FC2ブログ

「PALM (パーム)」和歌山市

グルメランチの報告です。
今日は、りんごとチャーに一緒にランチでもと誘われ、たまには洋食でもということでお伺いしたのがこちらのレストランです。
店の前は数えきれないくらい通っていたのですが、店の存在に気が付きませんでした。
P1180300(1).jpg

店内はとても広く、ゆったりとしています。
左端の後ろ姿がりんご(左)とチャー(右)です。
P1180303(1).jpg

前菜です。
綺麗に盛り付けられています。
これだけでおしゃれな気分になります。
P1180304(1).jpg

「和風ハンバーグランチ」をいただきます。
P1180313(1).jpg

焼きたてのハンバーグは中から肉汁があふれます。
和風ソースでいただきます。
たっぷりのジューシー感に思わず笑みが・・・
P1180310(1).jpg

もれなくデザートがついてきます。
ケーキとアイスからチョイスできます。
アイスにしました。
P1180320(1).jpg

りんごがいただいた「パエリアセット」です。
P1180307(1).jpg

こちらも美味しそう!
P1180309(1).jpg

りんごのチョイスしたデザートはケーキでした。
P1180322(1).jpg

オジサン一人ではちょっとお伺いできないお店ですが、若者と一緒だったら全く平気ですね。
駐車場も広く、居心地・サービスもよく、お勧めのお店です。


(所在地)
和歌山市和歌浦東4-3-5
(電話番号)
073-447-3311
メニュー
食べログ)

※残念ながら閉店となりました・・・


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村

2013/03/27 08:00 | COMMENT(2)TRACKBACK(0)

「魚もん屋 カネナカ」和歌山市

今日は丼の気分でこちらへ。
グルメランチの報告です。
和歌山市南部の和歌浦漁港内にあるお魚屋さんにお伺いしました。
DSC_0295(1).jpg
DSC_0296(1).jpg

「海鮮丼」をいただきます。
新鮮な海産物の上に和歌浦らしくシラスがたくさん乗っかっています。
食べごたえがありました。
DSC_0292(1).jpg

もれなく小鉢が三つもついてきます。
DSC_0291(1).jpg
DSC_0290(1).jpg
DSC_0289(1).jpg

こちらはウエストリバーさんがいただいた「アナゴ丼」です。
この大きさを見てください!
DSC_0294(1).jpg

和歌山市にお越しの際は、海の幸をぜひ漁港でお楽しみください。


(所在地)
和歌山市和歌浦1-1 和歌浦漁港内
(電話番号)
073-444-0567
メニュー)
食べログ)

※こちらに移転されているようです。
(所在地)
和歌山市西浜3丁目9−57

(電話番号)
073-444-0567
メニュー
食べログ


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村

2013/03/07 08:00 | COMMENT(2)TRACKBACK(0)

「初体験物語」和歌山市

生まれて初めての体験って、ハラハラドキドキって感じでワクワクしますよね、その多くは!?
でもそうでない初体験もありますよね。
先週末から、二朗はそうでない初体験をたくさんしてきましたので、報告させていただきます。

とある金曜日(と言っても先週ですが)の朝方5時ごろ、腹部の痛みで目が覚めた二朗は、いつものように下痢なのかとトイレに駆け込みましたが、そんな気配はありません。
しばらく、布団の中で様子を見ましたが、5分毎くらいにジンジンとくる痛みはおさまりそうにありません。この日から3泊の和歌山出張を予定している二朗の頭の中は、痛みと責任が洗濯機の中のようにぐるぐる回っています。
「この痛みは、ただものではない、しかし、病院に行くと最低2時間はかかるわな、そうなると間に合わないわな、仕事に穴を開けるわけにはいかないわな・・・」などとどうしたものかと悩んだ末に、出した結論は「出張に行く」でした。

お腹を抑えながら、急いで着替えを済まし、荷物(前兆があったのか、いつも直前にバタバタ荷造りする二朗が前日にパッケージしていたのです)を持って、家人(この時点で呆れていました)に松戸駅まで車で送ってもらいます。
こんな時に限って、職場に忘れ物をしたことに気が付き、早朝の誰もいない職場に寄って、品川駅から新幹線に乗り込みます。
おかげで、予定していた新幹線に乗り遅れてしまいました。
窓際A席に陣取った二朗ですが、痛みを抱えるように小さく丸まって痛みをこらえます。
2時間半の間も5分毎に来るジンジンとした痛みは変わらずですが、痛みに慣れてきた二朗は「何かお腹に入れなきゃ」の発想で、新大阪駅でサンドイッチを調達し、特急「くろしお」の中で野菜ジュースとともに無理やりお腹の中に押し入れます。

