地産地消にこだわったカジュアルレストラン!「仏区里屋」鳥取市

グルメランチの報告です。

鳥取訪問の二日目は、30年来のお友達のエミコさんにお付き合いいただき、ランチは空港近くのこちらで。
アットホーム感たっぷりの喫茶店です。
早い時間でしたが、多くのお客さんで賑わっています。
P1310777(1).jpg

「ペスカトーレ」をいただきます。
海産物がたくさん入っていて、思わずにんまりしてしまいます。
塩・ニンニク・白ワインといった簡素な味付けに、魚介類それぞれの旨みがトマトソースによって調和されており、素朴ですが非常にコクのあるスープに仕上がっていました。
P1310771(1).jpg

もれなくサラダも付いてきました。
P1310770(1).jpg

エミコさんはカレーをいただいたのですが、足りなかったようで「シーフードピザ」を追加しました。
これも海産物が盛りだくさん!
P1310774(1).jpg

居心地もよく、フライト直前まで居座ってしまいました!


(所在地)
鳥取市湖山町北4-237-1

(電話番号)
0857-28-1593
メニュー
食べログ


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村

2016/03/25 06:00 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

日本海ならではの美味なのどぐろがいただける居酒屋!「直 (ナオ)」倉吉市

今宵は鳥取県倉吉市に出没です。
札幌に引っ越して以来、これまでにない体験の一つに飛行機の乗継です。
乗り継ぎの間の時間が長いととんでもなく遠く感じてしまいます。
鳥取も直行便がなく、羽田で乗継です。
無事到着し、無事仕事を終えた後に地元民にご案内いただいたのがこちらの居酒屋さんです。
店構えもそうですが店内もとても小奇麗で落ち着いた感じです。
P1310746(1).jpg

コース料理をいただきます。
まずは「お刺身」!
ご当地ならではのモサ海老は弾力のある食感や旨味が強く、甘味は甘エビ以上です。
鮮度劣化が早いために遠隔地への出荷は難しく地元でしか味わえない幻のエビと呼ばれています。
P1310749(1).jpg

「のどぐろ」の塩焼きです。
日本海の名物のどぐろが一匹丸ごといただけるなんてなんて贅沢なんでしょう・・・
とてもあっさりしていてとっても美味!
P1310764(1).jpg

他の料理の説明も受けたのですが、酔っ払ってしまいよく覚えていません。
写真で雰囲気をお楽しみください!
P1310753(1).jpg
P1310757(1).jpg
P1310761(1).jpg
P1310765(1).jpg
P1310767(1).jpg

どの料理もとっても丁寧に仕上げられていて、幸せな気分になった二朗だったのでありました!


(所在地)
鳥取県倉吉市山根588-3

(電話番号)
0858-24-6077
メニュー
食べログ


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村

2016/03/23 06:00 | COMMENT(2)TRACKBACK(0)

美味しさの秘訣はやっぱり鮮度、地物をたっぷり盛り込んだ新・居酒屋!「田田」鳥取市

今宵は、鳥取市に出没し、とあるパーティーのあとの二次会でお伺いしたのがこちらのお店。
美味な地産のお魚がいただける居酒屋さんです。
外観どおり店内もとっても小奇麗です。
P1300203(1).jpg

「お通し」は餡かけ肉じゃが!?
P1300189(1).jpg

地産の「らっきょ」です!
いただくといい音がします。
P1300192(1).jpg

「冷奴」です。
P1300194(1).jpg

「田田牛スジ煮込み」です。
よく味が染込んでいます。
P1300196(1).jpg

「小ふぐの唐揚げ」です。
P1300201(1).jpg

「ホルモンそば」です。
濃い目の味付けがよく麺に染込んでいます。
ホルモンもいい食感です。
P1300207(1).jpg

あっ、お魚をいただき忘れてしまいました・・・
二朗としたことが・・・


(所在地)
鳥取市栄町510

(電話番号)
0857-27-2074
メニュー
食べログ
HP)


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村

2015/11/07 06:00 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

こんなところに究極のB級店「なるこ」米子市

海士町から七浦港に戻った二朗は、米子に一泊します。
地元の方に声をかけたところ、7人の方々にがお集まりいただき、ちょっとした宴会となりました。
ご案内いただいたのがこちらの居酒屋さんです。
二朗の趣味を勘案して店をチョイスいただいたようで、究極のB級グルメのお店でした。
P1130001(1)_20140614121054670.jpg

