FC2ブログ

洗練された蕎麦の味わいを楽しめます!「そば処 喜多縁」出雲市

グルメランチの報告です。

長期ロードは、阿佐ヶ谷⇒柏の旅の後は島根県訪問と続きます。
出雲空港に降り立った二朗は、早速ランチをいただくことにします。
出雲と言えばやはりお蕎麦ですよね。
チョイスしたのは市役所近くにあるこちらのお店。
店構え同様店内は落ち着いた雰囲気が漂っています。
P1540481(1).jpg

「三色割子そば」をいただきます。
P1540484(1).jpg

こちらは「天カス」
P1540486(1).jpg

こちらは「きんぴらごぼう」
P1540487(1).jpg

こちらは「山芋」と三種の味を楽しみます。
蕎麦は、乱切り状態で風味がプンプンして、しっかりしたコシもあってとても美味です。
P1540492(1).jpg

デザートの「そば羊羹」です。
素朴な味でした。
P1540496(1).jpg

出雲の蕎麦はほんとにうまいですね。


(所在地)
島根県出雲市今市町42-30

(電話番号)
0853-31-4259
メニュー
食べログ


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村

2019/09/22 07:00 | COMMENT(2)TRACKBACK(0)

発祥の地出雲でぜんざいをいただくの巻!「日本ぜんざい学会壱号店」出雲市

島根グルメツアー報告第7弾!
「かねや」で美味なそばをいただいた後は、こちらへ。
知らなかったのですが、出雲は「ぜんざい」の発祥の地だそうです。
これは行くしかないということで訪問です。
人気店で、店の前にある台で名前を書いて買い物をしながら待ちます。
店内は狭くて、4人掛け×2卓・6人掛け×1卓と14席しかありません。
これは込み合うはずです。
P1520233(1).jpg

「出雲ぜんざい」をいただきます。
P1520236(1).jpg

ぜんざいの中には紅白の白玉が入っています。
一口すすると、かなりの甘さ。
黒豆の風味を感じられ、上品な味わいがしますが、それよりも甘さを強く感じます。
白玉はけっこう柔らかめ。
P1520243(1).jpg

脇に添えられたきゅうりの漬物で口直しします。
しょっぱさが口中の甘ったるさを和らげてくれます。
P1520241(1).jpg

普段甘いものを好まない二朗にとっては強烈な甘さに感じました。
でも、甘党の人にはたまらない味なんでしょうね。

島根グルメツアーの報告はこれで終わりです。
お付き合いいただきありがとうございました。


(所在地)
島根県出雲市大社町杵築南775-11

(電話番号)
0853-53-6031
メニュー
食べログ


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村

2019/03/09 07:00 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

1929年創業、出雲大社や皇室とも繋がりがある蕎麦屋は味で勝負、地元の人が勧める店!「かねや」出雲市

島根グルメツアー報告第6弾!
グルメランチの報告です。
温泉津温泉で心も体もリフレッシュした翌日は、出雲大社にお伺いしました。
出雲といえば、やはりそばをいただかないとということでチョイスしたのがこちらのお店。
食べログランキングで上位に位置する有名店です。
行列必死では覚悟していくと、見事に予想外れ、あっさり入店できました。
なんとも趣のある店構えです。
店内もこれぞそば屋って感じでアットホーム感たっぷりです。
多くのお客さんで賑わっていました。
P1520198(1).jpg

「三色割子そば」をいただきます。
P1520201(1).jpg
それぞれ上にかかっている物が違います。
卵、とろろ、ノーマルの三種です。
太さも不揃いな麺は、これでもかって硬めで、香りも強め。
これがとても美味なんです。

濃いつゆを少しかけていただきます。
あらかじめ入っているもみじおろしも唐辛子不要の辛さです。
これまでいただいたそばの中ではトップクラスのような気がします。
P1520206(1).jpg
P1520214(1).jpg
P1520207(1).jpg

あまりの美味しさに一枚追加すると、大根おろしが乗っかってきました。
P1520219(1).jpg

こんなお店が近くに合ったら毎日行ってしまいそうです。


(所在地)
島根県出雲市大社町杵築東四ツ角659

(電話番号)
0853-53-2366
メニュー
食べログ


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村

2019/03/08 07:00 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

「鶴華波積屋」出雲市

グルメランチの報告です。
今日は出雲市に出没しいました。
出雲のグルメと言えば、やはりそばですよね。
ということで、地元の方にご案内いただいたのがこちらのお蕎麦屋さんです。
ひなびた感たっぷりで、人気店のようで、お客さんでいっぱいです。
P1200208(1).jpg
P1200213(1).jpg