和歌山に到着したころには痛みが小康状態になり、3時間の仕事に臨みます。
しかし、後半の仕事になると、また痛みが襲い始めました。
それでも、誤魔化し誤魔化して、何とか終了。

ここで病院に行きたいところですが、この後は、12月末で松戸に引っ越した二朗のために地元の人が催してくださる送別会が予定されていたのです。
これもまた、欠席出来ないのでと、お腹を抱えながら、お店へ。
既に全員お揃いです。
普通は生ビールで乾杯する二朗ですが、芋焼酎のお湯割りにしました。
ちょっと口につけましたが、味を感じません。
何かいただかなきゃとカルパッチョのトマトとお鍋の豆腐を少々口にしますが、まったく食欲が出ません。
気を使って店の人が作ってくれた雑炊が出てきた頃には痛みがピークに!

見かねた参加者の一人であるトレビさんが機転を利かしてくれて、救急を受け付けてくれる病院を探してくれた上にマークXを救急車代わりに走らせてくれます。
すぐ近くのH病院にお伺いしました。
診察を受け、虫垂炎かもと言われましたが、ここでは設備不十分でちゃんと診断できないとのことで、和歌山県立医科大学病院を紹介されます。
まずは一つ目の初体験!
県立医大への連絡の間「点滴」をされました。
50年も生きてきた二朗ですが、これまで点滴というものをしたことがなかったのです。
もちろんなんのことありませんでしたが。

急いで県立医大へ。
着いたのは20時ごろだったでしょうか・・・
すぐさま、診察台へ。
すると、痛がる二朗の周りが人だかりになります。
矢継ぎ早に、名前や生年月日、病状を聞かれます。
それも同じことを何人も・・・・。
「そうかここは医科大の附属病院だったんだ」と気が付きました。
そんな状態に、二朗のパンツを下げようとする人が・・・・
「ちょっと待って、今日は勝負パンツはいていないし・・・」とか思っていると、ちょっとだけ下げて、足の付け根の動脈から採血されました。

その後、レントゲン、CTと検査が続きます。
レントゲン室への移動は車いすで。
これも初体験。
いろんな検査が続きますが、なかなか診断されません。
その間、二朗は痛み止めも打ってもらえずに痛みと闘っているのです。
病院に着いた時から付き添ってくれている肝っ玉母さんのような看護師さんがはげましてくれます。

また医者がやってきて、「造影剤を入れてCTを取ろうと思うのですがリスクがあるので説明します。リスクは・・・・・・、了解していただけるのであれば、こちらにサインを!」
こんな状態の二朗に「判断なんかできるかい、好きにしてくれ!」って感じで、適当にサインします。

そしてようやく出た診断結果が「腸閉塞」とのこと。
一か所癒着しているようで、そこがくびれていて腸をふさいでおり、食べたものがたまり、小腸が腫れ上がっていたそうです。
食べたものを抜き出せば自然治癒の可能性もあるとのことで、手術する必要があるかしばらく様子を見ようということで緊急入院となりました。
ここでやっと痛み止めを打ってもらって痛みから解放されました。
考えてみたら痛みと闘っていたのは19時間!

ところが次に腸にたまった食べかすを出すために鼻から管を入れられます。
これまた初体験。
これが苦しいのなんの・・・
腸の入り口までゆっくりゆっくり入れられます。
同時に鼻にはゼリーも入れられます。
おかげで、鼻の周りはズルズル状態!
やっとたどり着いたようです。
ここでやっと診察終了。
病室に連れて行かれます。

次の初体験は「入院」です。
横になったまま10階の4人部屋に案内されました。
夜中の病室は静まり返っています。
ここで登場してくれた若くて綺麗な看護師さんがやさしく声をかけながら、体温と血圧を定期的に測ってくれます。
心がなえているのか、天使のように感じます。
さすがに疲れたのか体のだるさを急に感じ始めましたが、お腹に管が入っていることもあり、なかなか落ち着きません。
寝返りを何度も打ち、やっと横向きでお腹の違和感を感じない体制を見つけ、眠りにつきました。
それでも朝まで何度も目が覚めます。
管が入っているので、水も飲めないのです。
だから口はカラカラ!
ずっと点滴したままです。
P1170777(1).jpg
トイレに行く元気もなく、おしっこは尿瓶へ。
これも初体験です。
その後もウトウトしますが、寝入ることはありません。

