FC2ブログ

おしゃれな居酒屋では新鮮な海産物とともにザンギもしっかりいただけます!「溶岩焼 こじゃれ」釧路市

今宵は釧路市に出没!
地元民にご案内ただいてお伺いしたのがこちらの居酒屋。
その名も「こじゃれ」です。
店構えも店内もこじゃれた感じ満載。
通された個室は屋根裏部屋を思わせるつくりで、照明も暗めで雰囲気バッチリ!
P1530753(1).jpg

まずは「お通し」!
P1530757(1).jpg

「刺身の盛り合わせ」は5種。
ツブガイはコリコリ感たっぷりでとても新鮮。
P1530765(1).jpg

二朗の好きな「活タコ刺し」は弾力感たっぷり
P1530776(1).jpg

「若鶏のジューシーザンギ」からは肉汁があふれ出します。
P1530773(1).jpg

当店一押しの「手羽先焼き」10本です。
肉つきのいい手羽です。
P1530787(1).jpg

「牡蠣のガーリックチーズオーブン焼き」です。
牡蠣はプリップリ!
P1530790(1).jpg

「チーズたっぷりシーザーサラダ」で野菜を補給します。
P1530794(1).jpg

「ホッケの開き」は結構な大きさでかつ肉厚。
P1530798(1).jpg

〆は「鍋」です。
たくさんの豚肉にお野菜。
P1530761(1).jpg

これにヤマイモを摩り下ろして一緒に煮ます。
心も体もあったまりました。
P1530780(1).jpg

美味な料理とともに楽しい会話であっという間に夜は更けていきました!


(所在地)
北海道釧路市栄町5-2

(電話番号)
0154-68-5886
メニュー
食べログ
HP


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村

2019/07/28 07:00 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

おばんざい食べ放題がなんと1,000円ぽっきりの居酒屋!「津軽」釧路市

今宵は釧路にお伺いし、翌朝の仕事に向けて、こちらでパワーを蓄えることにしました。
その名も「津軽」でおばんざいのいただける居酒屋です。
店構え同様店内もひなびた感たっぷりで、カウンター席のみ10席ほどあります。
お馴染みさんらしき人たちでほぼいっぱいでしたが、運よく奥から二つ目の席が空いていて、すぐ着席できました。
この日は二朗と同年代と思われる女性が一人で営んでおられましたが、話を聞くと普段は大女将と二人とのこと。
P1490155(1).jpg

目の前におばんざいの大皿が10皿ほど並んでいて、食べ放題でなんと1,000円ととってもお得!
丸い大きな取り皿を渡されて、そこに自ら盛り付けていきます。
まずは、「ピリ辛ウィンナー炒め」と「肉じゃが」
P1490161(1).jpg

「コロッケ」と「玉ねぎスライス」をいただきます。
こんな家庭料理が二朗のようなおじさんの心をくすぐりますね。
P1490163(1).jpg

続いて焼きたての「玉子焼き」と
P1490164(1).jpg

「山芋となめこ」です。
P1490167(1).jpg

「鰈の焼き物」は結構肉厚でした。
P1490173(1).jpg

「きんぴらごぼう」のゴボウは柔らかく仕上がっていました。
P1490176(1).jpg

途中で思わず「取り皿を交換してもらえますか?」って言ってしまったら、優しく「うちは交換しません」とお叱りを受けてしまいました・・・
女将と共に隣の客との会話も楽しみ、あっという間に夜は更けていきました。
一人で釧路訪問した際には是非立ち寄っていただきたいお店です。


(所在地)
北海道釧路市川上町4-1

(電話番号)
0154-25-5949
(メニュー
(食べログ


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村

2018/09/01 07:00 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

創業130年の歴史あるお蕎麦屋さん!「竹老園東家総本店」釧路市

明治七年創業、130年以上の歴史を持つおそば屋さんです。
こちらの総本店には昭和天皇や現天皇陛下も訪れている由緒あるお店さんです。
のれん分け店も多数あり、釧路管内だけでも20店舗以上、札幌にも10店舗近くあるようです。
店内は落ち着いた雰囲気で、隣には結構広めの立派な庭園があります。
P1430722(1).jpg

「蕎麦寿司」をいただきます。
蕎麦は緑色でクロレラをすりつぶして混ぜているとのこと。
蕎麦を海苔で巻いて酢を振り醤油タレにつけていただきます。
すっぱさをまず感じましたが、後から蕎麦の味が楽しめて、なかなかの食感でいい感じです。
P1430730(1).jpg