まずは「土手焼き」です。
肉の大きさが半端ではありません。
それがとてもやわらかくて、濃い目の味付けがビールを進めます。
P1130004(1).jpg

「出汁巻き玉子」です。
結構な大きさですが、味は薄めで、ふわふわ感たっぷり!
ナイスな一品です。
P1130006(1).jpg

続いて「湯豆腐」です。
甘みのある出汁がいいですねえ・・・
P1130009(1).jpg

「串かつ」です。
やわらかい豚肉でした。
P1130010(1)_2014061412362069b.jpg

大好きな「砂肝」が山盛り!
幸せって感じです。
P1130012(1).jpg

最後は「イカ焼き」です。
P1130017(1)_20140614121207ad1.jpg

おまけに、幹事さんが二朗のホッピー好きに配慮して、わざわざお取り寄せいただいたのです。
恐縮の限りです。
究極のラインナップにとっても幸せな気分になった二朗だったのでありました。
皆さんお付き合いいただき、ありがとうございました。

(所在地)
鳥取県米子市明治町279

大きな地図で見る
(電話番号)
0859-22-6026
メニュー
食べログ


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村

2014/06/30 06:00 | COMMENT(3)TRACKBACK(1)

「ももちゃんラーメン」鳥取市

グルメランチの報告です。
鳥取訪問の最後の食事はこちらへ。
何とも親しみやすい店名です。
P1220023(1).jpg

「旨辛ラーメン」をいただきます。
ピリ辛ゴマ風味のスープは適度な辛さで縮れ麺との相性はまずまずです。
もれなくライスも無料で提供されました。
P1220019(1).jpg

夜も遅くまでやっているようで、重宝していそうなお店です。


(所在地)
鳥取市弥生町351

大きな地図で見る
(電話番号)
0857-26-6522
食べログ


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村

2014/01/16 06:00 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

「鳥取砂丘と砂の美術館」鳥取市

鳥取に訪問したら、やはり砂丘を見なければということで仕事の合間を縫って、バスに乗ってお伺いしました。
この日は時折小雨が降ったり、強い風が吹いていたりと荒れた天気だったのですが、砂丘では半端でない風が吹き荒れていました。
ですから観光客も少なく、人はまばらです。
砂丘をちょっと歩きましたが、砂が舞っていて、目も空けられないくらいです。
おかげで頭も顔も砂だらけになってしまいました。
耳の穴の中にもたくさんの砂が・・・・
雄大な景色をゆっくり楽しむことができませんでした・・・
DSC_0232(1).jpg
P1210994(1).jpg
P1210997(1).jpg

近くには「砂の美術館」がありました。
世界初だそうです。
時間もあったのでちょっと見学しました。
P1220016(1).jpg

「砂で世界旅行、東南アジア編」が開催中でした。
見事な砂の作品をご覧ください!
P1220001(1).jpg
P1220002(1).jpg
P1220003(1).jpg
P1220004(1).jpg
P1220005(1).jpg
P1220007(1).jpg
P1220008(1).jpg
P1220009(1).jpg
P1220011(1).jpg


「砂の美術館」
(所在地)
鳥取市福部町湯山2083-17

大きな地図で見る
(電話番号)
0857-20-2231
HP


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村

2014/01/14 06:00 | COMMENT(2)TRACKBACK(0)

「スーパー居酒屋鳥取大善」鳥取市

「渡部旅館」でカニを堪能し、市内中心部の今宵の宿まで送っていただいた二朗は、まだ時間が早いことをいいことに取材意欲がわき起こり、お腹いっぱいだったはずなのにこちらの居酒屋で一人酒を楽しみます。
ナントもにぎやかなお店です。
P1210984(1).jpg

「お通し」です。
P1210987(1).jpg

寒い時はおでんがいいですよね。
「こんにゃくと厚揚げ」
P1210988(1).jpg

「スジ肉と大根」をいただきます。
薄めの味付けは二朗好みです。
P1210990(1).jpg

ということで静かに鳥取の夜は更けていったのでありました。


(所在地)
鳥取市栄町715

大きな地図で見る
(電話番号)
0857-27-6574
食べログ


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村

2014/01/12 06:00 | COMMENT(2)TRACKBACK(0)

