オホーツクでとれた魚介類から肉料理までメニュー豊富な居酒屋、生たまねぎサワーがいただけます!「きた鳥」網走市

網走の夜は続きます。
飲み足りなさを感じたメンバーで次の店にチョイスしたのがこちらの居酒屋。
縄のれんが親しみやすさを増してくれます。
店内は家にいるようなアットホームさを感じられます。
P1450856(1).jpg

「お通し」です。
P1450865(1).jpg

当店名物の「手作りハンバーグ」です。
ナイフを入れると中から肉汁があふれ出してきました。
P1450880(1).jpg

二朗の大好きな「ポテトサラダ」をいただきます。
P1450868(1).jpg

こちらは「豚トロ」。
P1450872(1).jpg

これも当店名物「めんめ湯たき」です。
別名きんきとも呼ばれる高級魚「めんめ」です。
湯たきすることで程よく脂肪が落ちておいしくいただけます。
中濃ソースが味を引き立てます。
P1450888(1).jpg

初めていただいた「生たまねぎサワー」です。
これがなかなかいけるんです!
P1450860(1).jpg

こちらでしかいただけない料理やお酒をいただいて満足感高めの二朗だったのでありました。


(所在地)
北海道網走市南3条西1丁目 ビルマロニエ1F

(電話番号)
050-5890-8135
メニュー
食べログ


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村

2018/02/25 07:00 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

オシャレな雰囲気の寿司バーでいただくコース料理は見た目も味もいい感じ!「SUSHI BAR THE ƎND -縁戸-」網走市

網走訪問の夜は地元の方にご案内いただいてこちらへ。
お洒落な雰囲気漂う寿司バーです。
店内は地元民らしき人たちで満席状態です。
人気店なんですね。
P1450813(1).jpg
P1450815(1).jpg

コース料理をいただきます。
先付けは鶏の煮物。
これはめずらしいですね。
アッサリ系の味付けです。
P1450819(1).jpg

サラダは生ハムはじめいろんな野菜が盛りだくさんです。
P1450825(1).jpg

お刺身です。
ホッキ貝が目立っています。
もちろんどれもとても新鮮!
P1450827(1).jpg

天ぷらです。
カニの爪は結構な大きさ。
P1450835(1).jpg

黒毛和牛赤身ステーキのお肉はとても柔らか。
山わさびを乗っけていただきます。
P1450839(1).jpg

カジカとアンコウの豆乳鍋です。
あっさりしていてとっても美味でした。
P1450829(1).jpg

おすしもとってもお洒落です。
見た目もバッチリで、店主のこだわりを感じさせます。
P1450842(1).jpg
P1450847(1).jpg

最後は甘味で〆ます!
P1450851(1).jpg

どれも上品なお味で、店主の思いが伝わります。
お寿司屋さんのイメージが変わりました!


(所在地)
北海道網走市南4条西1丁目 セゾンビル2F

(電話番号)
050-5594-0735
メニュー
食べログ


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村

2018/02/24 07:00 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

昔ながらの懐かしい味をいただける おばちゃんのラーメン屋さん!「富新ラーメン」網走市

グルメランチの報告です。

今日は極寒の網走市に出没。
お昼時にバスターミナルに着いて、どこでランチをいただこうかと街をうろついてたどり着いたのがこちらのラーメン屋。
なんとも温かみのある店構えです。
店内は予想通りのアットホーム感漂う装いでどこかホッとします。
店はおばあちゃんが一人で営んでおられるようです。
先客はカウンターに一人。
二朗はテーブル席を陣取りました。
P1450804(1).jpg

シンプルなメニューが並ぶ中、大好きな味噌ラーメンをいただきます。
具材は、ネギともやしと少々多めのメンマ、チャーシュー2枚と目立っているかまぼこといたってシンプルです。
麺は細めの縮れ麺。
スープはアッサリ系でどこか懐かしい味。
胡椒を加えると味が一変、この変化がたまりません。
P1450810(1).jpg

おばあちゃん、いつまでも元気でい店を続けてくださいね!


(所在地)
北海道網走市南四条西3丁目

(電話番号)
0152-43-4433
メニュー
食べログ


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村

2018/02/23 07:00 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

家族のような暖かさとアットホーム感たっぷりの料理がいただけます!「串焼きか楽」札幌市北区北22条

今宵は職場仲間との懇親会で、幹事さんに相談されて二朗がチョイスしたのがこちらのお店。
札幌の北の酒場北24条界隈にある居酒屋です。
店構え同様店内はアットホーム感たっぷりです、
P1450767(1).jpg

まずは「お通し」。
こんな煮物はホッとします。
P1450774(1).jpg

「刺身の盛り合わせ」は五品。
どれも新鮮さたっぷりです、
P1450793(1).jpg

「串焼き盛り合わせ」です。
肉の量は多め。
P1450783(1).jpg

こちらは「軟骨唐揚げ」は食感を十分楽しめました。
P1450799(1).jpg

「枝豆」です。
P1450778(1).jpg

「厚焼き玉子」は柔らかく仕上がっています。
P1450795(1).jpg

「本日の気まぐれサラダ」は海産物たっぷり!
P1450780(1).jpg

「キュウリの一本漬け」は懐かしい一品。
P1450776(1).jpg

こちらのお店の特徴は、なんといっても居心地の良さと抜群のCP!
是非一度お伺いしてみてください。


(所在地)
札幌市北区北22条西4-2-21 スマイルレジデンス 1F

(電話番号)
011-776-7984
メニュー
食べログ


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村

2018/02/21 07:00 | COMMENT(2)TRACKBACK(0)

