「割烹 多仁本 (かっぽう たにもと)」御坊市

今宵はきんぴらの気分でこちらへ。
御坊市で行ったイベントの打ち上げでジモティであるイーブンさんのチョイスでお伺いしました。
P1170916(1).jpg

コース料理をいただきます。
参加者の年齢層にあわせてくれたのか、体にやさしいお料理が出てきました。
どの料理も丁寧に仕上げられています。
明日の和歌山を語り合いながら、にぎやかに夜は更けていったのでありました。
P1170918(1).jpg
P1170919(1).jpg
P1170922(1).jpg
P1170926(1).jpg
P1170927(1).jpg
P1170932(1).jpg
P1170933(1).jpg
P1170937(1).jpg

(所在地)
和歌山県御坊市湯川町財部641-16

大きな地図で見る
(電話番号)
0738-22-0470
食べログ)


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村

2013/03/02 08:00 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

「笑笑」御坊市

グルメランチの報告です。
今日は「はははっ!」てな気分でこちらへ。
御坊市にお伺いし、ジモティであるアベレージさんのおすすめの店です。
P1170634(1).jpg
P1170632(1).jpg

お得な定食がいくつもあるなかで、「中華飯+ミニラーメン」のセットをいただきます。
野菜たっぷりの「中華飯」は健康に良さそうです。
味付けもいい按配でした。
P1170631(1).jpg

「ミニラーメン」ですが、大きなチャーシューが入っています。
あっさり醤油味の中太ストレート麺でした。
P1170627(1).jpg

こちらはウェイト君がいただいた「麻婆飯」です。
おいしそうですね!
P1170622(1).jpg

お腹いっぱいになりとても満足した二朗だったのでありました。

メニュー)
P1170618(1).jpg

(所在地)
和歌山県御坊市湯川町小松原245

大きな地図で見る
(電話番号)
0738-24-1811
食べログ)


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村

2013/02/16 08:00 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

「花ご坊」御坊市

グルメランチの報告です。
今日は御坊市に出没し、地元民のタイラさんにご案内いただいたのがこちら。
和洋なんでもいただけるレストランです。
店内は、多くのお客さんでにぎわっています。
平均年齢が高いようで、人生の先輩たちがゆっくりとランチを楽しんでおられます。
P1140254(1).jpg
P1140251(1).jpg

何せいろんなメニューがあるので何をいただこうかと悩んでしまいます。
結局選んだのは、「おまかせランチ」の「豚ロースの香味パン粉焼き」です。
P1140244(1).jpg

いい按配の焼き具合に肉もやわらかくご飯が進みます。
P1140246(1).jpg

スープもついてきました。
P1140242(1).jpg

食後に飲み物も!
アイスコーヒーにしました。
P1140249(1).jpg

飲食店の少ない御坊市では貴重なお店なんでしょうね!

メニュー)
P1140233(1).jpg
P1140235(1).jpg
P1140237(1).jpg
P1140239(1).jpg

(所在地)
和歌山県御坊市湯川町小松原541

大きな地図で見る
(電話番号)
0738-22-2326
HP)


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村

2012/06/21 21:22 | COMMENT(8)TRACKBACK(1)

「道成寺」御坊市

「レストランふくすけ」での懇親会の前に、せっかくだからと「道成寺」を見学しました。
こちらのお寺は大仏殿を造った聖武天皇の生母であり文武天皇の夫人である宮子姫の願いで、文武天皇の勅願により大宝元年(701年)に開創されたといわれています。
建立は紀大臣道成によって行われたため道成寺と名付けられたとそうです。
また、千手観音は義淵僧正によって造られたといわれているようで、そのことから開山は義淵僧正とされています。
道成寺は創建以来8世紀後期まで大いに栄え大伽藍を備えた大寺院となったようですが、その後いったん衰退しましたが、10世紀には再び繁栄したといわれ、現在に至っています。
こちらには安珍清姫伝説があります。
清姫に思いをかけられた熊野詣での修行僧安珍が、清姫から逃れるために道成寺の鐘の中に身を隠しましたが、日高川を渡るために蛇に化身した清姫がその鐘に巻き付き鐘もろとも安珍を焼き殺してしまったそうです。
延長6年(928年)のことと伝えられています。
こちらのお寺は新西国第五番札所です。