朝になりました。
歩ける人が動き回り始めます。
そのうち、いい匂いがしはじめ、朝食の時間になりました。
食べることができない二朗にはもちろんありません。
お腹が空いているのに食べられないのはつらいですねえ。
食器の音がやけに気になりました。

昼前にレントゲンに出かけます。
綺麗な看護師さんが車いすを持ってきてくれて、「どうぞ」と言われるので「病人みたいでいやだあ。歩いていきたい。」と言うと、「点滴や管がついていれば、立派な病人です。大人しく乗ってください。」と諭され、しかたなく、車いすでレントゲン室へ。
結果は何も言われませんでした。

お昼過ぎベッドで横になっていると、お腹がムズムズ「これはガスの前兆では?」
慎重におなかに力を入れると「すー」っと静かにおならが出ました
「よかったあ」っと思わず声が出ました
なぜって、ガスが出るってことは折れ曲がっていた腸が、無事通過していることなんです。
医者に言うとおそらく手術はしなくていいだろうとのこと。
まずはホッとでした。

午後は気分が楽になり、日頃の寝不足からか、気が付くと何度も寝入っていました。
おかげで、あわててお見舞いに来ていただいた方が来られたことに気が付かないことも・・・
大変失礼しました。
気分が楽になると、体も楽になり、トイレも自分でいきます。
点滴や管がつながったまま、10階のフロアを歩き回ったりもし始めます。
面談室からは、南の方角が見渡せます。
奥に見えるのが、マリーナシティ、右は片男波、こんなきれいな景色のところに入院していたんですね!
P1170811(1).jpg

連日レントゲンとCTを撮って様子を見ます。
日曜日、最終結果が出て、腸は完全に通っているので手術の必要ないとのこと。
ただどの程度癒着しているかわからないので、もう一度検査をしようということになりました。

月曜日の午前中に最終検査を受け、やっと点滴と管から解放されました。
その結果、癒着していないように思われるとのこと。
最後はっきりしませんが、とにかく火曜日に無事退院することになりました。
もう食事を取っていいとのことでしたが、お昼の用意には間に合わず、売店でプリンとヨーグルトをいただきます。
普段甘いものをあまり好まない二朗ですが、やはり欲しくなりましたねえ!
管が外れると体も軽くなり、午後は思わずパソコンで仕事をしてしまいました。
(内緒ですが、携帯もWifiもだめですと言われず、使い放題でした)

楽しみな夕食の時間となりました。
はじめての病院食です。
今日のメニューです。
P1170779(1).jpg
P1170781(1).jpg

「三分がゆ」です。
P1170794(1).jpg

「魚の煮つけ」です。
P1170784(1).jpg

「豆腐の煮物」です。
P1170787(1).jpg

「カリフラワー煮」です。
P1170791(1).jpg

もっと味気ないものかと思っていましたが、おいしく味付けがされており、なかなかのものです。

最後の夜は、携帯のワンセグでテレビを見る元気も出てきました。
しかし、同室の方の様子を見ていると、明日手術の人や、退院した人の後に来た人は他の病室から変わってきたお年寄りで、耳が遠く、おまけにおむつで、看護師にとても手間を取らせます。
病院ですから、当たり前のことなんですが、人それぞれいろんなドラマがあるんだなと実感しました。

最後の朝食です。
P1170797(1).jpg
P1170798(1).jpg

「三分がゆ」です。
P1170808(1).jpg

「ブロッコリーの煮浸し」です。
P1170805(1).jpg

「里芋煮」です。
P1170801(1).jpg

「フルーツ缶」です。
みかんの缶詰でした。
P1170803(1).jpg

食後、10時に無事退院です。
5日間過ごしたベッドに何となく別れがたい気持ちが・・・・(看護師さんではありませんよ)
P1170814(1).jpg

今回の騒動では終始金曜日に送別会を開いていただいた皆さんにご面倒をおかけしました。
とくにトレビさんにはなんてお礼を言っていいのやら・・・
またたくさんの方にお見舞いに来ていただきました。
心から感謝申し上げます。

おかげさまで、その後は順調に回復し、昨日から普通の食事がとれるようになりました。
再発の可能性はありますが、普通の生活に戻ることができ、ホッとしているところです。