標高750mの山中に湧く湯の泉、ニセコイワオヌプリ仙境の温泉宿は美味な料理も素敵です!「五色温泉旅館」ニセコ町

冬の北海道の楽しみはなんといってもスキーです。
なかでもニセコの雪は道内屈指のパウダースノーが有名で外国人にも人気のスキー場ですね。
一冬に一度はその雪を楽しまないととお友達に付き合ってもらってお伺いし、宿に選んだのがこちら。
ニセコスキー場の反対側にあって、結構な標高と秘境です。
雪の量は当然半端ではなく、入口はこんな状態。
館内は旅館というよりも山小屋といった感じですが、宿泊室は落ち着いた装いでした。
P1450766(1).jpg

一泊二食付きでした。
夕食はこんな感じ。
P1450726(1).jpg

このラインナップに寄せ鍋もありました。
P1450737(1).jpg
P1450730(1).jpg
P1450732(1).jpg
P1450735(1).jpg
P1450741(1).jpg
P1450744(1).jpg
P1450746(1).jpg
P1450750(1).jpg

夕食を終えて、温泉を楽しみます。
P1280709(1)_201801292142483bf.jpg

素敵な景色が見ることができるそうですが、この時期は当然雪渓に囲まれています。
P1280703(1).jpg

硫黄を含んだお湯で、白〜黄色い堆積物が水の流れの縁についていて、「ザ・温泉!」という感じでいい香りもしています。
P1280707(1)_2018012921430457c.jpg

こちらは朝食!
P1450762(1).jpg
P1450755(1).jpg
P1450758(1).jpg
P1450759(1).jpg

北海道ならではの秘湯を楽しんだ二朗だったのでありました!


(所在地)
北海道虻田郡ニセコ町ニセコ510

(電話番号)
0136-58-2707
食べログ
HP


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村

2018/02/20 07:00 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

岩国名物“岩国寿司”は鮮やかでとっても美味!「よ志多”(よしだ)」岩国市

津和野を後にして次にお伺いしたのが岩国です。
山口在住時代にパラグライダーを楽しんでいた二朗は、玖珂の高照寺山から飛び立って岩国城の上空を飛んで錦川沿いの川原に下りたことがあり、思い出の地です。
錦帯橋は相変わらず素敵な風貌をこれでもかって感じで表しています。
寒い日でしたが多くの観光客で賑わっていました。
P1450718(1).jpg

二朗が今日のランチにチョイスしたのがこちらのお店。
老舗の和食店です。
店構え同様店内はアットホーム感漂う装いです。
P1450716(1).jpg


いろんな定食があるなか、二朗がチョイスしたのは「天ぷらうどんセット」です。
P1450702(1).jpg

うどんよりも存在感を示すのが岩国名物「岩国寿司」です。
地元の海の幸やこの界隈の名産であるれんこんなど盛りだくさんの具がご飯と共に押し固められています。
ご飯は結構な硬さです。
少ない量に見えますが、硬めのご飯はボリュームがあります。
P1450705(1).jpg

「天ぷらうどん」の出汁は薄め。
えび天が二つ横たわっていて、なぜか得した気分になります。
あっさりしていてあっという間にいただいてしまいました!
P1450711(1).jpg

山の上にある岩国城へのロープウェイは残念ながらお休み・・・
白蛇に挨拶をして今回の旅を終え、広島空港から羽田を経由して帰札しました!


(所在地)
山口県岩国市岩国1-16-9

(電話番号)
0827-41-0373
メニュー
食べログ


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村

2018/02/18 07:00 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

趣のある街並に静かにたたずむイタリアンのお店はアットホーム感たっぷりです!「二代目木の実」津和野町

アルジジャーノを後にして、呑み足りなさを感じたメンバーはイクネエに連れられてこちらへ。
昼はランチがいただける喫茶店、夜はイタリアンに変身するお店のようです。
ご夫婦二人で営んでおられてアットホーム感たっぷりです。
P1450660(1).jpg

お通しはこちら。
P1450661(1).jpg

つまみを適当に頼みました。
料理名は残念ながら記憶にありません・・・
気持ちよく酔っ払ったので、きっと美味だったはずです・・・
P1450663(1).jpg
P1450674(1).jpg
P1450684(1).jpg

いい加減な報告に心からお詫び申し上げます。


(所在地)
島根県鹿足郡津和野町後田ロ369-4

(電話番号)
0856-73-7210
メニュー
食べログ

翌日は開館時間に合わせて「安野光雅美術館」へ。
山口在住時代に何度もお伺いしたところです。
P1450689(1).jpg
P1450690(1).jpg

著作権の関係上素敵な絵はご紹介できませんが、興味のある方は是非ネットで検索してみてください。
館内は安野氏のご意向で昔の学校を思わせるつくりのところもあります。
P1450691(1).jpg
P1450693(1).jpg