「そばセット」をいただきます。
割りこ蕎麦とカヤクごはんが一緒にいただけます。
P1200219(1).jpg

そばはとてもしっかりしたコシガあります。
そばの香りが口の中に広がっていきます。
出汁はやや濃いめ、煮干しなどの魚系かな?
P1200221(1).jpg

カヤクごはんは甘みがあり、とても懐かしい味です。
P1200223(1).jpg

もれなく、茶わん蒸しや
P1200228(1).jpg

小鉢が付いてきました。
P1200224(1).jpg

こちらは地元の方がいただいたうどんです。
これもおいしそう!
P1200215(1).jpg

こちらのお店ではそば打ち体験もできるようです。
出雲にお出かけの際は、ぜひ立ち寄ってみてください。


(所在地)
島根県出雲市斐川町沖洲1630

(電話番号)
0853-72-0770
メニュー
食べログ
HP


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村

2013/09/30 08:00 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

「神門(こうど)」出雲市

出雲訪問報告第四弾!


グルメランチの報告です。
出雲大社にお参りした後にお伺いしたのがこちらのお蕎麦屋さんです。
やはり出雲と言えば「出雲そば」ですよね。
店内は結構広いのですが、多くのお客さんでにぎわっています。
P1080389(1).jpg


「天鴨汁そば」をいただきます。
P1080394(1)_20130518135148.jpg


出雲そばって黒いイメージがあるんですが、こちらのそばの色は薄めでした。
細めの麺は、コシのしっかりしたのどごしのいいです。
P1080397(1).jpg


あったかく濃いめの汁には鴨肉と大きなネギが入っています。
とても味わい深いです。
P1080402(1)_20130518135152.jpg


天ぷらは衣が薄くカラッと揚げられています。
海老がとても長く、得した気分になります。
P1080399(1).jpg


「そばプリン」をいただきます。
上に載っているのは蕎麦の実です。
透明な部分はそば茶をゼラチンで固めたものです。
その下がプリンです。
全く甘くなく、さわやかさたっぷりのこのプリン、お勧めです!
P1080406(1).jpg

出雲の味を堪能した二朗だったのでありました。
今回の出雲の旅はこれでおしまい!


(所在地)
島根県出雲市常松町378

(電話番号)
0853-24-6200
メニュー
食べログ
HP


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村

2013/05/24 08:00 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

「出雲大社」出雲市

出雲訪問報告第三弾!

出雲と言えばやはりこちらですね。
翌日は、出雲大社にご案内いただきました。
今年は60年に一回の大遷宮の年です。
お伺いしたのは、5日前に「本殿遷座祭」が行われたばかりの5月15日です。
多くのお客さんでにぎわっています。
P1080321(1).jpg

「銅鳥居」をくぐります。
P1080332(1).jpg
出雲大社の神域の荒垣正門にたちます。
この碧銅の鳥居は、寛文六(1666)年六月毛利輝元の孫綱広の寄進になるものです。


奥が国宝の「本殿」です。
P1080342(1).jpg
御本殿(ごほんでん)は、大国主大神さまがお鎮まりになっておられ、大国主大神さまの御事蹟に対して建てられた宮です。
高さ約24メ-トルの偉容は、御神徳(ごしんとく)にふさわしく比類のない大規模な木造建築の本殿です。
「大社造り」と呼ばれる日本最古の神社建築様式の御本殿は、現在国宝に指定されています。
御本殿をつつむかのようにそびえる八雲山(やくもやま)を背景にした姿は、たくましい生命力を感じさせ、見るものに感動を与えます。
日本の神話を記した『古事記』『日本書紀』には、国譲り神話として出雲大社の創始にかかわる伝承を伝えていますが、神殿成立の記録上の上限としては、斉明天皇5年(659)に「厳神之宮(いつかしのかみのみや)」として神殿を修したことがみえます。
950年頃(平安時代)の『口遊(くちずさみ)』という本によれば、本殿の高さは、東大寺の大仏殿の十五丈をこえる十六丈(約48メ-トル)にも達したといわれ、往時には、「天下無双の大廈(たいか)」と讃えられています。
鎌倉時代頃から規模を縮小し、現在の本殿は、高さ八丈(約24メ-トル)で、延享元年(1744)に造営されたものです。