入院によってたくさんの人のご配慮、ご支援、心の暖かさを感じ、二朗は一人で生きているのではないんだということを改めて認識するとともに、健康の大切さなど多くのことを学ぶことができました。

これからも皆様方にご面倒をおかけすることも多いかと思いますが、お付き合いのほどどうぞよろしくお願いいたします。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村

2013/02/02 12:11 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

「旬海」和歌山市

今宵は、和歌浦近くのこちらに出没!
タクシーの運転手さんお薦めの居酒屋さんで、熊野古道散策に同行いただいたパワーさんご夫婦との夕食です。
P1130597(1).jpg

まずは「造りの盛り合わせ」です。
新鮮な刺身の数々です。
P1130570(1).jpg

続いて「軟骨から揚げ」です。
カリッと揚げられていて歯ごたえもたっぷり。
P1130573(1).jpg

「太刀魚の骨せんべい」です。
ちょっとお肉も付いていて、得した気分になりました。
P1130575(1).jpg

こちらは「蛸の唐揚げ」です。
ちょっと上品な蛸からです。
P1130580(1).jpg

「おぼろ豆腐のピリ辛サラダ」です。
P1130585(1).jpg

「蛸の酢の物」です。
P1130594(1).jpg

「胡瓜のあっさり漬け」です。
P1130591(1).jpg

「しらすおろし」です。
P1130593(1).jpg

どの料理も丁寧さが伝わってきます。
人気店であることが理解出来ます。
次回の熊野古道散策の約束をするなど楽しい会話は盛り上がり、夜は更けていったのでありました。


(所在地)
和歌山市和歌浦東2-9-46

大きな地図で見る
(電話番号)
073-447-3003
メニュー
食べログ)


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村

2012/05/25 23:45 | COMMENT(0)TRACKBACK(1)

「からびな」和歌山市

グルメランチの報告です。
今日は和歌浦の港内にある和イタリアンのお店のこちらへ。
今日の取材にはカコさんに同行いただきました。
P1090653(1).jpg

いろいろある中で「明太子とわかしらすのパスタ」をいただきます。
明太子のピリ辛さとしらすのあっさり感がうまくコラボしてなかなかのお味です。
P1090662(1).jpg

こちらはカコサンがいただいた「マカロニグラタン」です。
おいしそうでしょう!
P1090664(1).jpg

店内も落ち着いたいい感じです。
お勧めのお店です。


(所在地)
和歌山市和歌浦南1-4-10

(電話番号)
073-447-1932
メニュー)
食べログ)


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村

2011/09/25 21:53 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

「大福軒」和歌山市

和歌山ラーメン第48弾、グルメランチの報告です。
今日は和歌山市の南の景勝地「和歌浦」の山に登る手前にあるこちらへ。
いろんなラーメンランキングを見ても目立った評価がない店です。
店内はとてもオーソドックスで田舎さを遠慮なく見せつけています。
P1080247(1).jpg

いつものようにメニューのはじめにある「中華そば」をいただきます。
光の加減で写真はいまいちでごめんなさい。
何でこの店が今まであまり評価されていなかったのかわかりません。
二朗が和歌山で出会った店の中でもトップクラスの味です。
奥深いとんこつ醤油味は実に絶妙で、麺との相性は最高です。
ラーメンに好みはもちろんありますので、あくまでも二朗の評価としてください。
P1080252(1).jpg

今度東京からお客さんが来たら是非案内したい店でした。


(所在地)
和歌山市西浜1136-10

(電話番号)
073-444-4901
メニュー)
食べログ)


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村

2011/06/28 21:51 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

「魚心」和歌山市

グルメランチの報告です。
今日は南紀に出かけた帰りに紀三井寺ので美味しい和食がいただけるこちらへ。
P1050848(1).jpg

「日替わり定食」をいただきます。
P1050857(1).jpg

今日のメニューは「カワハギの煮物」です。
とても軟らかく煮てあり、いい味付けです。
P1050855(1).jpg

お刺身も付いてきます。
新鮮なマグロたちでした。
P1050852(1).jpg

こちら店は夜にトラフグのコース料理をお手ごろ価格でいただけるようで、またお伺いしたいと思います。


(所在地)
和歌山市紀三井寺811-43

(電話番号)
073-447-3886
メニュー)
食べログ)


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村

2011/02/14 20:11 | COMMENT(2)TRACKBACK(0)