まずは目の前に表れたのは「仁王門」です。
朱塗りも鮮やかで新しい感じのする建物です。
 現存の「仁王門」は元禄7年(1694年)に再建されたものといわれています。
仁王門が新しい感じのするのは昭和38年(1963年)に解体修理されているためかと思われます。
P1120768(1).jpg

「本堂」です。
現在の「本堂」に相当する堂宇は正平12年(1357年)頃造営されたとの説もあるそうですが、現存の建物は天授4年(1378年)に再建されたものといわれています。
「本堂」は南側と北側の両面に正面がある珍しい構造で、両正面裏無し堂といわれ、南正面は通常の正面で、北正面は奈良に向かうように建てられているとのことです。
かつて、本堂には北面と南面に大きい二体の本尊が安置されていたようです。
南面の本尊、千手観音像は大宝殿に移されましたが、北面に安置されている千手観音像は北向観音と呼ばれ、三十三年毎に開扉される秘仏として現在も本堂に安置されているそうです。
P1120770(1).jpg

東側に「三重塔」が建てられています。
現存の「三重塔」は創建時の塔跡に、宝暦12年(1762年)に再建されたものといわれ、内部には三重塔の本尊、大日如来が安置されているようです。
P1120771(1)(1).jpg

周りを見渡すと気になる案内が・・・
「道成寺の七不思議」が案内されています。
まずは一つ目です。
確かにそう見えます。
P1120781(1).jpg
P1120767(1).jpg

二つ目です。
P1120779(1).jpg

三つ目です。
違いがわかりますか?
P1120773(1).jpg
P1120774(1)_20120422103132.jpg

以下ご覧ください。
P1120775(1).jpg
P1120776(1).jpg
P1120777(1).jpg
P1120778(1).jpg

とても静かなお寺でした。

(所在地)
和歌山県日高郡日高川町鐘巻1738

(電話番号)
0738-22-0543
HP
HP)←今回の記事の内容はこちらのHPを参照させていただきました。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村

2012/04/22 10:44 | COMMENT(0)TRACKBACK(1)

「ニューふくすけ」御坊市

今宵は御坊市にお伺いし、道成寺の参道にあるこちらへ。
地元民に愛されているレストランです。
イベントの打ち上げで、大勢でお伺いしました。
P1120782(1).jpg

それぞれが好きなものをいただきます。
若者メニューが中心になってしまいました。
P1120784(1).jpg
P1120785(1).jpg
P1120790(1).jpg
P1120794(1).jpg
P1120795(1).jpg
P1120798(1).jpg
P1120799(1).jpg
P1120802(1).jpg
P1120806(1).jpg
P1120811(1).jpg
P1120812(1).jpg
P1120788(1).jpg
すごい量でしょ!
これをすべて平らげたのです。
みんなの食欲にびっくり!

これが取り皿です。
ローカル感たっぷりでしょ!
P1120791(1).jpg

ワイワイガヤガヤそれぞれ好き勝手に話し、盛り上がっているうちに夜は更けていったのでありました。

(所在地)
和歌山県御坊市藤田町藤井1875-6

大きな地図で見る
(電話番号)
0738-22-0333
HP)


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村

2012/04/20 17:41 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

「横浜家系らーめん斎家 」御坊市

今宵は、御坊市に出没し、夜の会議の前に腹ごしらえです。
御坊なのに横浜家系のラーメンがいただけるこちらへ。
P1120391(1).jpg
P1120401(1)_20120314192110.jpg

「斎家ラーメン」をいただきます。
和歌山ラーメンとは一味違う豚骨スープはしつこくなく舌になじみます。
麺も和歌山ラーメンにはない中太麺です。
お江戸のラーメンを思い出させる一杯にどこかホッとした二朗だったのでありました。
P1120396(1).jpg

こちらは取材に同行してくれたドラゴンさんがいただいた「味玉ラーメン」です。
P1120398(1)_20120314192109.jpg

メニュー)
P1120394(1).jpg

(所在地)
和歌山県御坊市湯川町財部70-8

(電話番号)
0738-24-0071
HP)