(所在地)
北海道釧路市柏木町3-19

(電話番号)
0154-41-6291
メニュー
食べログ


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村

2017/11/05 07:00 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

メニューは焼鳥だけのこだわりのお店は一本一本の串から店主の思いが伝わってきます!「俺の串」釧路市

今日は釧路市にお伺いし、大勢でのパーティを終えて、ちょっと静かに飲みたくなって街をうろつき、たどり着いたのがこちらの焼き鳥屋さんです。
赤がとても目立つ店構えです。
よくある「俺の○○○○」って感じの店と関係があるのかは定かではありません。
店内はカウンターが中心で小ぢんまりしています。
P1430678(1).jpg

店主のこだわりがメニューにあって、焼鳥以外のものはほとんどありません・・・
ということで、自慢の串を適当にチョイスして注文しました。
どれも肉は柔らかくてとっても美味!
一本一本の串から店主の思いが伝わってきます。
P1430700(1).jpg
P1430706(1).jpg
P1430709(1).jpg
P1430712(1).jpg
P1430718(1).jpg

こんなお店が近くにほしくなりました!


(所在地)
北海道釧路市栄町3丁目1

(電話番号)
0154-22-7752
メニュー
食べログ


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村

2017/11/04 07:00 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

地元民に愛されている心優しい安定したスープが楽しめるラーメン店!「仁」釧路市

グルメランチの報告です。

北見を後にして、次に向かったのが釧路市です。
ランチは何をいただこうかと悩んだ末にチョイスしたのがこちらのラーメン店。
店内はこれぞラーメン店って感じで歴史を感じます。
P1380869(1).jpg

いろんなメニューがある中で、一番人気の「塩ラーメン」をいただきます。
熱々状態で出てきて、湯気がすごく、なかなか写真が撮れません。
黄金色のスープですね。
早速スープからいただきます。
しっかりした塩味で魚介がベースになっていてとても優しい味わいです。
麺は白っぽくて透明感ある細めで縮れています。
ちょっと柔らかめですね。
具材は、しっかり味付けされたチャーシューが1枚、メンマはスープの中にもぐっていますが細です。
海苔も遠慮がちに入っています。
P1380870(1).jpg

完成度の高い一杯に満足した二朗だったのでありました!


(所在地)
北海道釧路市鳥取大通5-4

(電話番号)
0154-51-8394
メニュー
食べログ
(ぐるなび)
 
 ジャンル:ラーメン
 アクセス:JR根室本線(新得-釧路)新富士(北海道)駅 徒歩22分
 住所:〒084-0906 北海道釧路市鳥取大通5-4-2(地図
 周辺のお店:ぐるなびぐるなび 釧路・阿寒×ラーメン
 情報掲載日:2017年7月17日


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村

2017/05/28 07:00 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

釧路随一の人気を誇るラーメンはしょうゆベースで優しい味です!「まるひら」釧路市

釧路訪問二日目は早朝から鶴居村に向かい、撮影に挑みます。
まずは音羽橋から・・・
遠くにたくさんの鶴をみることができます。
鶴は川の中で立ったまま眠るようですね。
P1210359(1).jpg

場所を移し、鶴居・伊藤タンチョウサンクチュアリへ。
いましたいました、70羽ほどの鶴が集まってくれました。
望遠レンズで連写します。
P1210402(1).jpg
P1210433(1).jpg
P1210492(1).jpg
P1210513(1).jpg
P1210845(1)_20170220225353d49.jpg

求愛ダンスも撮れました。
P1210586(1).jpg

ハートを形作っています!
P1210727(1).jpg

3時間ほど粘っていたのですが、やはり寒くて寒くて・・・
多くの方が引き続き撮影されている中、もういいやということで再度釧路市に戻ってランチをいただきます。
チョイスしたのがこちらのお店。
食べログでは、釧路で一番の人気のラーメン店です。
外に列こそありませんでしたが、入店すると店の真ん中に列ができています。
最近改築されたようで店内は小奇麗ですが、アットホーム感はしっかり感じられます。
その列をさばく店員の指示のまま他のお客さんと相席となりました。
P1370288(1).jpg

ラーメンは塩と正油のみで、当然のように正油をいただきます。
具材は、チャーシュー、ネギ、メンマ一といたってシンプル!
まずスープを一口いただきます。
鰹主体のスープは優しさたっぷり。
ちょっと塩味が強めかな。
釧路独特の細ちぢれ麺は、モチモチ感をしっかり持っています。
豚モモチャーシューは懐かし味でとてもやわらか!
心の和む一杯でした。
P1370291(1).jpg