「楼門」です。
とてもきれいな檜皮葺です。
P1080346(1)_20130518115854.jpg


「拝殿」です。
大きな注連縄が有名ですよね。
P1080339(1).jpg
昭和28年5月に、荒垣(あらがき)内にあった古い拝殿・鑽火殿(さんかでん)・庁舎(ちょうのや)が不慮の火のために焼亡してしまいました。当社では、再興の事業に着手し、ただちに高松宮宣仁親王を総裁にいただき、全国の崇敬者の方々の浄財によって、6年後の昭和34年に総工費1億1千万円をかけ、戦後の本格的な木造建築として屈指の規模を誇る新拝殿が竣功しました。
設計は、神社建築学の権威である福山敏男博士で、大社造と切妻造の折衷した様式となっています。屋根は銅版ですが、木曾檜材の木造建築で、建坪485.10平方メ-トル(約147坪)、高さ12.9メ-トルです。
拝殿宇豆柱の礎石は、愛知県の岡崎石(重量13トン)が運ばれ、工事請負は、桃山時代から長く棟梁の家として続いた伊藤平左衛門氏があたられ、拝殿の錺金具も美術的にも価値あるものをとの考えから、東京芸術大学の山脇洋三・若林作司両教授が設計されました。



だいこく様がおられました。
P1080329(1).jpg
P1080327(1).jpg


ムスビの御神像です。
P1080336(1).jpg
P1080354(1).jpg


この日は、例祭二之祭が行われていました。
厳かな雰囲気で執り行われています。
ここでは二拝四拍手一拝なんですね。
P1080322(1).jpg
P1080323(1).jpg
P1080325(1).jpg
P1080337(1)_20130518115452.jpg
P1080338(1).jpg
P1080341(1).jpg
P1080347(1).jpg
P1080349(1)_20130518115631.jpg


家族だけでなく皆さんの末永い幸せを祈っておきました。


(所在地)
島根県出雲市大社町杵築南1395

(電話番号)
0853-53-8510
HP

※解説は全てHPから拝借しました。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村

2013/05/23 08:00 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

「支那そば 来来」出雲市

出雲訪問報告第二弾!

「粋」で楽しい時間を過ごした二朗は、出雲のラーメンも食したくなって、駅前の一等地で赤い看板がとても目立っているこちらの支那そば屋さんにお伺いしました。
「出雲なのになぜ支那そば?」ってちょっと思いましたが、まあいいか・・・
「脱サラ」して始めましたって感じのマスター一人で営んでおられます。
お客さんは二朗のほか一人のみ。
P1080315(1).jpg

「ラーメン」をいただきます。
黄色の麺は細めのストレート、スープはすごくあっさりしています。
塩味なのかなんなのか・・・・あっさりしすぎてきて、アクセントがほしくなりました。
具もチャーシュー、メンマ、もやしとあっさり系です。
ギトギト感たっぷりのラーメン屋さんが多い今日この頃ですが、飲んだ後にはこのあっさり感もいいかも!
P1080313(1).jpg

店の対面には「ポプラ」がありました。
3年間山口に住んでいたことのある二朗はとても懐かしく感じました
P1080317(1).jpg


(所在地)
島根県出雲市今市町971-5

(電話番号)
090-5262-3045
メニュー
食べログ


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村

2013/05/22 08:00 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

「粋」出雲市

出雲訪問報告第一弾!

今宵は出雲市に出没し、地元民にご案内いただき、モダンな感じのこちらの和食店にお伺いしました。
店内は明るく小奇麗で清潔感が漂っています。
P1080281(1).jpg

「季節の料理と定番の和食に創作料理を組み込んだ小粋な『宴』」コースをいただきます。
次から次と綺麗に盛り付けられた料理は食欲をそそります。
P1080283(1).jpg
P1080284(1).jpg
P1080287(1).jpg
P1080289(1).jpg
P1080292(1)_20130518110243.jpg
P1080294(1).jpg
P1080296(1).jpg
P1080297(1).jpg
P1080301(1)_20130518110304.jpg
P1080304(1)_20130518110359.jpg
P1080307(1).jpg


それにしても大変な量でした。
話に夢中な二朗は半分もいただくことができませんでした。
でも店主の愛情はたっぷりいただきました。

この日は地元の方々10人ほどと「明日の日本、明日の出雲」について語り合いました。
明るく楽しい方ばかりで、盛り上がりあっという間に夜は更けていったのでありました。
みなさんありがとうございました


(所在地)
島根県出雲市今市町930-7 SSKビル1F
(電話番号)
0853-22-9441
メニュー
食べログ
HP

※残念ながら閉店となりました・・・


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村

2013/05/21 08:00 | COMMENT(2)TRACKBACK(1)

「神名火」出雲市

グルメランチの報告です。
今日は出雲にお伺いしまず昼食をということで空港内のこちらへ。
出雲ということで出雲そばをいただくことにしました。



こちらが「割子そば」です。
ちょっと黒いですね。
歯ごたえがあっておいしいです。


この薬味を入れます。


もれなく「野焼きかまぼこ」と


「根昆布」が付いてきました


(所在地)
島根県簸川郡斐川町大字沖洲2633-1
(電話番号)
0853-72-7505

※残念ながら閉店となりました・・・


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村

2008/07/26 01:35 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

 | BLOG TOP |