ぷらと一緒にいただきます。
P1430091(1).jpg

このコース、飲み放題付きで4,500円ととってもお得!
居酒屋の少ない網走では重宝していると思われます。


(所在地)
北海道網走市南3条東1丁目

(電話番号)
0152-43-2645
メニュー
食べログ
HP


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村

2017/09/24 07:00 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

360度を見渡せる円形のつくりで 網走から知床までの海岸線や知床連山・斜里岳を一望でき、ランチコースがメインでちょっと高級感のあるレストラン!「360 (サンロクゼロ)」網走市

北見訪問の翌日は休日だったので、大先輩のTEAさんの高級車に乗って観光に出かけました。
まずお伺いしたのが、観光雑誌を見て行きたかったこちらへ。
網走の能取湖畔にあるサンゴ草の群生地です。
ちょっと時期が早かったのか赤味加減はイマイチですが、見たことがない幻想的な風景が広がっています。
P1180049(2).jpg

ほんとは、アッケシソウというそうです。
うんちくは、ウィキペディアに任せます。
アッケシソウはアカザ科に属する一年性草本で、世界的にはヨーロッパ、アジア、北アメリカなどの寒帯地域に広範囲に分布する。
潮汐の干満に規定される、平均冠水位から満潮水位の間の海に接する陸地や内陸に発達する塩湿地に生育する塩生植物である。

P1180043(1).jpg
いい時期になるとこんなかんじになるそうです。

(所在地)
北海道網走市卯原内



次にお伺いしたのが今年8月にリニューアルオープンしたオホーツク流氷館です。

P1180058(2).jpg

マイナス15度の世界を体験できます。
濡れたタオルを振り回すとあっという間に凍り付いて棒のようになりました。
ゴマアザラシにご挨拶します。
生きているような顔をしていますね。
P1180073(1).jpg

クリオネも不思議な泳ぎを披露していました。
P1180070(1).jpg
P1180061(1).jpg

お昼時になったのでこちらでランチをいただくことにしました。
最上階にあって辺り一面360度見渡すことができるこぎれいでおしゃれなレストランです。
網走から知床までの海岸線や知床連山・斜里岳を一望できます。
P1180095(1)_201509061854406d0.jpg
レストラン360展望(1)
※この写真はこちらから拝借しました。

アプローチもとっても素敵です。
P1180080(1).jpg

「網走産蝦夷バフンウニのクリームパスタ」のコースをいただきます。
まずは彩り鮮やかなサラダです。
P1180085(1).jpg

スープは刻んだ野菜が入った塩味のスープでしょうか・・・
P1180087(1).jpg

パスタです。
中太の麺はモチモチ感たっぷり!
濃厚なソースとの相性はばっちりです。
ウニももちろんとっても美味!
P1180091(1)_20150906185442191.jpg

何とも贅沢な一品でした。
1泊の短い道東訪問でしたが、海の幸を堪能した旅となりました。
TEAさん、ありがとうございました。


(所在地)
北海道網走市天都山244-3 オホーツク流氷館 2F

(電話番号)
0152-67-7643
メニュー
食べログ


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村

2015/09/14 06:00 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

囚人になった気分で監獄食を食す!果たしてそのお味は?「監獄食堂」網走市

夏の北海道探訪ツアー報告第6弾、最終回です!

紋別の流氷科学センターでお勉強をした二朗親子はさらに南下し、網走市に到着です。
網走といえばやはり刑務所が有名ですよね。
今回で三度目の網走訪問の二朗ですが、これまで仕事でお伺いしていましたので観光はしていませんでした。
ということで博物館訪問と相成りました。
P1170860(1).jpg
P1170888(1).jpg
P1170884(1).jpg
P1170880(1)_20150816152202f9d.jpg
P1170881(1).jpg
P1170895(1).jpg
P1170899(1).jpg
P1170871(1).jpg
P1170890(1).jpg
P1170878(1).jpg

予想以上に広い施設でよく維持できてるなって感じました。
奴隷のような扱いを受け、命をなくした囚人もたくさんいたようで、大事な歴史を学ぶことができました。

お昼時になって、施設内のこちらの食堂でランチをいただきます。
P1290301(1).jpg

「監獄食のA」をいただきます。
P1290297(1).jpg

サンマは脂がのっていてとっても美味!
P1290287(1).jpg

切り干し大根はとてもシンプル!
P1290289(1).jpg

春雨サラダもあっさりです。
P1290290(1).jpg

ご飯は麦が3割でとても食べ応えがあります。
P1290294(1).jpg

味噌汁の具も少なめ。
ホントの監獄食は味噌汁でなく番茶だったようです。
P1290296(1).jpg

若者には物足りないでしょうが、おじさんたちには十分なメニューでした。
味もまあまあ!
当時もこんな味付けだったのでしょうか?

(所在地)
北海道網走市字呼人1-1 博物館 網走監獄

(電話番号)
0152-45-2411
メニュー
食べログ
HP)

その後、帰路に着き、無事札幌に帰ってきました。
走行距離は1110キロ!
久しぶりの親子水入らずでじっくりいろんな話ができました。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村

2015/08/22 06:00 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

創業1970年、網走旧市街に静かに佇むお食事処「味平」網走市

「喜八」⇒「ジアス」と地元の方との懇親会を楽しんだ二朗は皆さんと別れ、一旦ホテルに入った後、またまた取材欲に負けてしまって、こちらへ。
なんともひなびた感じのする店構えです。
引き戸を開けると店内は薄暗い上に先客もなく、ちょっと躊躇しましたが入るしかありません。
とても綺麗とはいえない店内は、昭和の香りがプンプン。
お母さんが一人で営んでおられます。
P1150791(2).jpg