(所在地)
北海道釧路市浦見8-1-13

(電話番号)
0154-41-7233
メニュー
食べログ
ぐるなび


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村

2017/02/27 07:00 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

線路で分断された駅北側の若干寂れ気味の飲み屋街の中心的存在!「大ちゃん」釧路市

冬の北海道でしか見ることのできないものはいくつかありますがその一つは「丹頂鶴」でしょう。
ということで今週末は釧路に一人旅に出かけました。
釧路空港に降り立ったのが3時過ぎ、レンタカーを借りて、まっすぐ鶴居村に向かいました。
沈みゆく太陽を背景に飛んでいる鶴の撮影に挑みましたが、二朗の腕では満足できる写真は撮れませんでした。
この写真が何とか撮れたもの・・・
P1210014(1).jpg


宿は釧路駅前に確保し、夕食がてら一杯ひっかけに出かけます。
いろんな店がある中で、二朗がチョイスしたのがこちらのお店。
にぎやかな駅の南側を避け、あえて渋いお店がいくつかある北側にトライしました。
寂れた感たっぷりの界隈に何とも目立つ店構えです。
早速入店すると、店内はひなびた感たっぷりで、お客さんもほとんどが常連さんのようです。
P1370248(1).jpg

まずはお通しです。
P1370252(1).jpg

大好きな「タコ刺し」を頂きます。
弾力感たっぷりで思わずにんまり!
食感を楽しみます。
P1370257(1).jpg

「シシャモ」は結構スリムですが、味は最高。
P1370272(1).jpg

「あさりの酒蒸し」です。
肉厚の貝はプリプリです。
P1370266(1).jpg

店主一人で料理しておられ、いっぺんに注文が入ると、ほかの注文が受けられません。
もう一品いただきたかったのですが、一時間以上かかるといわれ、あきらめて静かに店を後にしました。
どの料理もお手頃価格ですので、一度訪問してみる価値はあると思います!


(所在地)
北海道釧路市若松町1-31

(電話番号)
0154-25-7725
メニュー
食べログ


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村

2017/02/25 07:00 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

テーマパークだと思えば良い、釧路来たなら、一度は寄るべき!「和商市場」釧路市

グルメモーニングの報告です。

釧路泊の次の日のホテルの朝食はパスして、お伺いしたのがこちら「和商市場」です。
朝からたくさんの人で大賑わいです
P1290828(1).jpg
P1290826(1).jpg

こちらの名物はなんと言っても「勝手丼」です。
P1290820(1).jpg

好きなものをおばちゃんに言ってご飯の上に乗っけてもらいます。
P1290823(1).jpg

カニの味噌汁をプラスしました。
P1290815(1).jpg


二朗のチョイスしたのはタコ、イクラ、ズワイガニ、ソイ、イカです。
もちろんどれも新鮮です。
P1290819(1).jpg

おばちゃんの言うとおりに乗っけてもらうととてつもなく高いものになりますので、勇気を持って自己主張すべきですね。


(所在地)
北海道釧路市黒金町13-25

(電話番号)
0154-22-3226
メニュー
食べログ
HP)


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村

2015/09/30 06:00 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

魚介類が新鮮、うまい、飲み物いっぱい、CP抜群で美味しい居酒屋!「ちゃりんこ」釧路市

厚岸町「浜のれん」で本場の牡蠣を堪能したフッちゃんと二朗はさらに東に車を走らせます。
まもなく現れたのが「琵琶瀬の展望台」です。
P1180104(1).jpg

あいにく霧がかかり、遠くまで景色が見えません。
P1180101(1).jpg
P1180102(1)_201509242152214b4.jpg

この向こうに窓岩があるようです。
P1180099(1).jpg

天気がよければこんな景色が広がっているようです。
残念無念・・・
この写真はこちらから拝借しました。
琵琶瀬2(1)

「琵琶瀬展望台」
霧多布の町から道道123号線を南西に7kmほど走ったところの標高70m程度の小高い丘の上にある展望台が琵琶瀬展望台。
高さはないが木製の立派な展望台からは北側には霧多布湿原の中を琵琶瀬川が蛇行する大パノラマが広がり、右側には湿原に隣接して浜中の町並みが見える。
さらに反対の南側には荒々しい太平洋とその中にたたずむ窓岩を見渡す事ができる。
この窓岩はかつて二つの窓があったが、1993年の釧路沖地震で崩れてしまい、今では見ることができなくなってしまった。
この展望台からの眺めは浜中観光十景にも選ばれており、北側と南側でまったく異なる景観が360度パノラマで眺めることができ霧多布湿原の一番の展望ポイントとも言えるだろう。
周囲にはトイレの他、物産展ふじやこんぶ娘の工房、レストラン湿原ユートピアもあり観光バスが来るなど観光地化されている。
また展望台には1883年に厚岸警察署から囚人護送中にこの付近で猛吹雪に遭い、護送中の囚人と共に殉職した坂口巡査の石碑もある。