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村

2012/03/14 19:25 | COMMENT(2)TRACKBACK(0)

「紀州の味」御坊市

グルメランチの報告です。
今日は御坊市にお伺いし、あっさり系を体が求めてこちらへ。
P1110719(1).jpg
P1110722(1).jpg

「紀州うどん」をいただきます。
えび天、お餅、鶏肉、かまぼこ、そして梅干しが入っています。
量も多くお腹一杯になった二朗だったのでありました。
P1110717(1).jpg

メニュー)
P1110713(1).jpg

(所在地)
和歌山県御坊市湯川町財部243-1

(電話番号)
0738-22-8864
HP)


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村

2012/02/03 20:42 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

「幕末」御坊市

和歌山ラーメン第55弾です。
今宵は、御坊市にお伺いし、夜の会議の前に腹ごしらえです。
P1110684(1).jpg

「豚骨ラーメン」をいただきます。
結構あっさりした豚骨スープに食が進みます。
とても肉厚なチャーシューになんか得した気分になりました。
P1110691(1).jpg

ラーメンと一緒にいただいた「ミニ幕末丼」です。
チャーシューがたくさん入っていて、これはなかなかいけます。
P1110694(1).jpg

こちらは取材に同行いただいた龍さんが食した「旨辛ラーメン」です。
辛そう~!
P1110696(1)_20120201220046.jpg

店内には龍馬さんがおられました。
P1110698(1).jpg

メニュー)
P1110688(1).jpg

(所在地)
和歌山県御坊市湯川町財部811-2

(電話番号)
0738-22-2222
HP)


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村

2012/02/01 22:05 | COMMENT(4)TRACKBACK(0)

「元祖せち焼き やました」御坊市

今宵は、御坊市にお伺いし、夜の会議に向けてちょっと腹ごしらえと言うことでこちらに訪問しました。
前々から話は聞いていましたが、初めての訪問です。
こちらは「せち焼き」をいただけるお店です。
P1110196(1).jpg
P1110201(1).jpg

「せち焼き」をいただきます。
娘さんらしい店員が焼いてくれます。
まず鉄板に肉とキャベツがのせられます。
P1110202(1).jpg

これを巧みな手さばきで炒められます。
P1110204(1).jpg

これにそばがのせられます。
P1110207(1).jpg


ウスターソースがかけられ、再び炒められます。
P1110208(1).jpg

炒め終わると今度は秘伝の濃い口ソースがかけられ、
P1110213(1).jpg

なじませた後に玉子がのせられます。
P1110217(1).jpg

これを混ぜながら細かくぐちゃぐちゃにします。
P1110218(1).jpg

混ぜ終わると片面ずつ焼き上げます。
P1110221(1).jpg
P1110222(1).jpg

焼き上げた物に再び秘伝の濃い口ソースがかけられ、
P1110226(1).jpg

マヨネーズと青のりと鰹がかけられ、できあがりです。
P1110228(1).jpg

細かく切り分けて「いただきます」です。
お好み焼きのような粉ッぽさがなく、たっぷりのソースから辛めの味付けとなっていました。
高校生が喜ぶ味のような気がします。
P1110232(1).jpg

二朗のようなおじさんは、マヨネーズはやめておいた方がいいかと思いました。
こちらの店はもともと駄菓子屋さんだったそうで、鉄板焼きを始め、お客さんから「やきそば、卵でせちごうて」との注文をされ、試行錯誤しながら作ったそうです。
今では、当店のオリジナル人気メニューとなり、御坊の名物と言われているようです。
ちなみに「せちがう」とは御坊弁で無茶苦茶にする、いじめるなどという意味で、「せち焼き」の語源はここから来ているようです。

メニュー)
P1110199(1).jpg
メニュー)
(所在地)
 和歌山県御坊市湯川町財部49-12

(電話番号)
 0738-22-3227
HP)
HP)


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村

2012/01/13 21:26 | COMMENT(6)TRACKBACK(0)

 | BLOG TOP |