「味噌ラーメン」をいただきます。
中太縮れ麺は濃い黄色!
オーソドックスな味のスープとの相性はまずまずです。
ちょっとぬるめが気になりました。
P1150794(2).jpg

親しげなお母さんとの会話も楽しめました。
この一杯950円!
この手のお店、この地にしてはちょっと高めではないでしょうか・・・


(所在地)
北海道網走市南三条西2

大きな地図で見る
(電話番号)
0152-43-1277
食べログ


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村

2015/01/11 06:00 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

オリジナルカクテルも充実、酒好きのためのバー「ジアス (THE EARTH)」網走市

今宵は北海道網走市に出没です。
生まれてはじめて網走市にお伺いしたのが2ヶ月前なのに、また訪問です。
ご縁というものは不思議なものです。

地元の方との懇親会は、以前訪問した「喜八」で地元の海の幸をこれでもかといただき、次にお伺いしたのがこちらのスコッチバーです。
店内はとてもおしゃれで、いい感じです。
P1150790(1)_20141223213121087.jpg

なれないカクテルをいただきます。
P1150782(1).jpg
P1150788(1)_20141223213120310.jpg

たまにはこんなのもいいでしょ!
似合わないと思いますが・・・・


(所在地)
北海道網走市南3条西2丁目 第2ツカサビル1階

大きな地図で見る
(電話番号)
0152-43-5939
食べログ
HP)


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村

2015/01/10 06:00 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

ドロラーメン、それって何?「ラーメンだるまや」網走市

晩秋の道東の旅の報告第七弾!

網走の夜はまだ続きます。
喜八で美味な海産物をいただいた二朗は、取材意欲が衰えずに、さらに市内を探訪します。
しばらくうろついてたどり着いたのがこちらのラーメン屋さんです。
ひなびた感、アットーホーム感たっぷりです。
P1150422(1).jpg

メニューを眺めると変わった名前のラーメンがありました。
その名も「ドロラーメン」です。
気になりますので注文してみました。
店員に由来を聞くと「ドロドロのスープだから」といたって単純明快な答えをもらいました。
高圧をかけた豚骨から抽出したゼラチン質を特製の醤油たれと混ぜ合わせているそうです。
確かにドロドロですが、そんなにしつこくありません。
舌触りはまろやかでクリーミー、香味油も使っているようで全体的に良い感じで仕上がっています。
麺とのバランスを考えて基本は味を濃いめにしているようです。
麺は中太のやや縮れでコシもあります。
P1150433(1).jpg


(所在地)
北海道網走市南6条西1丁目

大きな地図で見る
(電話番号)
0152-44-7877
メニュー
P1150428(1)_20141026111833050.jpg
食べログ


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村

2014/11/06 06:00 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

オホーツクの海の幸・山の幸と捕鯨基地網走ならではの料理の数々「喜八」網走市

晩秋の道東の旅の報告第六弾!

網走の夜は地元の方にこちらの和食店にご案内いただきました。
P1150440(1).jpg
P1150421(1)_201410261103517b4.jpg

網走産の地ビールで乾杯です。
P1150406(1).jpg

まずは付け出し。
右はくじらです。
P1150403(1).jpgP1150404(1).jpg

刺身の盛り合わせです。
オホーツク海の刺身がとってもきれいに並んでいます。
もちろん新鮮でとっても美味!
P1150401(1).jpg

「タラバガニ」です。
身がびっしり詰まっていました。
P1150397(1).jpg

毛ガニです。
甲羅に日本酒を入れ、ミソを解いていただきます。
なんて贅沢なんでしょう・・・
P1150399(1).jpg

ちょっと小さめの牡蠣です。
P1150417(1).jpg

キンキの煮つけです。
いい塩梅の味付けに思わずにんまり。
P1150409(1).jpg

続いて白魚シリーズです。
酢の物です。
P1150411(1)_20141026110749199.jpg

玉子とじ
P1150414(1)_20141026110812925.jpg

てんぷらです。
P1150415(1).jpg

とっても贅沢なコース料理を堪能しながら楽しい会話に大いに盛り上がりました。


(所在地)
北海道網走市南4条西3丁目7-1

大きな地図で見る
(電話番号)
0152-43-8108
メニュー
食べログ
HP)


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村

2014/11/05 06:00 | COMMENT(0)TRACKBACK(1)

鮨割烹で網走名物ザンギ丼に挑戦!「花のれん」網走市

晩秋の道東の旅の報告第五弾!

グルメランチの報告です。
北見市を後にして次のお伺いしたのが網走市です。
こちらでしかいただけないものを食したいと地元の方にお願いしてご案内いただいたのがこちらの和食店です。
P1150391(1).jpg

「ザンギ丼」をいただきます。
P1150378(1).jpg

白いドンブリにご飯、レタスやパプリカなどの野菜を散りばめ、上に白魚醤油に漬け込み揚げられたれたオホーツクサーモン(カラフトマス」が乗せてあり、真ん中に温泉卵と、とても色合いが良い一品となっています。
P1150381(1).jpg

「山わさび」と
P1150385(1).jpg

「地場産の長芋」を混ぜて
P1150386(1)_20141026143131218.jpg


ザンギにかけていただきます。
サクサクした竜田揚げに甘めの醤油タレがかかっていて、温泉卵とトロロと混ぜて食べるとサクサク、トロトロ感が
両方味わえます。
山ワサビもピリッと味が締まっていいアクセントになっています。
P1150389(1).jpg

もれなくホタテの味噌汁が付いてきました。
P1150384(1).jpg

とっても美味な一品でした。


(所在地)
北海道網走市南5条東2-2

大きな地図で見る
(電話番号)
0152-44-7576
メニュー
メニュー
食べログ
HP)


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村

2014/11/04 06:00 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

 | BLOG TOP |