「渡部旅館」鳥取市

冬の鳥取と言えばやはり「カニ」ですよね。
夜もジモティにご案内いただき、市内中心部からちょっと離れた賀露港にあるこちらの旅館にお伺いしました。
ひなびた感漂うこちらの宿は田舎の実家に帰ったような気分になります。
P1210962(1).jpg
P1210963(1).jpg

「カニスキ・ヤキガニコース」をいただきます。
見事な松葉ガニです。
P1210971(1).jpg

まずは「お通し」です。
P1210967(1).jpg

「かに味噌」です。
P1210970(1).jpg

「ゆでがに」です。
P1210965(1).jpg

「焼きがに」です。
P1210976(1).jpg

「カニスキ」の具はカニと白菜のみ。
なんとシンプルなんでしょう!
P1210977(1).jpg

最後は「かに雑炊」をいただきます。
P1210980(1).jpg
P1210982(1).jpg

余計なコメントはやめておきます。
こんなにカニを堪能したのはいつ以来か記憶にありません。
とっても幸せなひと時を楽しむことができました。
ご一緒いただいたみなさんありがとうございました!


(所在地)
鳥取市賀露町北1-5-34

大きな地図で見る
(電話番号)
0857-28-1023
食べログ
HP


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村

2014/01/10 06:00 | COMMENT(4)TRACKBACK(0)

「柊」鳥取市

グルメランチの報告です。
今日は鳥取市にお伺いし、ジモティにご案内いただいたのがこちらの和食店です。
夜は居酒屋さんになります。
P1210960(1).jpg

お勧めの「柊弁当」をいただきます。
P1210940(1).jpg

盛りだくさんの料理は、我々オジサンにありがたいメニューとなっています。
どれも丁寧さを感じます。
P1210945(1).jpg
P1210946(1).jpg
P1210943(1).jpg
P1210948(1).jpg
P1210949(1).jpg
P1210951(1).jpg

最後は鳥取産の梨のデザートです。
P1210954(1).jpg

今度は夜にお伺いしてみたいなあ・・・


(所在地)
鳥取市片原1丁目101

大きな地図で見る
(電話番号)
0857-26-1205
食べログ


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村

2014/01/08 06:00 | COMMENT(2)TRACKBACK(1)

「蕎麦処阿礼」境港市

海士町で至福の料理をいただいた翌日は、朝8時発の高速船「レインボー」で、境港に戻ってきました。
「レインボー」は時速70キロで海の上を走るように進むので、2時間で七類港に着きました。
もちろん料金も高いですが・・・
img_fleat_rainbow(1).jpg
※この写真はこちらから拝借しています。

空港に向かう前にちょっと時間があったので「みずきしげるロード」を散策し、鬼太郎に会ってきました。
たくさんの妖怪たちが出迎えてくれました。
P1210610(1).jpgP1210609(1).jpg
P1210616(2).jpg
P1210617(1).jpg
P1210640(2).jpg
P1210613(1).jpgP1210619(1).jpgP1210628(1).jpgP1210626(2).jpg
P1210615(1).jpgP1210620(1).jpg
P1210624(1).jpgP1210625(1).jpg
P1210630(1).jpgP1210634(1).jpg
P1210635(1).jpgP1210636(1).jpg
P1210638(1).jpgP1210639(1).jpg
P1210644(1).jpgP1210650(1).jpg

妖怪神社がありました。
P1210643(1).jpgP1210641(1).jpg

駅前では水木さんが執筆中でした。
P1210651(2).jpg

すでに「なまけ者」はどうすればいいでしょうか
P1210611(2).jpg


グルメランチの報告です。
飛行機に乗る前に腹ごしらえです。
時間の都合上、空港でのランチとなりました。
あっさり系を体が求めてこちらへ。
P1210659(1).jpg

「割子蕎麦」をいただきます。
P1210655(1).jpg

「出雲そばも松江で収穫された蕎麦の実を玄丹そばと言い、玄丹おかよから(玄丹そば)と言う様になった。
阿礼のお蕎麦は(玄丹そば)です。」と書かれてありました。
少し太くて平べったく、コシも優しく、蕎麦自体に甘さがあってやさしい味でした。
P1210658(1).jpg

(所在地)
鳥取県境港市佐斐神町1634 米子鬼太郎空港ビル2F

大きな地図で見る
(電話番号)
0859-45-5390
メニュー
食べログ
HP






人気ブログランキングへ

にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村

2013/12/09 07:00 | COMMENT(0)TRACKBACK(1)

 | BLOG TOP |  NEXT»»