「番所庭園」和歌山市

今日は習志野市からお越しのユウくんご夫妻をご案内し、こちらの庭園にお伺いしました。
こちらは江戸時代に外国船を見張る番所が置かれていたところだそうです。
P1050170(1).jpg
P1050156(1).jpg
P1050158(1).jpg

素敵な緑が広がっています。
すんでいる近くにこんな所があったなんて・・・・
四季折々の花が楽しめそうです。
P1050203(1).jpg
P1050168(1).jpg
P1050199(1).jpg
P1050202(1).jpg
P1050208(1).jpg

見事な景色が広がっています。
P1050164(1).jpg
P1050172(1).jpg
P1050213(1).jpg
P1050215(1).jpg

(所在地)
和歌山市雑賀崎番所の鼻


(電話番号)
073-444-6533

HP)


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村

2010/12/11 17:54 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

「黒潮市場あけぼの」和歌山市

グルメランチの報告です。
今日は和歌山市の南端にあるマリーナシティにお伺いしました。
たくさんの観光客で賑わっています。
お昼時だったので特に黒潮市場内は混雑しています。
マリーナシティ内はどこも観光客向けに価格設定が高めになっています。
ランチなのであっさりめがいいなと思ってウロウロしていて麺類がいただけるこちらを見つけました。
P1050155(1).jpg

ご当地グルメと言うことで「紀州うどん」をいただきます。
うどんのなかにクジラの竜田揚げと梅干しが入っています。
食べ応えがあるクジラでした
P1050146(1).jpg


(所在地)
和歌山市毛見1527

(電話番号)
073-448-0008
メニュー)
食べログ)


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村

2010/12/06 23:01 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

「天理快勝!」紀三井寺

秋の北海道ツアー報告の途中ですが、ちょっと中断して・・・
ここ最近は全国各地で高校野球の秋の地区大会が行われています。
近畿大会は、和歌山紀三井寺球場で23日土曜日に開幕しました。
いろんな都県に住んだことがある二朗ですが、やはり生まれ育った奈良県を一番応援してしまいます。
なかでも天理高校は、幼い頃からなぜか愛着を感じ続けています。
今秋の奈良県大会は、宿敵対決となり智弁学園が天理高校に完封勝ちし、近畿大会に一位で駒を進めました。
しかしながら、初日に智弁学園は惜敗し、あっさり甲子園の夢は消えました。
残りは天理高校に期待するしかありません。
24日は日程がうまくあって応援に出かけることができました。
この日は滋賀県1位の八幡商業との戦いです。
試合前の挨拶です。
P1050069(1).jpg

試合は1回の表いきなり天理高校が3番森口君、4番長谷川君の2本のタイムリーで2点を先取しました。
こちらは伝統ある天理の4番打者長谷川君です。
P1050071(1).jpg

天理高校先発の一年生投手中谷君は、八幡商業の打線にいい当たりはされますが、打球は野手の正面をつくなどツキも感じさせながら安打を許しません。
3回にも追加点をあげた天理でしたが、その後立ち直った八幡商業のエース吉中君に押さえられ、試合は落ち着きます。
そんな中、均衡を破ったのが八幡商業で、6回裏1番打者高森君がレフトオーバーの見事なホームランを放ちました。
これは何となくちょっとやばい雰囲気が漂います。
しかしすかさず天理高校は7回表に突き放す1点を取り、試合は7回裏へ。
天理のピッチャーはエース西口君に交代です。
ぴりっとしないピッチングに八幡商業に責められ、ピンチを迎えますが何とか無失点で抑えました。
P1050073(1).jpg

8回表八幡商業はエース吉中君から左の1年生の池本君に交代です。
この池本君に襲いかかったのが天理打線です。
一つの四球と5本のヒットを集め、一気にたたみかけ5点をもぎ取りました。
8回の裏西口君は八幡商業を三者凡退に退け、結果的にはコールド勝ちに終わりました。
P1050076(1).jpg

天理高校の校歌が球場内に流れます。
なぜか歌えてしまう二朗でした。
P1050078(1).jpg

今年の秋の近畿大会は優勝候補の大阪桐蔭高校や神戸国際大附属が早々に敗退し、混戦模様です。
次の準々決勝さえ勝てば、天理高校は甲子園のキップを手にします。
次回は11月3日です。
天気さえよければまた応援に行きたいと思います。
近畿大会の模様はこちらからご覧いただけます。




人気ブログランキングへ

にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村

2010/10/26 21:37 | COMMENT(2)TRACKBACK(0)

 | BLOG TOP |  NEXT»»