※この情報はこちらから拝借しました。
(所在地)
北海道厚岸郡浜中町琵琶瀬782


次にお伺いしたのが霧多布岬です。
P1180127(1).jpg

切り立った崖が見えますが、こちらも霧で全貌が見えません。
P1180119(1).jpg
P1180125(1)_2015092421575247e.jpg

天気がよければこんな景色だったようです。
この写真はこちらから拝借しています。
霧多布岬1(1)
「霧多布岬」
(所在地)
北海道厚岸郡浜中町湯沸33番地


さらに車を東に走らせ、目的地の納沙布岬に到着しました。
こちらもあいにくの霧で北方領土を見ることができません。
実に残念です。
P1180144(1)_20150924221723b3e.jpg
P1180143(1).jpg
P1180141(1)(1).jpg

天気がよければこんな感じです。
この写真はこちらから拝借しました。
納沙布岬(1)
「納沙布岬」
(所在地)
北海道根室市納沙布



納沙布岬を後にし、釧路に戻り、楽しみの夕食に出かけます。
食べログでいろいろ調べてチョイスしたのがこちらの居酒屋です。
ひなびた感たっぷりでアットホームな雰囲気がたっぷりのお店です。
店内はジモティーらしい人たちで大賑わいです。
P1290783(1).jpg

まずはお通しです。
P1290786(1).jpg

「エビチリ」です。
P1290788(1).jpg

「サンマの刺身」です。
とても新鮮で脂がのっていて美味です。
P1290794(1).jpg

「煮たつぶがい」です。
食感がとってもいい!
P1290791(1).jpg

「サンマの塩焼き」です。
身がフンワカしていてこりゃ最高!
P1290799(1).jpg

「イクラのしょうゆ漬け」です。
プチプチ感で新鮮さがわかります。
P1290804(1).jpg

「ホッケ」です。
この肉厚さを見てください!
P1290805(1).jpg

「カマンベールチーズのサラダ」です。
P1290814(1).jpg

こんなお酒を見つけました。
「ヨーグルト酒」です。
P1290810(1).jpg

どれもとっても新鮮でリーズナブル!
とってもいいお店に出会えました。

(所在地)
北海道釧路市栄町3-1
(電話番号)
0154-24-9350
メニュー
食べログ

続きはまた明日・・・


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村

2015/09/29 06:00 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

「港の屋台」釧路市

釧路湿原の景色を楽しんだ二朗は、いよいよ釧路最後の食事です。
ご案内いただいたのが、「釧路フィッシャーマンズワーフMOO」の2階にある屋台村です。
DSC_0175(1)_201311021204227b9.jpg

10軒のお店の真ん中にテーブルが並んでいます。
それぞれのお店で好きなものを注文し、このテーブルでいただきます。
DSC_0162(1).jpg

「江戸っ子」からいただいたのが、
まずは「付け出し」です。
DSC_0166(1)_20131102120424577.jpg

「カキフライ」です。
揚げたてをいただくと、肉汁があふれ出します。
DSC_0167(1)_201311021206376f1.jpg

「ザンギの横綱」からは
「天ぷら盛り合わせ」をいただきます。
DSC_0165(1).jpg

「塩サンマ」です。
とても実がやわらかでフワッとしています。
内臓も全く苦くありません。
こんなサンマははじめていただきました。
DSC_0172(1)_2013110212064091d.jpg

「ししゃも」です。
ちょっと痩せていますが、味はバッチリです。
DSC_0173(1).jpg

「鳥政」からは、
「さんまんま」をいただきます。
棒寿司のようにも見える「さんまんま」はタレの染みこんだサンマとご飯です。
ご飯にサンマを被せてタコ糸でしばり、その塊りを炭火の上で焼いているそうです。
ご飯はもち米が混ざっていてモチモチ感があります。
サンマはふっくらとはしてませんが、良く焼けています。
ご飯とサンマの間には大葉がはさんであり、醬油ダレで焼かれたご飯とサンマの味を明確に分けています。
はじめていただきました。
これは美味!
DSC_0169(1)_201311021208068b3.jpg

最後に釧路のB級グルメを堪能しました。
釧路に訪問された際は是非お伺いしてみてください。


店はこんな風に並んでいます。
港の屋台配置図(1)
※配置図はこちらから拝借しました。

「江戸っ子」
(電話番号)
0154-23-0600
食べログ

「ザンギの横綱」
(電話番号)
0154-23-0600
食べログ

「鳥政」
(電話番号)
0154-22-4129
食べログ


「港の屋台」
(所在地)
北海道釧路市錦町2-4 釧路フィッシャーマンズワーフMOO

大きな地図で見る
(電話番号)
0154-23-0600
HP


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村

2013/11/25 07:00 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

 | BLOG TOP |  NEXT»»