その後は津和野の街を静かに探訪しました。
P1450700(1).jpg
P1450698(1).jpg
P1450697(1).jpg
P1450699(1).jpg


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村

2018/02/17 07:00 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

山陰の小京都にある隠れ家的な手打ちパスタのお店はとてもおしゃれです!「アルチジャーノ (artigiano)」津和野町

山口市を出発し、秋吉台、秋芳洞、角島、萩を経由してたどり着いたのが津和野町です。
萩・津和野の観光コースは結構ポピュラーですが、訪問した人もなかなか認識できないのが、津和野町は島根県にあることです。
この日は結構な雪が降っていて、メインストリートもご覧のようにとても風情があります。
P1450649(1).jpg

この日は津和野の姉御である「イクネエ」に声をかけたところ、地元のやる気たっぷりの若者を集めてくれて、大勢での宴会となりました。
イクネエがチョイスした今宵の会場はこちら。
趣のある街並みになじんでいる店構えからは想像できないイタリアン料理店です。
店内は和風感たっぷりですが、とてもおしゃれです。
P1450597(1).jpg
P1450599(1).jpg

アラカルトでそれぞれが好きなものをいただきました。
P1450605(1).jpg
P1450611(1).jpg
P1450615(1).jpg
P1450624(1).jpg
P1450626(1).jpg
P1450631(1).jpg
P1450633(1).jpg

美味な料理と明るい話題に大いに盛り上がり、楽しいままにあっという間に夜は更けていきました。
素敵な町並みを楽しみに是非一度お伺いしてみてください!


(所在地)
島根県鹿足郡津和野町後田ロ196

(電話番号)
0856-72-3365
メニュー
食べログ


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村

2018/02/16 07:00 | COMMENT(2)TRACKBACK(0)

新鮮な日本海の海の幸をお手頃価格でいただけます!「旬処いさ路」長門市

山口訪問二日目は、まずは秋吉台へ。
寒々としたカルスト台地が広がっています。
P1450540(1).jpg

当然、秋芳洞にも立ち寄ります。
露出とシャッター速度を調整して、百枚皿を撮ってみました。
P1450553(1).jpg

その後は、角島へ。
大好きな角島大橋の景色を楽しみます。
冬にもかかわらず、海はエメラルドグリーンです。
P1450563(1).jpg
P1450573(1).jpg

車を走らせ、ランチは長門市でいただくことにしました。
チョイスしたのはこちらのお店。
国道沿いにある和食レストランです。
店内は結構広くて、いろんな使い方ができそうです。
P1450576(1).jpg

「まかない丼」をいただきます。
P1450579(1).jpg

ぶり、鯛、さわら、そしてマグロの漬け丼です。
おまけにエビにいくらものっかっていて、見た目も鮮やかです。
P1450582(1).jpg

おすましは四角のお椀で提供されました。
P1450586(1).jpg

CPもよく、満足感高めでした!


(所在地)
山口県長門市三隅下浅田1860-1

(電話番号)
083-742-0130
メニュー
食べログ


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村

2018/02/15 07:00 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

生け簀のあるお寿司屋さんでは山口名物ふぐ刺しと新鮮なお刺身がいただけます!「大八寿司」山口市

今日は二朗の第二の故郷山口市にミコトさんとエミコさんとともにお伺いしました。
山口市にお伺いしたら、やはり瑠璃光寺の姿を見ないと・・・
雪化粧の雄姿も素敵です。
P1450524(1).jpg
P1450532(1).jpg

雪が深々と降りはじめました。
P1450538(1).jpg

夜は、こちらのお店へ。
初めての訪問です。
店に入ると大きな生け簀がありました。
ふぐやイカが泳いでいます。
P1450489(1).jpg

まずは「お通し」です。
P1450492(1).jpg

山口にお伺いしたら、いただきたいのがやはり「ふぐ」です。
見事なふぐ刺しです。
P1450498(1).jpg

こちらは「鯖の刺身」です。
新鮮だからいただける一品はプリプリです。
P1450499(1).jpg

「大八名物 ぜいたく巻」です。
その名のとおり、いくつもの海産物をを含めて盛りだくさんに巻かれています。
P1450505(1).jpg

「天ぷら盛り合わせ」です。
大きなえび天が存在感を示しています。
P1450510(1).jpg

店から進められた「ひれ酒」をいただきます。
P1450511(1).jpg

この風味がたまりません・・・
P1450514(1).jpg

鯖の骨や皮はごらんの姿に・・・
これがまた酒のアテに最高なんです。
P1450518(1).jpg

〆には「ふぐ雑炊」をいただきます。
心も体も暖ったまりました!
P1450520(1).jpg

3年ぶりの山口の味を堪能できました!


(所在地)
山口市湯田温泉2-18 クイーンビル1F

(電話番号)
083-932-1414
メニュー
食べログ


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村

2018/02/14 07:00 | COMMENT(4)TRACKBACK(0)

 | BLOG TOP |  NEXT»»