「盛楼閣 」盛岡市

和歌山→京都→秋田→岩手→宮城→福島→東京→和歌山ぐるっと一筆書きの旅の報告第六弾です。
乳頭温泉「鶴の湯」を後にして向かったのが岩手県盛岡市です。
盛岡と言えば、「わんこそば」や「冷麺」で有名ですよね。
時間があまりなかったので、「冷麺」をいただくことにします。
ということで、お伺いしたのが駅前にあるこちらの焼き肉屋さんです。
P1120177(1).jpg

冷麺ができあがるまで時間がかかるだろうとちょっとだけ「カルビ」をいただきます。
柔らかいお肉は口の中でとろけていきます。
P1120167(1).jpg

お待ちかねの「冷麺」です。
この弾力性のあるすごくしっかりした麺は、やはり本場でないといただけません。
P1120172(1).jpg

辛さも選べて二朗は辛口にしてみました。
なかなかの辛さです。
食べ終わったスープを比べてみましょう。
P1120173(1)_20120227225703.jpg

こちらは中辛。
P1120174(1).jpg

こちらは普通。
こんなに色が違うんですね。
P1120175(1).jpg

メニュー)
P1120158(1)_20120227225404.jpg
P1120159(1).jpg
P1120160(1).jpg
P1120161(1).jpg

盛岡市盛岡駅前通15-5 ワールドインGENプラザ 2F

(電話番号)
019-654-8752
HP)

盛岡駅前には、いくつものかまくらが作られています。
バレンタインデーの前だったので、こんなかわいいかまくらも!
P1120190(1)_20120228203106.jpg

「絆」はこちらでも!
P1120195(1).jpg


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村

2012/02/27 23:02 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

「竹千庵」一ノ関

グルメランチの報告です。
温湯山荘でおいしいものをいただいた翌日は、気仙沼にお伺いしておいしい海の幸をいただこうと向かいました。
しかし、この日は、チリ大地震の影響で津波騒ぎしたその日で、11時過ぎに気仙沼に到着しましたが、多くの商店は津波警報をにより店じまいを始めています。
おみやげだけ買っていつまでもここにいるわけにはいかないので、一関に引き返しました。
結局はおみやげを買ったところ辺りは、道路にまで水が来たようです。
一関まで戻り、昨日はそばをいただいたし、今日は何をいただくかと思い、探しましたが、店があまりありません。
ぐるぐる回って結局は、うどん・そばの看板につられてこちらへ。
P1110324(1)(1).jpg

「辛口鍋焼きうどん」をいただきます。
見た目ほどは辛くありませんでしたが、いい案配の辛さといった感じです。
コシのある麺に、鶏肉やアサリが入っています。
体がポカポカしていい気持ちになりました。
P1110319(1)(1).jpg

こちらは韓国料理も扱っているようですよ。

メニュー)
P1110315(1)(1).jpgP1110317(1)(1).jpg


(所在地)
岩手県一関市中央町2-2-23


(電話番号)
0191-23-3236

HP)


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村

2010/03/20 00:52 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

「中尊寺」平泉

一ノ関でおいしいおそばをいただいた後は、こちら中尊寺にお伺いしました。
実に20年ぶりの訪問です。
こちらが「金色堂」です。
残念ながら室内の写真撮影は禁止です。
寺全体がとても静かで、心落ち着く場所でした。
P1110263(1).jpg

一角には「福寿草」が咲いていました。
P1110268(1).jpg


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村

2010/03/17 01:33 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

「直利庵」一ノ関

グルメランチの報告です。
昨年10月に富山県立山町から宮城県旧花山村へ引っ越したマウントリバーさんを訪ねて、週末に旅をしました。
東京駅からやまびこに乗って一ノ関駅でおりました。
改札口で合流し、ちょうどお昼時だったので、すぐこちらへ。
地元民お勧めのおそば屋さんです。
店内は地元民らしきお客さんで一杯です。
すると店の人は「一回表に出て左の脇を入ってきてください」と言います。
どこに行くのかとおそるおそる奥に入っていくと、別の入り口があります。
そちらのガラス戸を引くと、中は座敷になっています。
まるで普通の家の座敷みたいです。(そのとおりかも)
P1110215(1)(1).jpg

「天ざる」をいただきます。
P1110207(1)(1).jpg

細さがまちまちでけっこう太めの麺に手でちぎったような海苔がのっかっています。
ボリュームもすごいし、いただいてみるとけっこう歯ごたえがあります。
ちょっと甘めのだしとの相性はバッチリです。
P1110211(1)(1).jpg

エビの天ぷらもとても大きいです。
エビは開いて揚げてあります。
P1110213(1)(1).jpg

けっこうな量でお腹いっぱいになりました。
大盛りを頼まなくて良かったァ!
こんなそばは東京ではいただけません。
一ノ関にお伺いされたら是非訪問してみてください。

メニュー)

(所在地)
岩手県一関市青葉2-9-11


(電話番号)
0191-23-2291

HP)


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村

2010/03/16 01:46 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

 | BLOG TOP |